ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2018年08月10日

感謝の食べ方

最近は、学校で、「いただきます」を言わないようにと教えているところもあるそうです。

様々な考え方がありますから、そこにも一理はあるのかもしれませんが、感謝をして食べ物を頂く方が、嬉しさを感じます。

すべてを当然と感じるよりも、すべては奇跡の連続で、何事にも多くの人の努力が、そして神様のお力があってこそと思い、それに対して感謝をしますと、どのような事にもありがたみが感じられ、感じるからこそ大切にします。

そして大切にしますと、嬉しさにつながり、心が嬉しさで溢れますと、前向きになれ、前向きになれますと恐怖が退きます。

「いただきます」と申し上げて、心からの喜びをもっておいしく頂くのが幸せを引き寄せる第一歩だそうです。

ある神職の方から教えていただきました。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ひまわりの朱印7-29-H30.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifsyaoku.jpgmiko.jpgしおり11-7-H29.jpg大地主の神様.JPG楠.JPG交通安全お守り1-28-H29.jpg御百度帳ハンカチ3-31-H30.jpg巫女ストラップとブロマイド3-31-H30.jpg朱印ファイルとしおり6-1-H30.jpg絵馬3種7-14-H30.jpgお守り各種8-6-H30.jpg巫女朱印帳と朱印袋8-6-H30.jpg朱印袋としおり8-6-H30.jpg
posted by miya at 09:25| Comment(0) | 神主からの言葉

運命は変えられる

生まれる場所など宿命は変えられませんが、運命は如何様にも変えることができるそうです。

決められた未来というのはなく、どのような未来を選ぶかは自分次第だそうです。

日本一の、観相家といわれた水野南北は、幼少の頃、稀にみる悪相・凶相の持ち主だったそうです。

しかし、その運命を自らの努力で克服し、自分自身観相家として大成され、善き人生を歩まれたそうです。

国学の四大人の一人平田篤胤翁も悪相を克服された方として夙に有名です。

どんなに悪運であっても、神様を信じて、神様の道に違うことなく努力なさると良運・強運に変えることが可能だそうです。

すべてはあたしたちの幸運への種子とすることができるそうです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

巫女キーホルダー全種8-6-H30.jpg
syaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpgしおり11-7-H29.jpg朱印帳本11-13-H29.jpg地球の歩き方紹介11-13-H29.JPGお守りの記事3-8-H30.JPG神社年鑑記事5-6-H30.JPG御札と暦3-31-H30.jpg巫女ストラップとブロマイド3-31-H30.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg絵馬3種7-14-H30.jpgおみくじおまもり7-22-H30.jpgお守り各種8-6-H30.jpg巫女朱印帳と朱印袋8-6-H30.jpg朱印袋としおり8-6-H30.jpg
posted by miya at 09:22| Comment(0) | 神主からの言葉

周りに惑わされず我が道を行く

最近は、各種のメディアにより人と人とのつながりが多くなってきております。

これには良き面がありますが、その一方悪しき面として周りの人の考えや流行に知らず知らず流されるというきらいがございます。

例えば科学で証明できないものは信じないという風潮がございます。

しかし、科学者に伺いますと、科学で分かっているのはほんの一握りのことだそうです。

さすれば、「神様や思いやりなど、目に見えないものを大切にする」ということも重要です。

人の迷惑になることはなりませんが、そうでなければ人の目を気にしすぎず、自分で神様の御心に沿うと思ったことはどんどん実行することが肝要のようです。

何事も神様、ご先祖様のおかげと感謝し、神様やご先祖様、周りの人が喜ぶようなことをして徳を積むことが、御霊磨きにつながるそうです。

逆に、周りの人が神様の御心に反するような行動をされていたとしてもそれに惑わされることなく、自分はひたすら徳を積むということが肝要だそうです。

周りの人が神様、ご先祖様に感謝していなくても、自分は感謝して生きる。周りの人が他人に迷惑をかけていても、自分は絶対にしないという気概が重要だそうです。

他人の方の行動よりも、毎日、自分が神様の御心にそった真実の行いができているかどうかを一番意識する必要があるそうです。

ある神職の方から教えていただきました。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

お守り各種8-6-H30.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpgしおり11-7-H29.jpg交通安全お守り1-28-H29.jpg御百度帳ハンカチ3-31-H30.jpg御札と暦3-31-H30.jpg巫女ストラップとブロマイド3-31-H30.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg朱印ファイルとしおり6-1-H30.jpg巫女清楚キーホルダー5-23-H30.jpg祝箸6-5-H30.jpg絵馬3種7-14-H30.jpgおみくじおまもり7-22-H30.jpg朱印袋としおり8-6-H30.jpg巫女ファイル8-6-H30.jpg
posted by miya at 09:18| Comment(0) | 神主からの言葉