ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2018年10月06日

ノーベル賞

京都大学の本庶佑(ほんじょたすく)教授がノーベル賞を受賞されました。

とても素晴らしく、勇気と希望を頂けます。

記者会見で、何度も「疑うことが重要」とおっしゃっていたのが印象的でした。

「教科書も疑うのが良い」、との由。

それに対して、同じくノーベル賞の受賞者である京都大学の山中伸弥が、「形を学ぶのに教科書は重要だが、形を固めた後で疑うことが新たな発展につながる」とおっしゃったのが印象的でした。

それでは何物も信じられないかと申します、唯一信じることができ、信じるのが良いのが神様だといえます。

この世はすべてが相対的です。

それに対して唯一の絶対が神様です。

唯一絶対の神様を信じ、この世のことはすべて相対的と疑いの目を忘れることなく、悪しきことがあっても、それだけにとらわれて凹まず、悪しきことも疑って善きことを導き出すのが良いようです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
秋桜の朱印 9-30-H30.jpg
syaoku.jpgmiko.jpg大地主の神様.JPG楠.JPGしおり11-7-H29.jpg交通安全お守り1-28-H29.jpg御百度帳ハンカチ3-31-H30.jpg巫女ストラップとブロマイド3-31-H30.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg朱印ファイルとしおり6-1-H30.jpg巫女清楚キーホルダー5-23-H30.jpg祝箸6-5-H30.jpg絵馬3種7-14-H30.jpgおみくじおまもり7-22-H30.jpg交通安全ストラップ9-7-H30.jpg朱印袋としおり8-6-H30.jpg巫女ファイル8-6-H30.jpg巫女キーホルダー全種8-6-H30.jpgお守り各種8-6-H30.jpg
posted by miya at 02:46| Comment(0) | 神主からの言葉

塩谷医師

東京帝国大学医学部出身の塩谷信男医師は、平成14年に100歳になられた時、「100歳だからこそ、伝えたいこと」(サンマーク出版)を上梓されました。

その中で、次のように語っておられます。

「百年生きて言えることは、いつも明るく、前向きに、愚痴をこぼさず、感謝の気持ちをもって、『こうなるんだ』と断定的に思い込むと、100%実現する」、との由。

人生の達人で、100歳まで元気に生きてこられた方からこそ言える箴言であり、とても勇気をもらえる言葉だと思います。

あたしたちは、一人で生きられるものではなく、自然や周囲の人々の助け、そして神様によって生きている、否、生かされているのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
七色鱗型お守り6-1-H30.jpg
qr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg朱印帳本表紙11-13-H29.jpgお守りの記事3-8-H30.JPGお守りの本表紙3-8-H30.JPG神社年鑑記事5-6-H30.JPGしおり11-7-H29.jpg交通安全お守り1-28-H29.jpg交通安全ステッカー9-11-H30.jpg巫女ファイル8-6-H30.jpg朱印袋としおり8-6-H30.jpg御百度帳ハンカチ3-31-H30.jpg巫女ストラップとブロマイド3-31-H30.jpg巫女スタンプと朱印5-10-H30.JPG朱印ファイルとしおり6-1-H30.jpg
posted by miya at 02:42| Comment(0) | 神主からの言葉

感謝の気持ちはストレスに勝つ

今はなじみのある「ストレス」という言葉をつくり、その概念を打ち立てたのは、カナダのハンス・セリエ博士という方だそうです。

心身に負担が長く加わり続けると病気が発生してくるというもので、これを「セリエのストレス学説」というそうです。

このストレスから逃れる最良の方法が、「感謝の気持ち」を持つことだそうです。

セリエ博士ご自身がガンにかかられたそうですが、西洋医学の治療を否定し、「自分はストレスの多い生涯を送ったので、ストレスを取ることで何とかガンを克服したい」と様々な方法を試みられたそうです。

最後に、「感謝の気持ちを持つことが心を安寧にし、ストレスを取るのに一番大切」と悟られ、毎日、周囲の人たち、自然、神様、自分の置かれている環境などに「感謝の気持ち」を持って生活されたそうです。

そして見事にがんを克服された由です。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
巫女ファイル8-6-H30.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpgしおり11-7-H29.jpg御百度帳ハンカチ3-31-H30.jpg御札と暦3-31-H30.jpg巫女ストラップとブロマイド3-31-H30.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg祝箸6-5-H30.jpg
posted by miya at 02:39| Comment(0) | 神主からの言葉