ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2018年11月30日

紅葉の朱印

毎月毎に、従来の京都大神宮の朱印に加えまして、ご希望の方に捺させて頂いている朱印、11月は、「紅葉」でしたが、本日までとなりますので、ご希望の方は、ご注意ください。

明日12月からはまた新しい朱印となります。

また、12月は、書置きの朱印の授与も検討中です。

ご質問を頂く、京都駅で展示中の京都の社寺の朱印と朱印帳の展示も本日までのようです。

京都はここ数日11月下旬とは思えないような温かさです。しかしながら、朝夕はさすがに寒いようです。

気温の落差が大きいようですので、体調管理にごご留意ください。

皆様のご参拝をお待ちしております。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
紅葉の朱印10-28-H30.jpg
syaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg楠.JPG朱印2種類.jpgしおり11-7-H29.jpg交通安全お守り1-28-H29.jpg御札と暦3-31-H30.jpg巫女スタンプと朱印5-10-H30.JPG巫女清楚キーホルダー5-23-H30.jpgおみくじおまもり7-22-H30.jpg交通安全ストラップ9-7-H30.jpg交通安全ステッカー9-11-H30.jpgお守りカレンダー10-24-H30.JPG祝い箸11-6-H30.jpg絵馬としおり11-6-H30.jpgお守り各種11-6-H30.jpgキーホルダーとハンカチ11-6-H30.jpg朱印帳と朱印帳袋11-6-H30.jpg
posted by miya at 04:16| Comment(0) | 神主からの言葉

火事場の馬鹿力

「火事場の馬鹿力」という言葉があります。

火事のときに、自分にはあると思えない大きな力を出して重い物を持ち出したりすることから、切迫した状況に置かれると、普段には想像できないような力を無意識に出すことのたとえです。

ただ、切迫しているだけではこの力は出ないそうです。

「私にこれができるかしら」などと思ってしまえば、決して持てないそうです。

つまり我に返ると出来ないのだそうです。

逆にこれをやるしかない、という思い以外に何もなければ、そのことが出来るのだそうです。

人間には、あたしたちが考える以上の潜在能力があるそうですが、「我に返る状態」つまり、普通の状態ではその力を自分自身で抑制しているのだそうです。

あたしたちに力がないのではなく、あたしたち自身でその力を出ないように止めているのだそうです。

敷衍しますと、あたしたちが夢中に、必死に取り組みますと出来ないことはないそうです。

このことはあたしたちに勇気を与えてくれます。

あたしたちに出来ないことはないとの証明ですから。

神様の子供のあたしたちに不可能なしだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
朱印帳表1&4 11-10-H30.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPG朱印帳本表紙11-13-H29.jpg朱印帳本11-13-H29.jpg地球の歩き方紹介11-13-H29.JPGお守りの記事3-8-H30.JPG神社年鑑記事5-6-H30.JPG交通安全お守り1-28-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpgおみくじおまもり7-22-H30.jpgお守り各種11-6-H30.jpgキーホルダーとハンカチ11-6-H30.jpg巫女ファイルと絵葉書11-6-H30.jpg合格お守り他11-21-H30.jpg朱印帳と朱印帳袋11-6-H30.jpg
posted by miya at 04:08| Comment(0) | 神主からの言葉

幸せの確率も心配の確率もみな同じ

存じ上げているお医者様から興味深い話を伺いました。

重篤な病気の患者さんが、今後の不安から身の辛さを訴えられと、その患者さんのお気持ちを察していろいろと励まされるそうです。

その中で、随分症状の悪い患者さんに、「お辛いお気持ちはよくわかりますが、次の瞬間亡くなるかそうでないかの確率は、病気の方もそうでない方も一緒です。逆に次の瞬間幸せになるか不幸せになるかの確率も、病気や悩みを持つ持たないに関わらず一緒です。次の瞬間どうなるかを考えて暗くなるより、病気のあるなしに関わらず、今この瞬間は、生きているのですから今この瞬間を精一杯楽しまれたらいかがですか。次の瞬間を悩むより、楽しむ瞬間・瞬間を積み上げていけば、幸せの長さが増えますよ。」、と申し上げられたところ、その患者さんの目が輝いたそうです。

神道でいう中今の考え方にもつながるようです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
お守り各種11-6-H30.jpg
110531_163358.jpg楠.JPG朱印2種類.jpg交通安全お守り1-28-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女清楚キーホルダー5-23-H30.jpgおみくじおまもり7-22-H30.jpg交通安全ステッカー9-11-H30.jpg祝い箸11-6-H30.jpg朱印帳と朱印帳袋11-6-H30.jpgキーホルダーとハンカチ11-6-H30.jpg合格お守り他11-21-H30.jpg
posted by miya at 04:05| Comment(0) | 神主からの言葉