ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2018年06月05日

夏越の祓の人型

旧暦の6月末に行われる「夏越の祓」は、半年分のケガレを落とす行事で、この後の半年の健康と厄除けを祈願します。

新暦に移った現在でも、6月30日頃、日本各地の神社で行なわれている伝統行事です。

京都大神宮でも、6月30日の夕方、斎行いたします。

厄落としの方法として「茅の輪くぐり」が行われます。

茅の輪とは、チガヤという草で編んだ輪のことで、神社の境内に作られた大きな茅の輪の中を「水無月の夏越の祓する人は、千歳(ちとせ)の命延(の)ぶというなり」と唱えながら8の字を書くように3度くぐり抜けます。

茅の輪をくぐることで、病気や災いを免れることができるとされています。

同時に人型をお焚き上げ致します。

人形(ひとがた)とは、人の形を模した紙の形代(かたしろ)です。

人形に自分の名前や年齢(数え年)を書き、それに息を三度吹きかけて人形に罪やケガレを移し、身代わりとして厄を落とします。

現在、人型をご希望の方に社務所にてお渡ししております。

名前と年齢をお書きになられて、お気持ちの初穂料とともにお納めください。

夏越の祓で、お焚き上げさせていただきます。

皆様のご参拝をお待ちしております。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

大祓人型6-4-H30.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpgimage1.jpegクチナシのはな6-4-H30.jpgアジサイ6-4-H30.jpgしおり11-7-H29.jpgプレイト2種11-7-H29.jpg交通安全お守り1-28-H29.jpg御百度帳ハンカチ3-31-H30.jpg巫女ストラップとブロマイド3-31-H30.jpg巫女キーホルダーと朱印帳3-31-H30.jpgお守り各種3-31-H30.jpg巫女ファイル5種類 5-21-H30.jpg鈴持ち巫女キーホルダー6-1-H30.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg朱印帳3種6-1-H30.jpg新朱印帳としおり6-1-H30.jpg朱印ファイルとしおり6-1-H30.jpg藤の朱印6-1-H30.jpg祝箸6-5-H30.jpgお守り各種6-4-H30.jpgDSC_0096 水無月祓ー1.jpg
posted by miya at 06:45| Comment(0) | 神主からの言葉

身体との対話

あたしたちの本体は生き通しの魂です。

その魂がこの世に生を受ける時に神様からこの世を生きるために貸して頂くのがあたしたちの身体だそうです。

さすれば、お借りしたものと、身体を大切に扱わなくてはならないそうです。

と同時に、お借りした身体との対話も重要だそうです。

身体に言い聞かせるのだそうです。まだ骨が必要だ、記憶が必要だ、健脚が必要だと。

そしてそれが事実であることを身体に示すために、頭脳活動をし、身体を動かすのが肝要だそうです。

さすれば、身体は、魂の言うことが正しいと魂が活動で生きるように若さを保って動いてくれるのだそうです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

お守り各種6-4-H30.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpgしおり11-7-H29.jpgプレイト2種11-7-H29.jpg交通安全お守り1-28-H29.jpg御百度帳ハンカチ3-31-H30.jpg御札と暦3-31-H30.jpg巫女ストラップとブロマイド3-31-H30.jpg巫女キーホルダーと朱印帳3-31-H30.jpg巫女ファイル5種類 5-21-H30.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg朱印帳各種6-1-H30.jpg朱印帳3種6-1-H30.jpg新朱印帳としおり6-1-H30.jpg朱印ファイルとしおり6-1-H30.jpg藤の朱印6-1-H30.jpgおみくじおまもり6-1-H30.jpg恋みくじおまもり6-1-H30.jpg祝箸6-5-H30.jpg
posted by miya at 06:21| Comment(0) | 神主からの言葉

老化も気のせい

生まれるとその日から死に向かって歩んでいるのが人生です。

さすれば老化もしょうがないと思いがちですが、

しかし最近の研究ではそうではないそうです。

老化とは加齢とともに自分自身が自分の身体や頭を使わないことから起こるということが分かってきたそうです。

たしかに年配の方でも様々な活動をなさっている方は元気です。

病は気からと申しますが、老化も気からだそうです。

心が若ければ、身体もその心に対応して若いのだそうです。

何事も心ありきであり、まず心に凝りを作らずいつも明るくするのが何にもまして肝要だそうです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

巫女キーホルダーと朱印帳3-31-H30.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpgしおり11-7-H29.jpgプレイト2種11-7-H29.jpg御百度帳ハンカチ3-31-H30.jpg御札と暦3-31-H30.jpg巫女ストラップとブロマイド3-31-H30.jpg朱印ファイルとしおり6-1-H30.jpg新朱印帳としおり6-1-H30.jpg朱印帳3種6-1-H30.jpg朱印帳各種6-1-H30.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg鈴持ち巫女キーホルダー6-1-H30.jpg巫女ファイル5種類 5-21-H30.jpg巫女スタンプ5-10-H30.jpg巫女スタンプと朱印5-10-H30.JPGお守り各種3-31-H30.jpg
posted by miya at 06:17| Comment(0) | 神主からの言葉