ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2022年08月10日

心配事は1割に

ある神職の方から教えて頂きました。

あたしたちは、何かがありますと、将来を心配します。

これは人間に与えられた恩恵であると同時に災難でもあります。

なぜなら、その善き面は、未来の不幸をさえぎるきっかけを与えてくれますが、その悪しき面は取り越し苦労を引き込むということであります。

しかし、あたしたちの未来の心配事の9割は実現しないと申します。

さすれば、あたしたち、そしてあたしたちの周辺の9割は、善きこと、嬉しい事、明るいことで固めるのが肝要だそうです。

そして、心配事は1割にするのが良いそうです。

逆をやりますと、取り越し苦労ばかりを引き寄せ、それは楽しい人生とは言えません。

あたしたちが生まれてきましたのは御霊磨きをして神様に近づくためですが、その道は辛く苦しいものではなく、この世を楽しみながらするものだそうです。

実際、神様に近づくことは嬉しいことのはずであり、嬉しいことは、嬉しい事をして引き寄せるのが肝要だそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
8月の限定の書置きの朱印「山の日」と「葉月 向日葵」8-1-R4.jpg
syaoku.jpgmiko.jpg楠.JPG巫女の授与品3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg朱印帳全種1-1-R4.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg朱印帳2 4-7-R4.jpg朱印帳4-7-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg8月の季節印「向日葵」8-1-R4.jpg8月のミニの限定の書置きの朱印「花火」と「水風船」8-1-R4.jpg
posted by miya at 00:44| Comment(0) | 神主からの言葉

神様に任せきる

ある神職の方から教えて頂きました。

あたしたちの信仰とはどういうことかと申しますと、それは神様に任せきるということであります。

まずは、神様を信じることが肝要です。

しかし、これはそう簡単にできることではありません。

さすれば、理屈で固めて信じるのではなく、頭から、屁理屈なしに信じるのが肝要だそうです。

例えば、病気を治して頂くように神様にお願いしましたら、そのあとは治るしかないと、治らないかもしれないというような心配事を棚上げすることが重要だそうです。

心配は信頼と真逆です。

治る過程で例えれば症状が悪くなりましても、それは治るために欠くべからざる過程であると認識するのが肝要だそうです。

信じ続ければ、夢を捨てねば、それは実現せざるを得ないのだそうです。

それが真実だそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
8月のミニの限定の書置きの朱印「花火」と「水風船」8-1-R4.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg巫女の授与品3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg朱印帳全種1-1-R4.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg8月の季節印「向日葵」8-1-R4.jpg
posted by miya at 00:39| Comment(0) | 神主からの言葉

意識は受け身

最新の研究によりますと、あたしたち自身が意識的に決めていると思っていることの多くは、実際には、周辺のことによって作用されて受動的に決められているそうです。

確かに、朝いちばん、窓を開ければ太陽が輝き、小鳥のさえずりが聞こえ、テレビ番組の占いで最高の一日といわれて始まる日と、どんより暗い曇り空で、蒸し暑く、テレビ番組の占いでは、最低の一日といわれて始まる一日では気分的に大きな差があり、前者では、やる気が出るのに対しまして、後者では、なんとなく嫌なことが起こるのではと思い、何か悪いことが起こりますとやっぱりと思い、益々悪しきことを引き寄せてしまいます。

さすればどうすればよいかと申しますと、部屋から嫌なもの、暗いものを片付け、明るい基調のものに統一し、悪しき番組などは見ず、今日も素晴らしい一日になるとの思いで毎日を過ごすのが肝要だそうです。

これは神様への道にも通じます。

万能で善の塊の神様も悪しきことは嫌われ、明るいものを好まれます。

明るいもの、善きもので周辺を固めることは神様の波長に合わせることにもつながり、素晴らしき周辺があたしたちの意識を善き方向に誘ってくれるのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPG小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg朱印帳全種1-1-R4.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg朱印帳2 4-7-R4.jpg朱印帳4-7-R4.jpg
posted by miya at 00:34| Comment(0) | 神主からの言葉