ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2018年01月10日

神様の出口

あたしたちの身体は神様がお創りになられたのですから神様の身体です。

そしてあたしたちの心は、神様の分御魂ですから神様の心です。

まさにあたしたちは神様の子供です。

ところが物質の世界であるこの世では神様は活動できません。

さすれば、神様はあたしたちを通して神様の栄光を現わされるそうです。

あたしたちなしにはこの世で神様の立派さを表す方法がないそうです。

つまりあたしたちは神様の栄光の現れる道であり、神様の出口だそうです。

さすればあたしたちには神様がお持ちの全ての力が隠れているそうです。

あたしたちは無限の力を携えているそうです。

出せば出すほど出てくるそうです。

恐怖などなく怖い物などなにもないと常に思うことが肝要だそうです。

ある神職の方から伺いました。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

おまもり各種11-7-H29.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpgしおり11-7-H29.jpg朱印紙入れ10-24-H29.JPG神宮大麻11-16-H29.jpg1-10までの朱印.jpg紅白の南天マルチ11-27-H29.JPG朱印2種類.jpg南天ー2.JPG小ブロマイド5-31.jpg御百度帳8-1-H29.jpg絵馬各種9-6-H29.jpg暦10-5-H29.jpg祝箸10-5-H29.jpg金色朱印帳と袋11-7-H29.jpg青色朱印帳と袋11-7-H29.jpgプレイト2種11-7-H29.jpgシール4種11-7-H29.jpg
posted by miya at 03:07| Comment(0) | 神主からの言葉

掘れば出る

力がないかもしれないから力を出す努力をしないようでは、力が見いだせないそうです。

人間の力も井戸の水も掘れば出るのだそうです。

出ないのではなく出す力がないから掘り出せないのだそうです。

それではどうすれば掘り出せるかと申しますと、まず何をおいても自分自身を信じることだそうです。

誰に何を言われても馬耳東風でその様な言葉には耳を貸さず、自分自身は神様の子供なので不可能なしと思うのが肝要だそうです。

今ここに自分がいるのは神様のお役目がある為であり、そうでなければ神様は今ここに自分をお創りになられないと考えるのが良いそうです。

お役目があればお役目を果たす力を与えて下さっているはずです。

自分自身の中に作り込まれている神様から頂いた力を掘り出そうとすればよいのだそうです。

信じて掘り出せば無限の泉が湧き出すそうです。

ある神職の方から伺いました。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

交通安全守り10-5-H29.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gif鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg1-10までの朱印.jpg紅白の南天マルチ11-27-H29.JPG神宮大麻11-16-H29.jpg巫女スタンプ2種類11-8-H29.JPGおまもり各種11-7-H29.jpgプレイト2種11-7-H29.jpg青色朱印帳と袋11-7-H29.jpg金色朱印帳と袋11-7-H29.jpg縁結びお守り9-6-H29.jpg絵馬各種9-6-H29.jpg七色鱗型お守り9-6-H29.jpg御百度帳8-1-H29.jpg小ブロマイド5-31.jpg朱印2種類.jpg巫女キーホルダー10-5-H29.jpg祝箸10-5-H29.jpg
posted by miya at 02:59| Comment(0) | 神主からの言葉

戌の朱印

通常の朱印に加えてご希望の方に捺させて頂いております「戌」の朱印ですが、当初10日迄を予定しておりましたが、ご希望のお問い合せが多く、15日まで押させて頂くことにいたしました。

ご希望の方は、社務所にてお申し付けください。

早いものでお正月を迎えてもう10日です。

七草粥は召し上がりましたか?

一月十五日の小正月には、小豆粥を食べて悪鬼を避け、疫病を払うという風習があります。

門戸を祀るのに豆の粥をつくったという中国の風習に習ったものだそうです。

小豆の赤色は、生命や炎を象徴する色であるとともに悪霊や不浄を祓う神秘な力がある色と考えられており、疫病よけのまじないとなっていました。

今日でも祝い事があると、赤飯を炊きますが、これも同じ風習から生まれたといえます。

残った小豆粥を木の枝別れの処に載せるという風習もありました。

良い小正月をお迎えください。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

1-10までの朱印.jpg
青色朱印帳と袋11-7-H29.jpg金色朱印帳と袋11-7-H29.jpg交通安全守り10-5-H29.jpg巫女キーホルダー10-5-H29.jpg絵馬各種9-6-H29.jpg七色鱗型お守り9-6-H29.jpg朱印紙入れ10-24-H29.JPGしおり11-7-H29.jpgsyaoku.jpg神宮大麻11-16-H29.jpg巫女スタンプ2種類11-8-H29.JPG朱印帳本表紙11-13-H29.jpg大地主の神様.JPG楠.JPG南天ー2.JPG紅白の南天マルチ11-27-H29.JPG
posted by miya at 02:56| Comment(0) | 神主からの言葉