ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2018年01月31日

心の中の花園

想う力は神様の力だそうです。

限りなく強いエネルギーを持った力だそうです。

さすれば、あたしたちが何を想うかということはあたしたちの運命や健康をいかにするかと云う力があるのだそうです。

あたしたちの心の中は、花園や花畑の様なものだそうです。

そこにはどのような種子でも撒くことが出来るそうです。

そして、心の花園に撒く種子は、思いという種子だそうです。

心に何を想うかと云うことが心の花園に撒く種子を決めることになるそうです。

良い思いを持てば素晴らしい花が満開となり、悪い思いを心に撒きますと悪いことが顕現するようです。

そしてこの花園はとても肥えた土地で少しの思いもからならず花となるそうです。

ともかく、いつも心に良き種子をまく心掛けが肝要だそうです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ステッカー各種1-18-H29.jpg
しおり11-7-H29.jpg祝箸10-5-H29.jpg暦10-5-H29.jpg七色鱗型お守り9-6-H29.jpg御百度帳8-1-H29.jpg1-11=30朱印.jpg
posted by miya at 00:00| Comment(0) | 神主からの言葉

お借りしている

最近は健康ブームの様です。

自分の健康に留意することはとても良い事ですが、過剰になり、検査の数値で一喜一憂している方も多いようです。

医師に伺いますと、検査の数値は、あくまで多くの人の平均値であり、大きな変動がなければ数値の若干の変動は気にすることがないそうです。

また、加齢とともにどうしても身体に不具合が出てくるのはしょうがないそうです。

一説にはあたしたちの身体の保証期間は40歳前後だそうです。

明治の御維新当初と較べましても寿命が倍以上に伸びているため、保証期間を過ぎた身体を如何に長く使いこなすかが重要なのだそうです。

しかしそれにも増してあたしたちが認識すべきは、自分の身体だと思いますので、不具合に文句を言ったり、悩みますが、本当は、あたしたちの本体は魂であり、あたしたちの身体はこの世に生まれ出るために神様からお借りしているということを思い出しますと少しは辛さも和らぎます。

お借りしているのですから大切に扱って、時機が来れば神様にお礼を申し上げてお返しすればよいのだそうです。

そして、次の生を得ます時には神様からまた新しい身体をお借りすることになるそうです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

御朱印帳2種1-16-H29.jpg
qr_guide_kekkon.gif鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg朱印紙入れ10-24-H29.JPG七色鱗型お守り9-6-H29.jpg金色朱印帳と袋11-7-H29.jpg青色朱印帳と袋11-7-H29.jpg巫女キーホルダー10-5-H29.jpgお守り各種1-18-H29.jpg
posted by miya at 00:00| Comment(0) | 神主からの言葉

老いる

老いると云いますと否定的なイメージがあります。

確かに、老・病・死というのは考えるのも辛いものです。

しかも年齢を重ねるにつれてこれらから逃げることは出来ません。

しかし、さまざまな文化が「老い」から「死」へのプロセスをポジティブにとらえています。

神道では、「老い」とは人が神様に近づく状態と考えます。

神様への最短距離におられる人間のことを「翁(おきな)」と呼びます。

また7歳以下の子どもは「童」と呼ばれ、神様の子とされます。

つまり、人生の両端にあたる高齢者と子どもが神様に近く、そのあいだが人間の時代となります。

ですから神道では、神様に近づく「老い」は価値を持っており、高齢者はいつでも尊敬される存在であるといえます。

病気は、あたしたちに健康への感謝の気持ちをもたらし、また、良い意味での老いへの道の気付きでもあるそうです。

「老い」とは人生のグランドステージを一段ずつ上がっていって翁として神様に近づいていく「神化」にほかならないのだそうです。

そして、死は、神様の元に戻り、そして次の生の準備をする門出だそうです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

青色朱印帳と袋11-7-H29.jpg
神宮大麻11-16-H29.jpg朱印と朱印帳9月.jpg暦10-5-H29.jpgおまもり各種11-7-H29.jpgプレイト2種11-7-H29.jpg金色朱印帳と袋11-7-H29.jpg
posted by miya at 00:00| Comment(0) | 神主からの言葉