ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2018年07月01日

鉾の朱印

毎月、従来の朱印に加えましてご希望の方に捺させていただいている朱印ですが、7月1日から31日は、鉾の朱印となります。

なお、7月15日から17日と7月22日から24日は、宵山と巡航を記念して鉾の色が変わりますので、ご留意ください。

7月17日と24日に行われます山鉾巡行で有名な祇園祭が行われますが、お祭り自体は7月1日から31日に及ぶ長いお祭りです。

京都は、昨日雨でしたが、連日真夏のような暑さが続いております。体調を崩されないようにご留意ください。

皆様のご参拝をお待ちしております。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

鉾と朱印6-30-H30.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg大地主の神様.JPG楠.JPGクチナシのはな6-4-H30.jpgimage1.jpegアジサイ6-4-H30.jpgプレイト2種11-7-H29.jpg交通安全お守り1-28-H29.jpg御百度帳ハンカチ3-31-H30.jpg御札と暦3-31-H30.jpg巫女ストラップとブロマイド3-31-H30.jpg巫女キーホルダーと朱印帳3-31-H30.jpgお守り各種3-31-H30.jpg巫女スタンプと朱印5-10-H30.JPG巫女ファイル5種類 5-21-H30.jpg鈴持ち巫女キーホルダー6-1-H30.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg朱印帳3種6-1-H30.jpg朱印ファイルとしおり6-1-H30.jpg巫女清楚キーホルダー5-23-H30.jpgお守り各種6-4-H30.jpg地球の歩き方紹介11-13-H29.JPG朱印帳本11-13-H29.jpg朱印帳本表紙11-13-H29.jpg
posted by miya at 08:04| Comment(0) | 神主からの言葉

月次祭(つきなみさい)

月次祭につきまして、お問い合わせを頂いております。

月次祭とは月毎に平和と安全を祈るお祭りです。

それぞれの神社によりまして期日が異なりますが、毎月一日や十五日に行われているところが多いようです。

国の平安と、氏子崇敬者の安泰をご祈念申し上げます。

月参りともいわれ、この日にお参りするとご利益があるともいわれております。

京都大神宮では、毎月、1日と15日、11:00過ぎから斎行しております。

どなたでもお参りいただけますので、是非お越しください。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

お守り各種3-31-H30.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpgしおり11-7-H29.jpgimage1.jpegアジサイ6-4-H30.jpgプレイト2種11-7-H29.jpg交通安全お守り1-28-H29.jpg鈴持ち巫女キーホルダー6-1-H30.jpg新巫女キーホルダー6/7/H30.jpg巫女スタンプと朱印5-10-H30.JPG巫女ファイル5種類 5-21-H30.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg朱印帳3種6-1-H30.jpg朱印ファイルとしおり6-1-H30.jpg御百度帳ハンカチ3-31-H30.jpg御札と暦3-31-H30.jpg巫女ストラップとブロマイド3-31-H30.jpg巫女キーホルダーと朱印帳3-31-H30.jpgお守り各種6-4-H30.jpg
posted by miya at 07:54| Comment(0) | 神主からの言葉

私の代わりに

よくご参拝なさる方の中に面白いおばあさまがおられます。

いつもとても明るく、とても良い人相をなさっておられます。

このおばあさん、ご苦労なさっている方をご覧になると、「あたしの代わりにご苦労してくださって申し訳ありません」と、神様にその方が一刻も早く苦境から脱せられるようにご祈念なさっています。

ところが、とても幸せな方をご覧になられても、「あたしの代わりに幸せになられてとてもうれしい」と、今度は神様に心から感謝のご祈念をなさっておられます。

お話を伺いますと、何事も中庸が一番幸せで、とても幸せな方はきっとそのためにいろいろとつらいことも経験なさったでしょうし、今苦難に遭遇されている方は、必死になって頑張っておられますが、それは本当はおばあ様がしなくてはならないことだったかもしれないとの由でした。

それらの方がおばあ様に代わって様々な経験をしてくださって、それがどのような経験なのかを見せていただけるので自分がつらい思いなどをしなくても、ドラマを見ているように疑似体験できるとの由。

そのためにその方々にこころから感謝しているので祈念をなさるとの由でした。

とても良い話を伺いました。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

巫女清楚キーホルダー5-23-H30.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpgimage1.jpegアジサイ6-4-H30.jpgプレイト2種11-7-H29.jpg交通安全お守り1-28-H29.jpg御札と暦3-31-H30.jpg御百度帳ハンカチ3-31-H30.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpgおみくじおまもり6-1-H30.jpgお守り各種6-4-H30.jpgお守り各種3-31-H30.jpg鈴持ち巫女キーホルダー6-1-H30.jpg新巫女キーホルダー6/7/H30.jpg
posted by miya at 07:49| Comment(0) | 神主からの言葉