ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2018年03月12日

心の使い方のヒント

ある神職の方から伺いました。

心を上手に使うヒントは、明るい言葉、楽しい語調、晴れやかな表情をすることだそうです。

さすれば、楽しい感情を呼び起こし、全身の血行が良くなり、心臓の運動を軽快にすることが出来るようです。

最近の医学では、血行を良くすることが何にもまして健康維持に重要だとの由です。

そして、そのためには精神を良い状態にすることが何にもまして重要だそうです。

暗いことを語ってはいけないそうです。

同じ言葉を使っても明るい調子でハキハキと歯切れ良い語調で語るのが良いそうです。

最新の心理学では、人間は行動を先にしてその行動の意味付けを後でしているそうです。

行動を明るくすれば、心も明るくなるそうです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ひなまつり朱印2-25-H30.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpg御朱印ファイル1-28-H29.jpg御百度帳8-1-H29.jpgプレイト2種11-7-H29.jpg朱印帳本表紙11-13-H29.jpg神宮大麻11-16-H29.jpg恋みくじ1-16-H29.jpgお守り各種1-18-H29.jpgステッカー各種1-18-H29.jpg絵馬各種1-18-H29.jpg巫女ストラップ全種2-25-H30.jpg交通安全お守り1-28-H29.jpgシール3種1-28-H29.jpg楠.JPGDSC_0060.JPG梅の花2-25-H30.jpg
posted by miya at 05:02| Comment(0) | 神主からの言葉

心と健康

あたしたちの心の中に恐怖や病的な思想、想念、感情を忍ばせることは、あたかも家の中に盗賊を忍びこませるようなことだそうです。

心の中に忍び込んだ盗賊は、あたしたちの喜びを奪い、楽しさを奪い、健康を奪い、若さを奪い、美しさを奪い、そして生命さえも奪っていくそうです。

さすれば、家の戸締りをするが如く、心の戸締りもしなくてはならないそうです。

一方、財産を気になさる方が多くおられますが、どんな財的な儲けよりも健康の宝や若さの宝の方が尊いことを思い出す必要があるそうです。

それを理解しない人は神様が病気を与えて思い出さすようにして下さるそうです。

健康や若さを大切に思うのでしたら、心に否定的な感情が入り込むのを止める必要があるそうです。

心は遺伝も生来の体質さえも改善する力を持っているそうです。

あたしたちは心が秘めた何にも勝るパワーと健康の大切さを思い出す必要があるそうです。

ある神職の方から伺いました。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

七色鱗型お守り9-6-H29.jpg
qr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpgしおり11-7-H29.jpg御百度帳8-1-H29.jpg恋みくじ1-16-H29.jpgお守り各種1-18-H29.jpgステッカー各種1-18-H29.jpgストラップ各種1-18-H29.jpg絵馬各種1-18-H29.jpg交通安全お守り1-28-H29.jpgシール3種1-28-H29.jpgひなまつり朱印2-25-H30.jpg金色朱印帳全種2-25-H30.jpg青色朱印全種2-25-H30.jpg巫女ストラップ全種2-25-H30.jpgお守りの本表紙3-8-H30.JPGお守りの記事3-8-H30.JPGおまもり各種11-7-H29.jpg
posted by miya at 04:56| Comment(0) | 神主からの言葉

老化はないそうです

この世に生まれ出ますと生老病死という苦を背負いこむとよく言われます。

そのなかの「老」について考えますと、幼年期から青年期壮年期に向かう時には、あたしたちは、前向きですが、壮年期を過ぎて老年期になりますと、人生を否定的に考える人が多いようです。

しかしながら、臨死体験をなさった方に伺いますと、あたしたちは、壮年期に頂点を極めた後は、段々下降線を描くのではなく、ずっと右肩上がりでだそうです。

神様の子供であるあたしたちは永遠に老いないのだそうです。

確かに心が若い人、考え方の若い人は容姿も若い人が多いようです。

そして肉体面にもまして、精神面は、老いるどころか永遠に進化するのみだそうです。

あたしたちが勝手に老化を語っているだけだそうです。

あたしたちの魂は決して死なず生き通しであり、肉体という衣を着替えて、何度もこの世に生まれ替わってくるそうです。

そして永遠に魂磨きをして霊性を高めていくのだそうです。

さすれば、年齢を重ねることによって勝手に老いると思ったり、老人の様な振る舞いをせず、益々元気に青年の如く振る舞い、様々なことを前向きに経験して神様の世界に戻るまでこの世でしかできない御魂磨きを続けるのが肝要だそうです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

DSC_0060.JPG
恋みくじ1-16-H29.jpgしおり11-7-H29.jpg110531_163358.jpgsyaoku.jpg交通安全お守り1-28-H29.jpg三種の神器1-28-H29.jpgくちなしの花2-25-H30.jpg梅の花2-25-H30.jpg
posted by miya at 04:53| Comment(0) | 神主からの言葉