ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2018年08月02日

人間関係の鍵

ある霊能者の方から伺いました。

その人に対する見方を考えることによりネガティブな人間関係を変えることができるそうです。

相手の中に愛せるところを探すのだそうです。

あたしたちの心の持ちようと行動がすべてだそうです。

相手に求めてもどうしようもなく、自分自身に求めるのが肝要だそうです。

あたしたちが相手に対して感じていることは、あたしたちのもとに戻ってくるのだそうです。

嫌な人に会った時にはその人の中にある愛するものにだけ意識を向けるのが良いそうです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ひまわりの朱印7-29-H30.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpg朱印2種類.jpgしおり11-7-H29.jpgプレイト2種11-7-H29.jpg交通安全お守り1-28-H29.jpg御百度帳ハンカチ3-31-H30.jpg御札と暦3-31-H30.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg朱印ファイルとしおり6-1-H30.jpg絵馬3種7-14-H30.jpgおみくじおまもり7-22-H30.jpg巫女のファイルとキーホルダー7-29-H30.jpg朱印帳3種7-22-H30.jpg
posted by miya at 04:11| Comment(0) | 神主からの言葉

善きことも悪しきことも類は友を呼ぶ

悪しきことを考えますとますます心が恐怖で満たされます。

悪しきことはより一層の悪しきことを引き寄せます。

しかしその逆も真だそうです。

喜びはより多くの喜びを、平穏はさらなる平穏を、幸福感はより多くの幸せを引き寄せるそうです。

幸せは幸せな人が好きなのだそうです。

さらに、感謝すると感謝できることを、親切にすれば親切にされることを、愛すれば愛されることをより多く引き寄せるそうです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

朱印帳3種7-22-H30.jpg
qr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpgしおり11-7-H29.jpgプレイト2種11-7-H29.jpg地球の歩き方紹介11-13-H29.JPGお守りの記事3-8-H30.JPG御百度帳ハンカチ3-31-H30.jpg御札と暦3-31-H30.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg朱印ファイルとしおり6-1-H30.jpg祝箸6-5-H30.jpg絵馬3種7-14-H30.jpgお守り各種7-14-H30.jpg巫女のファイルとキーホルダー7-29-H30.jpg朱印袋7-22-H30.jpg
posted by miya at 03:55| Comment(0) | 神主からの言葉

与えて幸せを受け入れる準備をする

ある霊能者の方から伺いました。

あたし達が神様にお願いをしても、そのお願いを受け入れる準備をしなくてはならないそうです。

あたしたちが満たされていますと、いくら神様が幸せを下さろうとしてもそれを受け入れる場所がないそうです。

場所を作るには与えればよいのだそうです。

与えることは受け取るための扉を開くそうです。

何も与えるものがないといわれる方もおられますが、冷静に考えますとあたし達には与えるものがいっぱいあるそうです。

親切な言葉をかければよいのだそうです。

笑顔を投げかければよいのだそうです。

人に感謝をすればよいのだそうです。

あたし達にはたくさんの与える機会があるそうです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

巫女のファイルとキーホルダー7-29-H30.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpgしおり11-7-H29.jpg楠.JPGプレイト2種11-7-H29.jpg交通安全お守り1-28-H29.jpg御札と暦3-31-H30.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg朱印ファイルとしおり6-1-H30.jpg祝箸6-5-H30.jpg絵馬3種7-14-H30.jpgお守り各種7-14-H30.jpgおみくじおまもり7-22-H30.jpg朱印帳3種7-22-H30.jpg朱印袋7-22-H30.jpg
posted by miya at 03:46| Comment(0) | 神主からの言葉