ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2018年12月03日

心と体は繋がっている

とても興味深いお話を伺いました。

ある方は、まだ40代後半という若さにも関わらず、それまでなさった身体の酷使と不健康な生活で、気付かれたら余命3ヶ月の末期癌にかかっていることを告知されたそうです。

酷く落ち込まれ、食事ものどを通らなくなられたそうですが、悲しんでいてもしょうがないので残りの人生をどうしようかと考えられたそうです。

離婚もなさっています。

そのほかの問題や悩みも随分と抱えておられたそうですが、あと3ヶ月しかないのなら、すべての悩みや問題も棚上げにして、心機一転やりたいことをして死のうと決心されたそうです。

余命のことは黙って友人たちからお金を借りまくって海外旅行に出られたそうです。もちろんお金を返すつもりもなく、野垂れ死でもして客死しようと考えられたそうです。

それまで行きたくても行けなかった海外の観光地をまわり、病気のことはすっかり忘れ、毎日面白おかしく過ごされたそうです。

そろそろ3ヶ月が過ぎようとしたそうですが、体調に変化もなく、不思議に思いながら、旅費が尽きたので一旦帰国されたそうです。

病院を訪ねて体調が悪くならないことを告げて検査をされたところ、癌が完全に消えていたそうです。

担当医もビックリされたそうでが、それを聞いた本人も真っ青になられたそうです。

友人から借りた膨大な借金が頭にのしかかり、これからどうして生きようかと思われたそうです。

病気のことを忘れ、心の底から面白おかしく暮らすうちに体内の免疫細胞も浮かれ出して、元気を取り戻し、癌細胞を食いつぶしたようだそうです。

この方は、50代後半で再婚し、還暦で男の子を授かられ、今も元気に仕事をして友人に借金を返済されているそうです。

心と体は繋がっていることが良く分かったとおっしゃっているそうです。

心が明るくなれば、あたしたちが本来持ってている力が最高に発揮されるのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
年越の大祓朱印12-1-H30.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPG朱印2種類.jpgしおり11-7-H29.jpg交通安全お守り1-28-H29.jpg御札と暦3-31-H30.jpg巫女スタンプと朱印5-10-H30.JPG七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女清楚キーホルダー5-23-H30.jpgおみくじおまもり7-22-H30.jpg交通安全ストラップ9-7-H30.jpg絵馬としおり11-6-H30.jpgお守り各種11-6-H30.jpgキーホルダーとハンカチ11-6-H30.jpg巫女ファイルと絵葉書11-6-H30.jpg朱印帳表1&4 11-10-H30.jpg合格お守り他11-21-H30.jpg12月椿の朱印12-1-H30.jpg大祓人型6-4-H30.jpg南天12-1-H30.jpg南天の書置き朱印12-1-H30.jpg
posted by miya at 03:08| Comment(0) | 神主からの言葉

悪い念は神様に引き取って頂く

体の汚れは洗えば落ちますし、部屋の汚れは掃除するときれいになります。

さすれば、あたしたちの心の汚れや悪い念はどのように取り除くかと申しますと、祈念して神様に引き取って頂くのだそうです。

気分がさえないときや悪しきことが続きますときには、神社で清祓のご祈祷をして頂くと気持ちがすっきりいたします。

しかしながらこの時、祈祷をいたしました神職がその悪しき念を受けてしまうことがあります。

とても効果のある清祓をなさる神職の方に伺いますと、参拝なさった方はそのあとすっきりとして帰られるのだそうですが、この神職の方は、その後階段から転げ落ちたり、けがをされたりすることがとても多いのだそうです。

そのため、この神職の方は、清祓をなさった夜の入浴の際、大祓詞を唱えて潔斎をされ、撤下塩で身を清められ、悪しき念を神様に引き取ってもらわれるのだそうです。

そうしますと、その後からは災難が襲ってくることはないそうです。

左様に神様に悪しき念を引き受けていただくと、神様は大祓詞の最後の方にありますように、悪しき念を祓清めてくださるそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
12月椿の朱印12-1-H30.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpgしおり11-7-H29.jpg朱印帳本表紙11-13-H29.jpg朱印帳本11-13-H29.jpgお守りの記事3-8-H30.JPG神社年鑑記事5-6-H30.JPG交通安全お守り1-28-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg交通安全ステッカー9-11-H30.jpgお守り各種11-6-H30.jpgキーホルダーとハンカチ11-6-H30.jpg巫女ファイルと絵葉書11-6-H30.jpg合格お守り他11-21-H30.jpg朱印帳と朱印帳袋11-6-H30.jpg朱印帳表1&4 11-10-H30.jpg
posted by miya at 03:03| Comment(0) | 神主からの言葉

一つの病気は治るそうですが

ある霊能者の方から面白い話を伺いました。

世の中には本当に不思議な方がおられるもので、この方が祈念されると軽い病は治るのだそうです。

ところが次のような経験をしばしばなさったそうです。

それは、例えば夜尿症の子供に暗示を使われるとすぐに症状は治まるそうですが、元の原因に手を付けずに、ただ夜尿症にフタをしてしまったせいで、子供によりましては、中耳炎になったり、盗み癖が出たりするそうです。

この場合の根本原因は、親が子供につらく当たり続けていたことだそうです。

逆に申しますと、全く病気に関係のないことが病気の原因となることが多々あるそうで、その中でも最も注意すべきは心の病だそうです。

明るい心を持つようにいたしますと病気と無縁の身体になるのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
大祓人型6-4-H30.jpg
miko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg交通安全お守り1-28-H29.jpg御札と暦3-31-H30.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpgおみくじおまもり7-22-H30.jpg交通安全ストラップ9-7-H30.jpgお守りカレンダー10-24-H30.JPG祝い箸11-6-H30.jpg絵馬としおり11-6-H30.jpgお守り各種11-6-H30.jpg巫女ファイルと絵葉書11-6-H30.jpg朱印帳表1&4 11-10-H30.jpg合格お守り他11-21-H30.jpg
posted by miya at 03:00| Comment(0) | 神主からの言葉