ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2018年02月05日

荒いカッコよさは精妙な幸せを引き寄せない

ある程度歳を重ねますと人生の本質が見えてきて、中庸なもの、荒くないもの、激しくないものを好むようになりますが、若い時には、えてして言葉や行いの荒い人・粗雑な人にかっこよさを感じる方も多いようです。

悪しきことや辛い事、病気に負けずに挑戦しておられるために自分を鼓舞して荒くなられるのなら、まだ神様もお認めになられるそうです。

しかし、ただ、荒きことに美点を見出しますと、荒きことばかりが寄ってきてしまい、結局不幸を引き寄せてしまうようです。

また、病気の時でも辛い事につらく当たりますと益々悪しきことは挑戦的になってくるそうです。

病気の時などは、今病気でも、「あたしは神様の子供なので健康だ。病気は幻だ。」と思ったり、言ったりしているとその病気を克服する力を引き寄せられるそうです。

今悪しきことが起こっていても、「あたしは神様の子供だから、善きことがやってくる」と思ったり、言ったりしていますとやってくるそうです。

神様との対話は精妙であり、精妙な言葉や振る舞いには精妙な幸せが集まってくるそうです。

ある霊能者の方から教えて頂きました。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

梅朱印1-28-H29.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgおまもり各種11-7-H29.jpgプレイト2種11-7-H29.jpg青色朱印帳と袋11-7-H29.jpg金色朱印帳と袋11-7-H29.jpg巫女キーホルダー10-5-H29.jpg暦10-5-H29.jpg七色鱗型お守り9-6-H29.jpg大地主の神様.JPGDSC_0060.JPG恋みくじ1-16-H29.jpg絵馬各種1-18-H29.jpg三種の神器1-28-H29.jpg交通安全お守り1-28-H29.jpg
posted by miya at 07:06| Comment(0) | 神主からの言葉

言葉の種子や想いの種をまく

ある霊能者の方から教えて頂きました。

物事が起こってくる前にあたしたちはあたしたちに心に言葉の種子や想いの種をまくそうです。

その種子が芽吹いて形に現れるそうです。

神様はあたしたちに決して悪いものを与えられるのではなく、あたしたちがあたしたちの心の花園にあたしたち自身でまいた通りの種類のものが顕現するそうです。

さすれば、言葉に出すことや心に思うことは出来るだけ善きことばかりを想うようにするのが肝要だそうです。

良い事ばかりを想うのだそうです。

健康ばかりを想うのだそうです。

繁盛ばかりを想うのだそうです。

悪い事や、病気の事や、不景気なことを思ったり話してはならぬそうです。

あたしたちはどのような種子でも撒くことが出来ます。

出来ればきれいな花を咲かせて楽しい花見をしたいものです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

三種の神器1-28-H29.jpg
qr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg御朱印ファイル1-28-H29.jpgしおり11-7-H29.jpg巫女キーホルダー10-5-H29.jpg七色鱗型お守り9-6-H29.jpg金色朱印帳と袋11-7-H29.jpg青色朱印帳と袋11-7-H29.jpg朱印帳本表紙11-13-H29.jpgステッカー各種1-18-H29.jpg絵馬各種1-18-H29.jpg交通安全お守り1-28-H29.jpgシール3種1-28-H29.jpg
posted by miya at 07:03| Comment(0) | 神主からの言葉

努力と苦痛は別物

人生には何度も病気や辛い事が襲って参ります。

比較的簡単に乗り越えられるものもありますが、打ちのめされもうだめだと思うようなことにも遭遇いたします。

そういった時、辛さに果敢に挑戦することは重要ですが、苦痛を受けることが病気や苦難から脱する方法と勘違いしてはならぬそうです。

苦難から乗り切れると、あの時、辛さに歯を食いしばり、辛さをかみしめたから神様が助けて下さったと思ってしまうこともあります。

しかし、病気や苦難の時に、その辛さを意識し過ぎますと益々悪しきことを引き寄せるようです。

実際、神様から助けの手が差し伸べられるのはあたしたちが辛くしているかどうかではなく、あたしたちがどれだけそこから脱しようと努力しているかによるようです。

病気や苦難が襲って来た時には、受け入れ、その中に隠れている良きことを少しでも探し出し、神様にお願いして委ね、解決の智慧を頂くようにお願いして、自身は問題が解決した時の事を想って感謝し、少しでも苦難や病気に前向きに明るく立ち向かうように努力するのが肝要だそうです。

ある神職の方から伺いました。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

絵馬各種1-18-H29.jpg
syaoku.jpg巫女座り.jpg御朱印ファイル1-28-H29.jpgしおり11-7-H29.jpg巫女キーホルダー10-5-H29.jpg御百度帳8-1-H29.jpg七色鱗型お守り9-6-H29.jpg祝箸10-5-H29.jpg金色朱印帳と袋11-7-H29.jpg朱印帳本11-13-H29.jpg神宮大麻11-16-H29.jpg恋みくじ1-16-H29.jpg御朱印帳2種1-16-H29.jpgお守り各種1-18-H29.jpgステッカー各種1-18-H29.jpgストラップ各種1-18-H29.jpg
posted by miya at 06:55| Comment(0) | 神主からの言葉