ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2017年11月07日

歓び

歓びをもって事に当たりますと、そのことが益々良い方向に方向転換をするようです。

あらゆる栄養品の中で、歓びという無形の精気ほどあたしたちを元気づけるものはないようです。

どんな粗食でも、「歓び」とともに食べる時、最上の栄養食に替わるようです。

食事の時、特に修行をなさっている方は、音を立てずに食べることをなさいますが、同じ食事を一人で食べてもおいしくありませんが、皆でワイワイと話をしながら食べると美味しいものです。

さすれば、食事時には、出来るだけ、おどけ、面白い話をし、笑いながら食べたいものです。

その快活な笑いが最高の消化剤となり、食品は最高の栄養素となるそうです。

一人で食べます時にも、一つ一つの食品を食します時に神様に感謝をし、「おいしい、おいしい」といって、心を快活にして食べるのが肝要だそうです。

ある霊能者の方から教えて頂きました。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

プレイト2種11-7-H29.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpgしおり11-7-H29.jpg縁結びお守り9-6-H29.jpg絵馬各種9-6-H29.jpg御百度帳8-1-H29.jpg小ブロマイド5-31.jpg七色鱗型お守り9-6-H29.jpgストラップお守り10-5-H29.jpg交通安全守り10-5-H29.jpgおまもり各種11-7-H29.jpg金色朱印帳と袋11-7-H29.jpgプレイト他11-7-H29.jpg
posted by miya at 04:58| Comment(0) | 神主からの言葉

どちらが先か

何かに成功すれば笑顔になり、幸せになります。

その一方、笑う門には福来るの喩の通り、多くの宗教で、気持ちを明るく持ち笑顔を絶やさない様にしますと、類は友を呼ぶの例えの通り、幸せを引き込めると説きます。

どちらが先なのでしょうか?

確かに予想もしなかったことが起こり、それに従って幸せになることはございますが、最新の心理学が説きますように、実はあたしたちは先に行動をしてそれの意味づけを後からしているようです。

さすれば、今幸福でないのは笑いの分量が足らないのかもしれません。

ある宗教家は、「笑うものの運命は光の如く輝き、顰め面をするものの運命は闇の底に沈衰する」と説かれます。

どうも笑わないから幸福が来ないのが真実のようです。

おかしくなくても笑おうと思えば笑えるもので、おかしくなくとも笑うように努めれば、必ず愉快になり、愉快になりますと、良き気を発し、良き気を発する人は多くの人に良き気を与え、良き気の人をひきつけ、同時に幸せも引き付けるようです。

ある神職の方から教えて頂きました。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

プレイト他11-7-H29.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpgしおり11-7-H29.jpg紅葉の朱印10-31-H29.jpg御百度帳8-1-H29.jpg小ブロマイド5-31.jpg祝箸10-5-H29.jpg巫女キーホルダー10-5-H29.jpgおまもり各種11-7-H29.jpg交通安全守り10-5-H29.jpgストラップお守り10-5-H29.jpg金色朱印帳と袋11-7-H29.jpg青色朱印帳と袋11-7-H29.jpg
posted by miya at 04:53| Comment(0) | 神主からの言葉

マインドフルネスと中今

いま、世界中でマインドフルネスが話題です。

いわゆる瞑想から宗教色を取り去ったものですが、その要諦は、何かの行為を指すのではなく、「今この瞬間」に気付いているということのようです。

つまり、どんな時でも、日常生活の動作一つ一つに心を込めて、今に意識を集中させ、心と身体がリラックスできている状態に保つということです。

この、今ここに意識を集中させるといとうことは、神道で、今を生き切ることこそ大切という意味を持つ「中今」と全く同じです。

つまりマインドフルネスとは、自分自身を取り戻すということといえます。

忙しい毎日を過ごしますと、いつの間にか自分自身をどこかに置き忘れて目の前の問題解決ばかりに意識を向けています。

しかし、あたしたちがこの世に生まれて参りましたのは、あたしたちの御霊磨きのためのようです。

さすれば、自分自身を見つめ自分自身を大切にして、周囲に振り回されすぎない様に気をつけたいものです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

おまもり各種11-7-H29.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpgしおり11-7-H29.jpg紅葉の朱印10-31-H29.jpg朱印紙入れ10-24-H29.JPG小ブロマイド5-31.jpg御百度帳8-1-H29.jpg七色鱗型お守り9-6-H29.jpg縁結びお守り9-6-H29.jpg巫女キーホルダー10-5-H29.jpg交通安全守り10-5-H29.jpgストラップお守り10-5-H29.jpg
posted by miya at 04:50| Comment(0) | 神主からの言葉