ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2017年06月30日

アジサイの朱印と夏越の祓

アジサイの朱印は、本日までとさせていただきますので、ご希望の方は、社務所でお申し付けください。

7月からは鉾の朱印を押させて頂きます。

夏越の祓の祭事は午後5時より斎行致します。

京都は、とても暑くなって参りました。また昨晩からとても激しい雨が降りました。

天候が不安定なので気を付けてお越しください。

7月になりますと、京都の街は祇園祭一色となります。

祇園祭は、16日の宵山、17日の山鉾巡行が有名ですが、実は、1日から始まる約一ヶ月のお祭りです。

7月、京都の街はいつもにもまして観光客の皆さんで賑わいます。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

DSC_0096 水無月祓ー1.jpgアジサイと葉6-1-H29.jpg巫女守り5-31.jpg座り立ちキーホルダー5-31.jpg金朱印帳と袋5-31.jpgしおり、絵馬、祝箸、ハンカチ.jpgmiko.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gif



posted by miya at 05:46| Comment(0) | 神主からの言葉

神様は罰を与えられません

神様は罰を与えられないそうです。

もしも神様が罰を与えられることがあればあたしたちは将来に対して恐怖を持ちます。

しかし恐怖とは神様とは真逆のものであり、神様とは相いれないものをあたしたちに与えられることは決してないそうです。

それでは、人間に不幸が起こるのはなぜかと申しますと、神様の法則をあたしたちが逆用しているからだそうです。

列車が走っている時に踏み切りを渡ってけがをしますのは、列車があたしたちに罰を与えたのではありません。

法則は、法則通りに原因に対して結果を与えるそうです。

また法則は単に物質界の法則のみならず、心の法則もあれば霊界の法則もあるようです。

神様を信じて法則に違わぬよう神様の声に耳を傾けるのが良いそうです。

良きことも悪いことも、全ては結果良しに繋がっていくそうです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

アジサイと葉6-1-H29.jpg巫女守り5-31.jpgお守り5-31.jpg良縁守り5-31.jpg立ち位置キーホルダー5-31.jpg座り立ちキーホルダー5-31.jpg座りキーホルダー5-31.jpg朱印帳2種5-31.jpgしおり、絵馬、祝箸、ハンカチ.jpg朱印帳と朱印4-21-H29.jpg朱印2種類.jpgDSC_0096 水無月祓ー1.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpgkamisama01.jpgqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gif
posted by miya at 05:16| Comment(0) | 神主からの言葉

良い思い過ごし

何事も自分の心からが肝要だそうです。

まずは自分の心から暗黒の思念を取り去ることが重要だそうです。

自分に対しては、自分のすばらしさを探し、それを見るようにし、同様に他人あっても他人の善の部分を見るようにするのが重要だそうです。

そしてあたしたちは神様の完全な護りの中にあるということを信じることが大切だそうです。

どうしても解決できない辛い事、上手い人間関係を築けない相手は、神様にお預けするのが良いそうです。

同時に、思い過ごしは良くないそうです。

あたしたちは、往々にして悪い事ばかりを考え、未来に恐怖を感じて、要らぬことまで思い過ごします。

その様なことは百害あって一利なしだそうです。

未来はともかくあたしたちの見方で全ては必ず良き方向に向かっているといつも思うのが良いそうです。

ただし、良いことの思い過ごしはどんどんすればよいとある霊能者の方から教えて頂きました。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

しおり、絵馬、祝箸、ハンカチ.jpgお守りストラップ5-31.jpgお守り5-31.jpg座り立ちキーホルダー5-31.jpg朱印帳2種5-31.jpgファイル2種.jpgDSC_0096 水無月祓ー1.jpg110531_163358.jpgkamisama01.jpgqr_guide_sanpai.gif
posted by miya at 05:09| Comment(0) | 神主からの言葉