ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2018年03月04日

明るい信仰

神様を信じる信仰というものは苦虫を嚙み潰したような顔をして辛い辛抱をする事ではないとある霊能者の方から教えて頂きました。

真実は単純で簡単で美しいのだそうです。

さすれば神様や神様がなさることは難しい言葉や理屈を学ばねばわからないものではなく、明るく、単純で、美しいものだそうです。

「神様のお創りになられたこの世界に悪いものは一つもなく、きっと良きことがやってくる」と明るい楽しい心で信じて神様のお手伝いをするのが本当の信仰だそうです。

神様と向かい合う為に暗くなっていてはかえって神様の波長と合わなくなり、神様の智慧が頂けません。

神様と波長を合わせるためにはあたしたちも明るくならないといけないそうですし、逆に神様と波長が合えば、あたしたちは益々明るくなるそうです。

これが神様の求められる、本当の信心だそうです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ひなまつり朱印2-25-H30.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg御朱印ファイル1-28-H29.jpg祝箸10-5-H29.jpg巫女キーホルダー10-5-H29.jpg御百度帳8-1-H29.jpg金色朱印帳と袋11-7-H29.jpg青色朱印帳と袋11-7-H29.jpgプレイト2種11-7-H29.jpgおまもり各種11-7-H29.jpg朱印帳本11-13-H29.jpg朱印帳本表紙11-13-H29.jpgお守り各種1-18-H29.jpgステッカー各種1-18-H29.jpgストラップ各種1-18-H29.jpg絵馬各種1-18-H29.jpg交通安全お守り1-28-H29.jpgシール3種1-28-H29.jpg三種の神器1-28-H29.jpgくちなしの花2-25-H30.jpgDSC_0060.JPG梅の花2-25-H30.jpg梅の木1-28-H29.jpg
posted by miya at 03:47| Comment(0) | 神主からの言葉

神様と決まり事

お祭りのやり方には、祭式と申しまして、様々な決まりごとがございます。

また、あたしたちが日々暮らしておりますと知らず知らず様々な決まりごとの中で暮らしております。

決まりごとの多くは、生活をやりやすくするために作られてきたものが多いようです。

しかしながら決まり事に縛られ過ぎて右往左往しておられる方もおられます。

あたしたちは神様の子供であり、神様から自由を与えられております。

さすればどのような生き方をするかはあたしたちに託されています。

決まり事でがんじがらめになられている方は、一度そこから自由になられるのも良いのかもしれません。

決まり事には良いこともたくさんありますが、勝手に枠を作り限界を作っている問題もあります。

あたしたちに不可能なしで、本来は様々な奇跡は奇跡でなく可能だということを思い出すことも肝要です。

思えば、強く思えば、思い続ければ、そして思いは遂げられると思えば、それが顕現するのだそうです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

大地主の神様.JPG
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gif鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpgしおり11-7-H29.jpg御百度帳8-1-H29.jpg金色朱印帳と袋11-7-H29.jpgおまもり各種11-7-H29.jpg神宮大麻11-16-H29.jpgステッカー各種1-18-H29.jpgストラップ各種1-18-H29.jpg絵馬各種1-18-H29.jpg恋みくじ1-16-H29.jpg御朱印帳2種1-16-H29.jpgお守り各種1-18-H29.jpgくちなしの花2-25-H30.jpg梅の花2-25-H30.jpg梅の木1-28-H29.jpg楠.JPG
posted by miya at 03:43| Comment(0) | 神主からの言葉

雑草という草はない

昭和天皇陛下のお言葉に、「雑草という草はない。どんな植物でも、皆名前があって、生を営んでいる。」というものがあるそうです。

とても良い言葉ですね。

人生には、勝手に主役とわき役があり、自分はわき役で人に利用されていると思ったり、あるいは、無駄な人生を歩んでいる、やりたいことも特にないと思っている方も多いようです。

しかし、真実は、あたしたちそれぞれが主人公だそうです。

この世の全ての人が、その人の使命を帯びて、「生」を受けていて、御魂磨きをしているそうです。

この世の面白さはそれぞれの人が主役を演じて、まるでタペストリーのように様々な主人公のドラマが同時進行していき、一つの大きな絵を作り上げていることだそうです。ともに生きながら、それぞれのドラマを生きる面白さを楽しむのが良いそうです。

嬉しいことも嫌な事も物語として楽しむのが肝要だそうです。

ある神職の方から教えて頂きました。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

おまもり各種11-7-H29.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg恋みくじ1-16-H29.jpgステッカー各種1-18-H29.jpg絵馬各種1-18-H29.jpg交通安全お守り1-28-H29.jpgシール3種1-28-H29.jpg三種の神器1-28-H29.jpgくちなしの花2-25-H30.jpg御百度帳8-1-H29.jpg七色鱗型お守り9-6-H29.jpg暦10-5-H29.jpg祝箸10-5-H29.jpg金色朱印帳と袋11-7-H29.jpg青色朱印帳と袋11-7-H29.jpgプレイト2種11-7-H29.jpg
posted by miya at 03:35| Comment(0) | 神主からの言葉