ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2018年03月03日

雛祭

本日、3月3日は、雛祭です。

お雛様を飾り、家族で祝うのは善いものです。

「雛祭り」はいつ頃から始まったのか、その起源説は複数あるようです。

平安時代には川へ紙で作った人形を流す「流し雛」があり、雛人形は「災厄よけ」の「守り雛」として祀られました。

そして、江戸時代に3月の節句の祓に雛祭りを行うようになったようです。

ちなみに、現代では男雛を右(向かって左)に配置する家庭が多いようですが、かつて日本では「左」が上位であり、明治天皇様の時代までは左に立たれたようで、京都では、雛人形の並べ方で、今もこの配置を続けている家庭もあるようです。

しかし明治の文明開化により日本も西洋化し、その後に最初の即位式を挙げられた大正天皇様は西洋に倣って右に立たれました。それが皇室の伝統となり、昭和天皇様はいつも右に立ち香淳皇后様が左に並ばれました。

それにならい、男雛を右(向かって左)に配置することが一般的となったようです。

ひな祭りに因んで、3月は、ご希望の方に、従来の朱印に加えて、雛祭の朱印を捺させて頂いております。

ご希望の方は、社務所にてお申し付けください。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ひなまつり朱印2-25-H30.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg御朱印ファイル1-28-H29.jpgしおり11-7-H29.jpg御百度帳8-1-H29.jpg七色鱗型お守り9-6-H29.jpg巫女キーホルダー10-5-H29.jpgプレイト2種11-7-H29.jpgおまもり各種11-7-H29.jpg神宮大麻11-16-H29.jpg恋みくじ1-16-H29.jpgお守り各種1-18-H29.jpgステッカー各種1-18-H29.jpg三種の神器1-28-H29.jpgくちなしの花2-25-H30.jpg梅の木1-28-H29.jpg梅の花2-25-H30.jpg
posted by miya at 09:48| Comment(0) | 神主からの言葉

神様からのメッセージ

神様にお願いをしますと、他の方に迷惑のかかるものでなく、お願いをされた方の御霊磨きに有用なものには、神様は、必ず智慧という形でメッセージを返してくださるそうです。

ただ、あたしたちが神様のお声に耳を傾けねば、智慧を頂いても聞き逃してしまいます。

神様は色々な形であたしたちに智慧を授けて下さるそうです。

それは、いつも太い低い声で威厳をもって難しい言葉で下さるとは限りません。

神様からの声をよく聞かれる方の特徴は、素直で、どのような事にも好奇心を持ち、前向きに考えている方だそうです。

ある時には、子供が発した言葉に、アニメのキャラクターに、道を歩いている時目にする広告に、あるいはふと浮かんだ考えに、神様の声を聴くことができるそうです。

様々なものに意識を集中し、楽しむのが肝要だそうです。

ある霊能者の方から教えて頂きました。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

おまもり各種11-7-H29.jpg
qr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpgDSC_0060.JPG楠.JPG大地主の神様.JPG御百度帳8-1-H29.jpg七色鱗型お守り9-6-H29.jpg暦10-5-H29.jpg巫女キーホルダー10-5-H29.jpgしおり11-7-H29.jpg金色朱印帳と袋11-7-H29.jpg青色朱印帳と袋11-7-H29.jpgプレイト2種11-7-H29.jpg
posted by miya at 09:25| Comment(0) | 神主からの言葉

信じる心と前向きな心

ある霊能者の方から教えて頂きました。

明るい心、歓ぶ心、感謝の心が、どれほど人間の運命を好転する役割を持っているかは、どんなに強調してもし過ぎることはないそうです。

それほど、心を常に明るく保つことは重要だそうです。

一方、巷間よく言われますが、「信ずるものは救われる」で、神様を信じることが出来ましたら、神様の愛を信じることが出来ましたら、感謝と喜びに満たされて、明るい心になれるはずです。

神様のお創りになられたものに悪しきことは何一つないそうです。

何が起こりましても、素直に、「この世は完全で悪しきことが起こってもきっと良くなる」、「この世の中は善くなるしかない」と前向きな心で信じ切ることだそうです。

そうしますと信じたように良くなっていくのだそうです。

ここには理屈はなく、ともかく信じるように努力することが肝要だそうです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

交通安全お守り1-28-H29.jpg
巫女座り.jpg御朱印ファイル1-28-H29.jpg御百度帳8-1-H29.jpg巫女キーホルダー10-5-H29.jpg青色朱印帳と袋11-7-H29.jpgプレイト2種11-7-H29.jpgおまもり各種11-7-H29.jpg神宮大麻11-16-H29.jpg御朱印帳2種1-16-H29.jpgステッカー各種1-18-H29.jpgストラップ各種1-18-H29.jpg絵馬各種1-18-H29.jpg三種の神器1-28-H29.jpgシール3種1-28-H29.jpg
posted by miya at 09:19| Comment(0) | 神主からの言葉