ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2017年11月20日

無意識とは

何もしない。

なにもしないながらも、心に浮かぶ雑念全てを受け入れ、ボーっとします。

全てを自然体で受け入れるこだわりのない感覚だそうです。

そのような状態をしばらく楽しんでいますと、ふと何も考えない、「白い瞬間」が訪れるそうですが、これこそが無意識だそうです。

全てを受け入れ、あるがままの自分を受け入れる。

今を認め、今を楽しむ。

「認めて、楽しむ」という感覚が重要だそうです。

それは、瞑想、あるいはマインドフルネスともいわれます。

沈黙という音を楽しむのが良いそうです。

そうしますと沈黙の中のささやき沈黙の音楽が聞こえてくるそうです。

それこそ神様からの語りかけのようです。

ある霊能者の方から教えて頂きました。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

御百度帳8-1-H29.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifしおり11-7-H29.jpgプレイト2種11-7-H29.jpg紅葉の朱印10-31-H29.jpg巫女キーホルダー10-5-H29.jpg朱印と朱印帳9月.jpg縁結びお守り9-6-H29.jpg絵馬各種9-6-H29.jpg七色鱗型お守り9-6-H29.jpg
posted by miya at 04:21| Comment(0) | 神主からの言葉

力を抜いてボーっとする

今は、人々の多くが情報に追いまくられ、知らず知らずストレスの塊になってしまっています。

いつの間にか身体がずっと緊張状態になっています。

それを解消するために、一日のうちある時間、ただボーっとするのが良いようです。

何もしない時間、何も考えない時間に価値があるそうです。

あるいは自分の呼吸を意識するのも良いようです。

そうしますと、忘れていた自分自身が戻って参ります。

全ての音が聞こえ、周囲の風景も見えるようになってきます。

無理に雑念を祓おうとせず、ただ、肩の力を抜き、視点を定めず、何もしなければよいのだそうです。

そうしますと、神様の声、あたしたちの魂の声が聞こえてくるようです。

ある神職の方から教えて頂きました。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

朱印紙入れ10-24-H29.JPG
qr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpgしおり11-7-H29.jpg縁結びお守り9-6-H29.jpg御百度帳8-1-H29.jpg暦10-5-H29.jpg交通安全守り10-5-H29.jpgストラップお守り10-5-H29.jpg小ブロマイド5-31.jpg金色朱印帳と袋11-7-H29.jpg巫女スタンプ2種類11-8-H29.JPG紅葉の朱印10-31-H29.jpg
posted by miya at 04:17| Comment(0) | 神主からの言葉

過去も現在も未来も「今」の連続です。

今という瞬間の連続が時間で、あたしたちが影響を与えれれるのは「今」だけです。

過去は解釈を変えることは出来ても事実は変えることが出来ず、未来はどうなるかわかりません。

変えられぬことや分からないことに拘泥してもどうしようもありません。

あたしたちは、生きている今を精一杯生きればよいそうです。

今を楽しむのが肝要だそうです。

そして、やれることをやって神様に託しますと、それぞれの人にとって最も良い方向に神様は導いて下さるそうです。

そして今を楽しむことが出来れば、どのような事が過去に起こっても過去の出来事への意味づけが出来、過去は全て良き思い出と変えることが出来るそうです。

ある神職の方から教えて頂きました。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

朱印帳本11-13-H29.jpg
qr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpgしおり11-7-H29.jpg御百度帳8-1-H29.jpg巫女キーホルダー10-5-H29.jpgストラップお守り10-5-H29.jpg朱印紙入れ10-24-H29.JPGおまもり各種11-7-H29.jpgプレイト2種11-7-H29.jpg金色朱印帳と袋11-7-H29.jpg青色朱印帳と袋11-7-H29.jpg巫女スタンプ2種類11-8-H29.JPG
posted by miya at 04:13| Comment(0) | 神主からの言葉