ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2018年07月10日

幸せは加速する

あたしたちが意識せねばならないのは、古い人生とこれからの人生の間には何の関連性もないということだそうです。

手相・人相などの相がこれまであたしたちが歩んできたことの集積であるように、現在の人生はこれまであたしたちが考えてきたことや感じてきたことの集積だそうです。

さすれば、これからの人生はあたしたちの考え方や感じ方でいかようにも変えることができるそうです。

この瞬間から、笑顔と感謝の祈りとともに毎日をスタートさせることができるそうです。

しかも面白ことに、幸せは加速するそうです。

あたしたちが幸せでいればいるほど、さらに多くの幸福を受け取ることができるそうです。

思い立ったが吉日と申しますが、幸せも思い立った瞬間から現れるそうです。

ある神職の方から教えていただきました。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

鉾と朱印6-30-H30.jpg
miko.jpgしおり11-7-H29.jpg大地主の神様.JPG楠.JPGimage1.jpegプレイト2種11-7-H29.jpg交通安全お守り1-28-H29.jpg御百度帳ハンカチ3-31-H30.jpg御札と暦3-31-H30.jpg巫女ストラップとブロマイド3-31-H30.jpg巫女キーホルダーと朱印帳3-31-H30.jpgお守り各種3-31-H30.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg朱印帳3種6-1-H30.jpg朱印ファイルとしおり6-1-H30.jpgお守り各種6-4-H30.jpg鈴持ち巫女キーホルダー6-1-H30.jpg新巫女キーホルダー6/7/H30.jpg絵馬二種類7-7-H30.jpg巫女スタンプと朱印5-10-H30.JPG朱印2種類.jpg
posted by miya at 06:37| Comment(0) | 神主からの言葉

幸せの見つけ方

ある神職の方から教えていただきました。

幸せは、あたしたちが幸せだと感じる思考にすべての意識を向け、幸せにしない思考を無視することにより訪れるそうです。

意識的に思考を選択することが重要だそうです。

絶望的な状況などないそうです。

幸せを感じる思考へと意識を向けるとき、あたしたちは幸せと感じるだけでなく、あたしたちの人生におけるあらゆる環境が良い方向へと変わり始めるそうです。

あたしたちの現状はこれまでに考えてきたことの結果だそうです。

思考と気分を変えることによって、あたしたちの人生全体を変えることができるそうです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

お守りの記事3-8-H30.JPG
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpgしおり11-7-H29.jpg交通安全お守り1-28-H29.jpg御百度帳ハンカチ3-31-H30.jpg巫女キーホルダーと朱印帳3-31-H30.jpg巫女ファイル5種類 5-21-H30.jpg鈴持ち巫女キーホルダー6-1-H30.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg朱印ファイルとしおり6-1-H30.jpg巫女清楚キーホルダー5-23-H30.jpgお守り各種6-4-H30.jpg絵馬二種類7-7-H30.jpg神社年鑑記事5-6-H30.JPG
posted by miya at 06:33| Comment(0) | 神主からの言葉

正中

正中(せいちゅう)に付きましてご質問を頂きました。

神社の境内の参道や、拝殿などの真ん中を正中(せいちゅう)と云い、神様が通られる道なので、正中は遠慮して人間は通らないようにと言われています。

人によりましては、神様は道を進まれないから気にしなくてよいとか、ご神前の鈴は真ん中についているとか神職の祝詞も真ん中で奏上するので正中を気にしなくてよいとおっしゃる方もおられます。

しかし人間でも、目の前に立たれるとなんとなく身構え、逆にうっとうしくなるものです。

祝詞奏上や鈴を鳴らすなどの場合以外は、神様にお詣りするのですから、謙虚な気持ちで、神様に敬意を払らって真ん中をあけるのがよいようです。

ご参拝も正中を外して下手で参拝するのが良いとされます。

また最近は、ご存知の方がほとんどですが、鳥居の前で一礼して、鳥居をくぐられ、正中を横切られるときは、軽く頭を下げて通られるのがよいようです。

人間に置き換えると、よくわかるかもしれません。

人の前を横切るときは、『前ごめんなさい。』と、軽く会釈して通ります。

神様も同じだとお考えいただければと存じます。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


お守り各種6-4-H30.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpgしおり11-7-H29.jpg交通安全お守り1-28-H29.jpg御百度帳ハンカチ3-31-H30.jpg巫女ファイル5種類 5-21-H30.jpg鈴持ち巫女キーホルダー6-1-H30.jpg朱印帳3種6-1-H30.jpg朱印ファイルとしおり6-1-H30.jpgおみくじおまもり6-1-H30.jpg
posted by miya at 06:30| Comment(0) | 神主からの言葉