ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2018年06月30日

スズランの朱印と巫女のファイル

ご希望の方に従来の朱印に加えまして捺させて頂いている朱印、21日からはスズランの朱印でしたが、この朱印は本日までとなりますので、ご希望の方は、社務所にてお申し付けください。

明日7月1日からは別の朱印となります。

一時無くなってしまいご迷惑をおかけしておりました巫女のファイルも完成しましたので授与しております。

皆様のご参拝をお待ちしております。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

6-21-H30からの朱印.jpg
DSC_0096 水無月祓ー1.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgimage1.jpegアジサイ6-4-H30.jpgしおり11-7-H29.jpgプレイト2種11-7-H29.jpg御百度帳ハンカチ3-31-H30.jpg御札と暦3-31-H30.jpg巫女キーホルダーと朱印帳3-31-H30.jpg巫女ファイル5種類 5-21-H30.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg朱印帳3種6-1-H30.jpg朱印ファイルとしおり6-1-H30.jpgお守り各種6-4-H30.jpg鈴持ち巫女キーホルダー6-1-H30.jpg新巫女キーホルダー6/7/H30.jpg大祓人型6-4-H30.jpg夏越の祓の朱印2種6-13-H30.jpg夏越の祓の朱印6-13-H30.jpg巫女ストラップとブロマイド3-31-H30.jpg
posted by miya at 07:55| Comment(0) | 神主からの言葉

夏越の祓

本日、6月30日、午後五時より、大祓式、引き続き茅の輪くぐりの神事を執り行います。

人は、「功徳を積んで、福を受け、罪障を積んで、災禍を招く」、といわれます。

そのため、古くから、個人的にも、また、一般民衆の間でも、いわゆる、「禍を転じて、福となす」とする、祈祷や行事が、行われてきました。

我が国に於きましては、個人的には、事に触れ、時に従って、随時祓の神事が行われ、また、一般民衆の間では、六月三十日の水無月祓と十二月三十一日の大祓を全国一斉に行ってまいりました。この両者を総称して、大祓式と申します。

水無月式は、「水無月の夏越の祓する人は、千歳の命延ぶといふなり」と古歌を唱えつつ、茅の輪を三度くぐって、心身を祓清め、暑さに負けず元気で夏が越せるよう、更には、延命長寿を祈る神事です。

この意義深い神事に、是非ご参列賜り、大神様のご神徳をお受け下さい。

また人型で全身を撫で擦り、目を閉じて、罪障、悉くこの形代に移すお心にて、三度大きく息を吹きかけ、諸々の罪障を償うお気持ちで、お気持ちの初穂料を添えてお持ちください。本日お焚き上げいたします。

皆様のご参拝をお待ちしております。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

DSC_0096 水無月祓ー1.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gif鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpgしおり11-7-H29.jpg地球の歩き方紹介11-13-H29.JPG朱印帳本表紙11-13-H29.jpgプレイト2種11-7-H29.jpg御百度帳ハンカチ3-31-H30.jpg巫女キーホルダーと朱印帳3-31-H30.jpgお守り各種3-31-H30.jpg巫女スタンプと朱印5-10-H30.JPG巫女ファイル5種類 5-21-H30.jpg巫女清楚キーホルダー5-23-H30.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg朱印帳3種6-1-H30.jpg朱印ファイルとしおり6-1-H30.jpgお守り各種6-4-H30.jpgクチナシのはな6-4-H30.jpgimage1.jpegアジサイ6-4-H30.jpg夏越の祓の朱印6-13-H30.jpg大祓人型6-4-H30.jpg
posted by miya at 07:52| Comment(0) | 神主からの言葉

あるおばあさんの話

年配の参拝をなさっている方から伺いました。

この方が若かったころ、市電に乗られた際、ほとんど人が乗っておられなくても、隅にできるだけ場所を取らずに座られた由です。

それが美徳と教えられたそうです。

しかし、最近は、スペースがあれば、我が物顔に大きな場所を使う方をたくさんご覧になられる由です。

確かに場所があるのですから自由に使われるのも人に迷惑をかけているわけでもなく、目くじらを立てる必要はないのかもしれません。

しかし、スペースがあっても自分の用いる場所を少なくしようとするところにそこはかとない美しさと気品や人徳を感じます。

主張をすることも重要ですが、主張を抑えることによる美意識もよいものです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

祝箸6-5-H30.jpg
DSC_0096 水無月祓ー1.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpgしおり11-7-H29.jpg神社年鑑記事5-6-H30.JPG神社年鑑表紙 5-6-H30 .JPGプレイト2種11-7-H29.jpg交通安全お守り1-28-H29.jpg御百度帳ハンカチ3-31-H30.jpg巫女ストラップとブロマイド3-31-H30.jpg巫女キーホルダーと朱印帳3-31-H30.jpgお守り各種3-31-H30.jpg巫女ファイル5種類 5-21-H30.jpg新巫女キーホルダー6/7/H30.jpg鈴持ち巫女キーホルダー6-1-H30.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg朱印帳3種6-1-H30.jpg朱印ファイルとしおり6-1-H30.jpgおみくじおまもり6-1-H30.jpg恋みくじおまもり6-1-H30.jpgお守り各種6-4-H30.jpg
posted by miya at 07:45| Comment(0) | 神主からの言葉