ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2018年08月05日

自分に降りかかってくるものは最善のもの

自分に降りかかってくる一切のものは最善のものと思うのが肝要だそうです。

どんなに悪しきことが降りかかって来ましてもそれはその人にとって最善のものと思うことによって、悪しきことから見事な大輪の花を咲かせることができるそうです。

世を恨んでも自分を恨むことになります。

そんなことをするより、神様のなさることに間違いなしと自分に起こる何事にも神様のあたしたちを向上させる意志が忍んでいると考えることが重要だそうです。

それは神様への感謝であり、その感謝は神様への信頼となり、神様とあたしたちの波長を合わせることにつながるそうです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ひまわりの朱印7-29-H30.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpgしおり11-7-H29.jpg大地主の神様.JPG楠.JPGプレイト2種11-7-H29.jpg交通安全お守り1-28-H29.jpg御百度帳ハンカチ3-31-H30.jpg御札と暦3-31-H30.jpgお守り各種3-31-H30.jpg祝箸6-5-H30.jpg絵馬3種7-14-H30.jpgおみくじおまもり7-22-H30.jpg巫女のファイルとキーホルダー7-29-H30.jpg朱印袋7-22-H30.jpg朱印帳3種7-22-H30.jpg
posted by miya at 06:02| Comment(0) | 神主からの言葉

神様のお役に立つ

ある神職の方から教えていただきました。

あたしたちは神様の子供であり、神様が最も喜ばれるのはあたし達が神様のお手伝いをすることだとよく言われます。

しかし、それは布教活動をすることでも、長い間神様に手を合わせることでもないそうです。

そうではなく、鈴木正三(すずきしょうさん)がいみじくも喝破されたとおり、自分に課せられた仕事に打ち込むこと、それも精一杯頑張ることだそうです。

仕事とは、本来嘉事(よごと)であり、世のため人のためになることだそうです。

自分の仕事は神様から与えられたものと認識して頑張るのが神様のお手伝いになるそうです。

そして、仕事に違和感を持っておられる方も今自分の仕事に精を出すことにより、もっと自分に合った仕事を引き寄せることができるそうです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

神社年鑑記事5-6-H30.JPG
qr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpgしおり11-7-H29.jpgプレイト2種11-7-H29.jpg交通安全お守り1-28-H29.jpg御百度帳ハンカチ3-31-H30.jpg巫女ストラップとブロマイド3-31-H30.jpgお守り各種3-31-H30.jpg朱印ファイルとしおり6-1-H30.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpgおみくじおまもり7-22-H30.jpg朱印帳3種7-22-H30.jpg朱印袋7-22-H30.jpg巫女のファイルとキーホルダー7-29-H30.jpg巫女スタンプと朱印5-10-H30.JPG朱印帳本11-13-H29.jpg地球の歩き方紹介11-13-H29.JPGお守りの記事3-8-H30.JPG
posted by miya at 06:00| Comment(0) | 神主からの言葉

自分のものは何もない

ある神職の方から教えていただきました。

あたしたち人間には、所有欲があります。

所有欲にも良き面と悪しき面がありまして、良き面は、自分を向上させるための原動力になるということのようです。

しかしながら、悪しき面は欲に固守することにより身動きが取れなくなり、窮屈になって自由からかけ離れることだそうです。

そう言った悪しき面が出て来ました時には、この世のあらゆるものは自分のものではなく神様からの借り物ということを思い出せばよいそうです。

あたしたちの体も神様からの借り物です。

夜眠るときには、自分の体を神様にお返しすると思うと良いそうです。

さすれば老化を気にすることもなくなります。

お借りしたものですから大切に扱い、老化はお返しする兆しで、お返しするときが来ましたら、お返しして、あたしたちの本体である魂の戻り、また新しい身体をお借りして生まれ変わればよいのだそうです。

病気も気にすることはありません。

貸主の神様があたしたちの気付きのために病気を下さり、また貸主ですから見事に治してくださるそうです。

そう信じることからすべて善きことが引き寄せられてくるそうです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

朱印袋7-22-H30.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpgしおり11-7-H29.jpg交通安全お守り1-28-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg祝箸6-5-H30.jpgお守り各種7-14-H30.jpgおみくじおまもり7-22-H30.jpg巫女のファイルとキーホルダー7-29-H30.jpg
posted by miya at 05:57| Comment(0) | 神主からの言葉