ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2018年02月07日

朝一番に良いことを想う

よき一日を過ごす要諦を教えて頂きました。

常に善き、やさしい、愛念に満ちた想いを起こすように努めるのが肝要ですが、殊に、一日の出発点である朝、目が覚めた時に善き思いを起こしておけば、その日一日幸福でいることが出来るそうです。

「あたしは神様の子供ですから善きことが来る、善きことしか来ない」と祈念するのが良いそうです。

また、家族同士で色々とあったとしても朝は、嫌な事を忘れて、朝を良き気持ちで迎えるのが家族円満のコツでもあるそうです。

ある神職の方から伺いました。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

梅朱印1-28-H29.jpg
syaoku.jpgmiko.jpg御朱印ファイル1-28-H29.jpg巫女キーホルダー10-5-H29.jpg七色鱗型お守り9-6-H29.jpg御百度帳8-1-H29.jpg金色朱印帳と袋11-7-H29.jpgプレイト2種11-7-H29.jpgおまもり各種11-7-H29.jpg神宮大麻11-16-H29.jpg御朱印帳2種1-16-H29.jpg交通安全お守り1-28-H29.jpg三種の神器1-28-H29.jpgDSC_0060.JPG
posted by miya at 04:57| Comment(0) | 神主からの言葉

怒を押さえる

喜怒哀楽と申しますが、あたしたちが常に心せねばならないのは怒を抑えることだそうです。

自分がどんなに正しくても、相手がどんなに悪くても、腹を立てる心を起こしますと、腹を立て怒るという心は、相手をやっつけたいという心で、破壊的な心の波ですから、破壊的な波長を持ったものが自分に集まって来て自然不幸な出来事を自分に引き寄せることになるのだそうです。

時々、人のため、正義の味方とばかりに、怒りをぶつける方がおられます。

これもだめだそうです。

怒りをぶつけられた方にもその人なりの理由もあります。

怒りをぶつけるのを止め、その人の事は捨て置き、助けようと思う方のために出来ることをして差し上げるのが神様が求められていることだそうです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

絵馬各種1-18-H29.jpg
qr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg御朱印ファイル1-28-H29.jpgしおり11-7-H29.jpg巫女キーホルダー10-5-H29.jpg御百度帳8-1-H29.jpg金色朱印帳と袋11-7-H29.jpgおまもり各種11-7-H29.jpg神宮大麻11-16-H29.jpg御朱印帳2種1-16-H29.jpgお守り各種1-18-H29.jpg
posted by miya at 04:53| Comment(0) | 神主からの言葉

神様が求められるものは

神様はあたしたちに完全な自由を下さっています。

と云うことはあたしたちは自分の人生を、運命を自ら創り出すことが出来るわけです。

神様が創造主であるように、あたしたちは神様の子供として自分の人生の創り主だそうです。

ただ、あたしたちが想い・言った通りになりますので、幸せを掴もうと思いますと、神様の子供らしく、良いことをのみ想い、良いことをのみ言い、良い事ばかりをする人間になる必要があるようです。

そして、神様はあたしたちに下さった自由の中からあたしたちが自由意思で良きことのみを想い、言う人間に自ら進んでなるように求められているそうです。

ある霊能者の方から教えて頂きました。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

梅の木1-28-H29.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg御朱印ファイル1-28-H29.jpg絵馬各種1-18-H29.jpgステッカー各種1-18-H29.jpg交通安全お守り1-28-H29.jpg朱印帳本11-13-H29.jpgおまもり各種11-7-H29.jpgプレイト2種11-7-H29.jpg青色朱印帳と袋11-7-H29.jpgしおり11-7-H29.jpg祝箸10-5-H29.jpg暦10-5-H29.jpg七色鱗型お守り9-6-H29.jpg御百度帳8-1-H29.jpg大地主の神様.JPG楠.JPG梅朱印1-28-H29.jpg
posted by miya at 04:49| Comment(0) | 神主からの言葉