ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2018年03月09日

七色鱗型のお守り

京都大神宮では、七色鱗型のお守り袋を特別に作り、その中に天照大御神と豊受大神の中符を納入して授与しております。

また、そのお守りを特別な折り方をした紙で包んで授与しております。

この紙の包みは、多くの方に興味を持って頂き、この度、お守りの特集のムックでも取り上げて頂きました。

このお守りに付きまして、沢山の方からお問い合せを頂いております。

現在も授与しておりますので、ご希望の方は、社務所でご覧ください。

なお、七色鱗型のお守りは、巫女の図柄の入ったものと入らないものの2種類がございます。

このお守りをお持ちになられ、神様に護ってもらったと多くの方が御神前で感謝の御祈念をなさっているのを拝見いたします。

皆様のご参拝をお待ちしております。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

お守りの記事3-8-H30.JPG
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpgDSC_0060.JPG梅の木1-28-H29.jpg御百度帳8-1-H29.jpgおまもり各種11-7-H29.jpgプレイト2種11-7-H29.jpg恋みくじ1-16-H29.jpgステッカー各種1-18-H29.jpgストラップ各種1-18-H29.jpg交通安全お守り1-28-H29.jpgシール3種1-28-H29.jpg金色朱印帳全種2-25-H30.jpg青色朱印全種2-25-H30.jpg巫女ストラップ全種2-25-H30.jpgお守り各種1-18-H29.jpg七色鱗型お守り9-6-H29.jpgお守りの本表紙3-8-H30.JPG
posted by miya at 04:30| Comment(0) | 神主からの言葉

心を柔らかくする

ある霊能者の方から教えて頂きました。

幸せになる秘訣は、心を柔らかくすることだそうです。

多くの人が、余りに心が窮屈で、固くなったり、尖ったり、構える心で用心したりするために、心の柔軟性が欠けているのだそうです。

人生は厳しく、そのための防御策として自然に心に鎧を付けている人が多いそうですが、もっと人生を幸福にするためには、心を柔らかくすることが必要だそうです。

また多くの人は、悲しみや、憤りや、屈辱をただ抑えて心の中でいぶらせているだけでそれらを解消していないのだそうです。

そのため、抑えられているそれらの感情のはけ口がないために、そのはけ口として病気を起こすことがあるそうです。

また自分自身を批判し過ぎ、自分をまるで悪人のように思って自分を苦しめる人も多いようです。

自己批判や反省はとても重要ですが、「過ぎたるは及ばざるが如し」の例えの通り、過剰になりますと心の病になるそうです。

その様な時には、心を柔らかくし、笑うのが良いそうです。

笑いは、本来人間の心の中にある喜びの感情を外に表す迎え水だそうです。

もっともっと笑い、面白くないことが起こって笑えない時には、鏡を見てわざと笑い顔をしても笑うのが肝要だそうです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ひなまつり朱印2-25-H30.jpg
qr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg御朱印ファイル1-28-H29.jpgしおり11-7-H29.jpg恋みくじ1-16-H29.jpgお守り各種1-18-H29.jpg絵馬各種1-18-H29.jpg交通安全お守り1-28-H29.jpg三種の神器1-28-H29.jpgおまもり各種11-7-H29.jpgプレイト2種11-7-H29.jpg暦10-5-H29.jpg祝箸10-5-H29.jpg御百度帳8-1-H29.jpg大地主の神様.JPG楠.JPGくちなしの花2-25-H30.jpg梅の花2-25-H30.jpg梅の木1-28-H29.jpgDSC_0060.JPG
posted by miya at 04:19| Comment(0) | 神主からの言葉

小さなお子さんの祈り

参拝者の方から面白い話を伺いました。

その方が幼稚園に通っておられる小さなお子さんと一緒に神社を参拝され、御神前でご祈念をされた由です。

その時、そのお子さんが、親御さんに何をされているのかと聞かれたそうです。

親御さんは、「神様にお願い事を叶えて頂くように祈っているので、あなたもお願いをしなさい」とおっしゃったところ、そのお子さんは、「今、何もお願いすることはない」とおっしゃった由です。

親御さんは、ご自身が小さかった頃のことを思い出され、ご自身もそうだったと思われた由です。

子供は、全てがそろっている神様の世界からやってきたところなので、一瞬一瞬に満足しているのですが、とこの世の中で成長し、神様の世界にいた時の事を忘れるにしたがって不満が募るようです。

それもしょうがない事ですが、たまには、元々すべてがうまくいっていたのだと思い出し、さすれが今も本当はすべてがうまくいっていると中今の精神を取り戻して、前向きに今を楽しむのも良いそうです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

巫女ストラップ全種2-25-H30.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg御朱印ファイル1-28-H29.jpgしおり11-7-H29.jpg御百度帳8-1-H29.jpgプレイト2種11-7-H29.jpgおまもり各種11-7-H29.jpg恋みくじ1-16-H29.jpgお守り各種1-18-H29.jpg交通安全お守り1-28-H29.jpg三種の神器1-28-H29.jpg金色朱印帳全種2-25-H30.jpg青色朱印全種2-25-H30.jpg
posted by miya at 04:14| Comment(0) | 神主からの言葉