ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2022年12月04日

初宮詣

初宮参りは誕生後初めて神様に、お祖母さんなどに抱かれてお宮参りをすることで、単にお宮参りとも言われます。

産土の神様に出生を報告するものであり、子供が無事に生まれた感謝と今後の成長のご加護を祈ります。

男児は誕生三十一日目、女児は三十三日目にお詣りすることが多い様ですが、地方によりましても様々なようです。

またこのことによりまして、一人の人間としてこの地域の一員、ひいては産土の神様の氏子の一員として認めて頂くことになります。

これを氏子入りと申します。

このように致しまして、産土の神様とのご縁が結ばれて、一生の間、何かにつけて産土の神様と氏子が関わりあいを持って生きていくことになります。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
12月限定の書置き朱印「年越大祓 ゆく年くる年」と「師走 椿」12-1-R4.jpg
syaoku.jpgmiko.jpg楠.JPG小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg新しい巫女印の祈念朱印10-15-R4.jpg巫女の授与品10-15-R4.jpg御朱印帳10-15-R4.jpg12月の季節印「椿と雪」11-30-R4.jpg12月ミニの書置き朱印「年越大祓」と「師走 シマエナガと南天」12-1-R4.jpg
posted by miya at 05:50| Comment(0) | 神主からの言葉

マンションなどでの神棚の設置の仕方

マンションにお住いの方から、神棚の設置の仕方に付きましてお問い合わせを頂きます。

階上があって人が神棚の上を歩くような場所にお祀りするのは神様に失礼なので、避けるようにいたしますが、マンションなどでは難しい条件ともいえます。

マンションなどの場合は、上の階にも住宅がありますから、神棚を設けなさったら、その上の天井に「雲」と書いた紙を貼られたらよろしゅうございます。

目線より高い箪笥などの上板を清潔にして白布や白紙を強いてその上にご神札をお祀りなさってもよろしゅうございます。

神様は、あれもダメ、これもダメなどとはおっしゃいません。

出来る範囲で神様に失礼にならぬようにとお考えなさったら神様はとても喜ばれます。

寧ろ、様々な条件に執着しすぎてご神札をお祀りなさらない方が問題かと存じます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
12月ミニの書置き朱印「年越大祓」と「師走 シマエナガと南天」12-1-R4.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg新しい巫女印の祈念朱印10-15-R4.jpg巫女の授与品10-15-R4.jpg御朱印帳10-15-R4.jpg12月の季節印「椿と雪」11-30-R4.jpg
posted by miya at 05:47| Comment(0) | 神主からの言葉

産土の神様のご神札をお祀りします

産土の神様の神社でお受けになられたご神札を大切にするために、神棚に納められてお祀りください。

産土の神様が祀られている神社は、お住いの場所に最も近い神社にお祭されている神様とお考えになられればよろしゅうございます。

神棚は、家庭での祭祀の中心になるものであり、一般的に背を北にして南向き、あるいは、背を西にして東向きになるようにお祀りいたします。

しかし、神棚は絶対に南や東に向けなければならぬということではありません。

家の中の清浄な場所で、家族の方々が日々お祈りしやすい場所であればよろしゅうございます。

寧ろ、「ねばならぬ」に固守して、動きが取れなくなることは神様は望んでおられません。

また、神棚は、人の目線より高い位置にお祀りいたしますが、扉や襖、障子の上など人の出入りする場所の上は避けるようにいたしましょう。

あたし達でも足元がざわざわすると気持ちが落ち着きません。

神様も一緒とお考え下さればよろしゅうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
12月の季節印「椿と雪」11-30-R4.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg新しい巫女印の祈念朱印10-15-R4.jpg巫女の授与品10-15-R4.jpg御朱印帳10-15-R4.jpg
posted by miya at 05:42| Comment(0) | 神主からの言葉