ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2017年11月13日

自分の顔

御神殿そして神棚には御鏡を置いているところが多くあります。

その意味は色々とありますが、その一つにその御鏡に映る御神前に立たれ祈念される方ご自身の顔、そしてお姿を見るという意味もあるそうです。

女性はお化粧他で毎日鏡で自分自身の顔をご覧になられると思いますが、男性は念入りに見ない人も多いと思います。

また男女ともに、顔の表情、目、口元、舌などを意識してみてる人は少ないようです。

国学の四大人のひとり、平田篤胤は、人相が悪いと言われたことから日々鏡をご覧になられて人相を良くしようと努力されたそうです。

顔には健康の兆候、そして精神状態が現れるようです。

心に悩みがありましても微笑むようにしますと心も和らぎ、悩みの善き解決方法も見えてくると申します。

自分の顔を神様からのメッセージの現れる場所としてみることも良いようです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

おまもり各種11-7-H29.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpgしおり11-7-H29.jpg縁結びお守り9-6-H29.jpg絵馬各種9-6-H29.jpg七色鱗型お守り9-6-H29.jpg御百度帳8-1-H29.jpg小ブロマイド5-31.jpg朱印帳本11-13-H29.jpg朱印帳本表紙11-13-H29.jpg巫女キーホルダー10-5-H29.jpg祝箸10-5-H29.jpg交通安全守り10-5-H29.jpgストラップお守り10-5-H29.jpg朱印紙入れ10-24-H29.JPG紅葉の朱印10-31-H29.jpgプレイト2種11-7-H29.jpgシール4種11-7-H29.jpg
posted by miya at 07:36| Comment(0) | 神主からの言葉

身体の声に耳を澄ませる

あたしたちは、自分の身体があたしたちの意志に従って動いていることを当然のことと受け止めています。

しかし、冷静に考えますと、これだけ精密な身体が齟齬なく動いていること自体奇跡の連続です。

たまには、あたしたちは、何気なく使用しているあたしたちの身体の各所を自分がどう使っているのかにつきまして改めて意識を向けるのも肝要だそうです。

そうすることによりまして、身体への大きな感謝の念が出て参ります。

身体も疲れることもあります。

それは体調の変化という形で現れます。

そういった時は身体が休ませてほしいと言っている時だそうですので、「ご苦労様です。ゆっくり休んでください」と休ませてあげるのが良いそうです。

祈りを通しての神様との対話と同時に最良・最高の執事の様にあたしたちに仕えてくれているあたしたちの身体との対話もとても重要だそうです。

ある霊能者の方から教えて頂きました。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

朱印帳本表紙11-13-H29.jpg
qr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpgしおり11-7-H29.jpgプレイト2種11-7-H29.jpgシール4種11-7-H29.jpg七色鱗型お守り9-6-H29.jpg絵馬各種9-6-H29.jpg縁結びお守り9-6-H29.jpg巫女キーホルダー10-5-H29.jpg交通安全守り10-5-H29.jpg朱印紙入れ10-24-H29.JPG朱印帳本11-13-H29.jpg
posted by miya at 07:32| Comment(0) | 神主からの言葉

身体は借り物

あたしたちの身体は神様からの借り物だそうです。

この世にいる間だけお借りしているのだそうです。

お借りしているなら大切に扱って、大切にお返ししたいものです。

そして、お借りしていることに対しての感謝の念を持ちたいものです。

それにしては、あたしたちは身体を当然のものと思い、身体の不調に対して文句ばかり言っているようです。

お借りしているだけで奇跡ですので、身体が好調・不調にかかわらず、感謝したいものです。

そして身体もあたしたちが感謝し、大切に扱えば、神様の創造された崇高なものですので、必ず応えてくれるそうです。

ある致死の難病から奇跡的に快復された方は、病の本当の原因は恐怖だったとお分かりになられた由です。

本来は持たなくてよいはずの恐怖を自らの心に生み出してしまうことによりまして身体を傷つけることが多いそうです。

恐怖ではなく、感謝の気持ちで身体を満たしたいものです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

巫女スタンプ2種類11-8-H29.JPG
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg巫女座り.jpgしおり11-7-H29.jpg朱印帳本表紙11-13-H29.jpg小ブロマイド5-31.jpg御百度帳8-1-H29.jpg七色鱗型お守り9-6-H29.jpg祝箸10-5-H29.jpg巫女キーホルダー10-5-H29.jpgストラップお守り10-5-H29.jpg朱印紙入れ10-24-H29.JPGおまもり各種11-7-H29.jpgシール4種11-7-H29.jpgプレイト2種11-7-H29.jpg青色朱印帳と袋11-7-H29.jpg金色朱印帳と袋11-7-H29.jpg紅葉の朱印10-31-H29.jpg
posted by miya at 07:28| Comment(0) | 神主からの言葉