ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2018年04月20日

幸福の時に神様に語り掛ける

激しい感情の時、危険が訪れて来た時に神様をお呼びするのにもまして、平常、何もない時、全てが順調にまた平和に生活が進行している時に神様をお呼びする習慣をつけておくことが一層必要だそうです。

暴風雨の時に土地を開墾するよりも晴天の平常な時に土地を開墾しておくことが必要な如く、魂の信仰を開墾するのも人生の暴風雨の時に開墾するよりも平常普段の時に開墾することが肝要だそうです。

神様を習慣的に身近に感じる潜在意識が作られますと自然に運命が改善され、幸福が訪れてくるそうです。

そして、神様に小さなことでも思いつくことを感謝するのが重要だそうです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

桜と御所車の朱印3-31-H30.jpg
巫女立ち位置ver.2.jpg御朱印ファイル1-28-H29.jpgしおり11-7-H29.jpgプレイト2種11-7-H29.jpg交通安全お守り1-28-H29.jpg七色鱗型のお守り3-15-H30.jpgお守り一覧3-15-H30.jpg巫女ストラップとブロマイド3-31-H30.jpgお守り各種3-31-H30.jpg地球の歩き方紹介11-13-H29.JPG朱印帳本表紙11-13-H29.jpg青色朱印全種2-25-H30.jpg金色朱印帳全種2-25-H30.jpg巫女キーホルダーと朱印帳3-31-H30.jpg
posted by miya at 02:15| Comment(0) | 神主からの言葉

神様との一体感を深める

ある神職の方から教えて頂きました。

あたしたちに必要なのは、常に神様とあたしたちの生命がつながり、神様があたしたちの事を見護り良き道に導いてくださり、決してあたしたちがから離れずおられるという神様との一体感を深めることだそうです。

唱える言葉の上手下手は関係ないそうです。

神様という言葉を心に常に唱え、神様を常に感じればよいのだそうです。

緊急の場合に神様を思い出して、神様に心を振り向けることは肝要ですが、緊急でない場合にも神様に心を振り向けることが重要だそうです。

神様はあたしたちと常に一体だそうですので、それを思い出し、認識し、深めると良いのだそうです。

そうしますとあたしたちが神様に近い視点に立って物事に対せるようになり、それはとりもなおさず神様の智慧を受けやすくなるそうです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

お守りの記事3-8-H30.JPG
qr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg御朱印ファイル1-28-H29.jpgしおり11-7-H29.jpgプレイト2種11-7-H29.jpg恋みくじ1-16-H29.jpg交通安全お守り1-28-H29.jpgお守り各種3-31-H30.jpg御札と暦3-31-H30.jpg御百度帳ハンカチ3-31-H30.jpg七色鱗型のお守り3-15-H30.jpgお守りの本表紙3-8-H30.JPG
posted by miya at 02:09| Comment(0) | 神主からの言葉

多くを語らず

あたしたちが祈念するとき、多くの事を云う必要はないそうです。

以前、ある方がご参拝の際に、紙に一杯御祈念の内容をお書きになられてお詣りされたことがございました。

しかし、神様は御神前に立たれた瞬間にその方がどのような方か、何を悩み何を望まれているのか全てお見通しです。

存じ上げている神職の方は、ただ、「神様の弥栄ならんことを」とのみ唱えられるそうで、後は神様にお任せになるそうです。

しかし、それでは心が落ち着かない方は、論理的な祈りや懇願的な祈りをなさってもよろしいそうです。

あたしたちが気持ちよくなるやり方をすればよいそうです。

ただ、神様がおられ、いつもあたしたちを見守って下さるということのみは、常に信じ続け、神様を常に身近に感じることは必要だそうです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

巫女ストラップとブロマイド3-31-H30.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg朱印2種類.jpg青色朱印全種2-25-H30.jpg恋みくじ1-16-H29.jpg御札と暦3-31-H30.jpg祝箸3-31-H30.jpg巫女キーホルダーと朱印帳3-31-H30.jpg
posted by miya at 02:06| Comment(0) | 神主からの言葉