ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2018年04月16日

修行の良き面と悪しき面

ある神職の方から教えて頂きました。

神道では、修行はいたしません。

敢えて申しますと、日々の生活が修行であります。

本来は、自分自身で心を磨けばよいのですが、それがなかなか叶わない時には、修行によって神様に近づくことも良き手段だと思われます。

しかし、修行、そしてとりわけ心の修行は、心を穏やかに神様の心に近づけるのが肝要であり、何事にも感謝する心を養成するのが要諦です。

ところが、時に道を求め、信仰を求めて修行をなさいますと、段々と人を咎めるようになられる方もおられるようです。

自分の基準を高所に於き、その位置から他の方をご覧になられて欠点を咎められるようです。

しかし、心の修行は、人を愛し、育み、赦し、生かすためのものであり、他を咎めるのは、修行の副作用で、そのような副作用が出るようでしたら、その修業は、逆に神様から遠ざけることになる修行の悪しき面で、止めた方が良いそうです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

お守りの本表紙3-8-H30.JPG
qr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gif鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg御朱印ファイル1-28-H29.jpgしおり11-7-H29.jpgプレイト2種11-7-H29.jpg金色朱印帳全種2-25-H30.jpgお守り一覧3-15-H30.jpg御百度帳ハンカチ3-31-H30.jpg七色鱗型のお守り3-15-H30.jpgお守りの記事3-8-H30.JPG
posted by miya at 04:00| Comment(0) | 神主からの言葉