ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2017年09月11日

食べ物の頂き方

あたしたちは食べ物なしには生きていけません。

食べ物は神様があたしたちに与えて下さっているもので、感謝をして頂かなくてはならないそうです。

食べ物は単なる物質ではなく、そこには神様から流れ出ている霊的成分も含まれているそうです。

物質の性質にのみ拘泥してこれこれの栄養素が成りないなどと不平の心を起こしますと、神様がくださっている霊的成分を吸収できないそうです。

そして、この霊的成分こそあたしたちにとって重要だそうです。

食事の栄養は心配ご無用だそうです。

食事の時には、心配・不安・憎しみ・恐怖心などを持たず、食べ物が神様から来た賜物であり、無限の活かす力がこの中に入っているので、今それを吸収させて頂き、有り難うございますと念じながらいただくのが何より肝要だそうです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

お守り各種9-6-H29.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpg9月朱印.jpg小ブロマイド5-31.jpg大祓詞プレイト7-27-H29.jpg大祓詞と拡大祝詞.jpg巫女キーホルダー9月.jpg七色鱗型お守り9-6-H29.jpg金色朱印帳セット9月.jpg朱印と朱印帳9月.jpg縁結びお守り9-6-H29.jpgお守り大型各種9-6-H29.jpg
posted by miya at 07:11| Comment(0) | 神主からの言葉

無限の可能性とは

あたしたちは全知全能・無限・善のみの神様の子供です。

このことをいつも忘れないようにすることはとても重要だそうです。

そして、そのような神様の子供であるあたしたちには不可能なことはなく、不可能なことがないということは、無限の自由を持っているということだそうです。

無限の可能性があり、無限の自由があるとはなんと素晴らしい事でしょうか。

しかし善のみの神様から頂いた無限の可能性の徒自由は、愛や善に使うために与えられているそうです。

また、この無限の可能性と自由を自覚するだけでは駄目だそうです。

その無限の可能性と自由を善と愛に縦横無尽に使えば、神様は喜ばれ、あたしたちに無限の幸福を引き寄せて下さるそうです。

幸福に制限なしだそうです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

大祓詞プレイト7-27-H29.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg朱印2種類.jpg小ブロマイド5-31.jpg七色鱗型お守り9-6-H29.jpg縁結びお守り9-6-H29.jpgお守り各種9-6-H29.jpgお守り大型各種9-6-H29.jpg祝箸とハンカチ9月.jpg巫女キーホルダー9月.jpg御百度帳8-1-H29.jpgストラップ各種8-1-H29.jpg大祓詞プレイトと巫女.jpg大祓詞と拡大祝詞.jpg
posted by miya at 07:04| Comment(0) | 神主からの言葉

自分を赦す

物事が何故かうまく進まない時、あたしたちは自分自身を赦していないことがあるそうです。

自分自身を憎んでいて物事がうまくいくわけがございません。

反省は重要ですが、悔むことは百害あって一利なしだそうです。

それでは、自分自身を赦すとはどういうことがと申しますと、それはあたしたち自身の中にある神性を見つめ、礼拝することだそうです。

あたしたちの心の奥底に神様から頂いた分御魂がございます。それはあたしたちが神様の子供である証拠です。

この世に生きていますと色々なことが起こります。

その様な時、悪しきことは反省して遠ざけ、善のみのあたしたちの分御魂の神性に集中して自分の本体はこれだと思い出し、自分を赦すのが何より肝要だと教えて頂きました。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

七色鱗型お守り9-6-H29.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gif110531_163358.jpg巫女座り.jpg大祓詞プレイト7-27-H29.jpg巫女キーホルダー9月.jpg9月朱印.jpg平成30年暦.JPG朱印と朱印帳9月.jpg絵馬各種9-6-H29.jpg
posted by miya at 06:59| Comment(0) | 神主からの言葉