ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2019年01月11日

魂は生き通し

ある霊能者の方から教えていただきました。

あたしたちが認識すべきこと、そして宗教があたしたちに示したい最重要なものの一つは、「魂は生き通し」で決して死ぬことはない、このことに尽きるのだそうです。

そして、これが認識でき、確信できれば、人生におけるすべての問題も解決できるのだそうです。

あたしたちの生命には、「始まり」もなければ、「終わり」もなく、現在の意識の状態の中で、一時に一つの生命を経験するだけだそうです。

これを敷衍しますと、逆にこの世の出来事、善きことも悪しきこともあたしたちの御霊磨きの磨き砂であり、あたしたちの永遠の魂に対してすべて限定的で、過ぎ去るものだそうです。

また、あたしたちの魂が生き通しならば、永遠の時間の流れの中であたしたちが求めるものを何時かは必ず経験でき、嫌なことは必ず過ぎ去るのだそうです。

何も心配せず、恐れず、大河の如く永遠の神様への道を楽しめばよいのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
はつはる書置き朱印 12-30-H30.jpg
syaoku.jpg楠.JPG朱印2種類.jpg交通安全お守り1-28-H29.jpg御札と暦3-31-H30.jpg巫女スタンプと朱印5-10-H30.JPG七色鱗型お守り6-1-H30.jpg祝い箸11-6-H30.jpg絵馬としおり11-6-H30.jpgお守り各種11-6-H30.jpgキーホルダーとハンカチ11-6-H30.jpg巫女ファイルと絵葉書11-6-H30.jpg朱印帳表1&4 11-10-H30.jpg合格お守り他11-21-H30.jpg御百度帳8-1-H29.jpg猪の朱印1-1-H31.jpg
posted by miya at 01:13| Comment(0) | 神主からの言葉

受験シーズン

もうすぐ受験シーズンですね。

受験生の皆様は最後の追い込みをされていると思います。

皆さん、ご希望の学校に合格されるように心よりご祈念申し上げます。

合格を神様にご祈願されるのも良いと思います。

出来る限りの努力をなさって、神社にご祈念され、「自分のできることはすべてやったので、自分がやったことの成果が現れます様に」とご祈念されるのが良いそうです。

ただ、「どの学校に入れて下さい」、と努力もなさらずに祈念されても、それはただの我儘で、その方よりも努力をなさった方を犠牲にすることになり、神様はすべての方の幸せを考えられるので、そのようなお願いには応えて下さいません。

しかし、自分の努力の成果をすべて出せますようにとのお願いは、我儘ではなく、神様は努力をなさる方には必ず助け船を出してくださるそうです。

ある方は、試験会場で緊張して頭が真っ白になられたそうですが、その時、参拝された時の社殿のことなどを思い出されたところ、不思議に緊張がほぐれ、身体が温かくなり、忘れていたことが思い出され、見事に合格なさったそうです。

ある神職の方から教えていただきました。

大変なときだと思います。

悔いの残らぬよう、頑張ってください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
猪の朱印1-1-H31.jpg
qr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gif巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg朱印帳本表紙11-13-H29.jpg朱印帳本11-13-H29.jpgお守りの記事3-8-H30.JPG神社年鑑記事5-6-H30.JPGしおり11-7-H29.jpg交通安全お守り1-28-H29.jpg御札と暦3-31-H30.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg交通安全ストラップ9-7-H30.jpg朱印帳と朱印帳袋11-6-H30.jpgお守り各種11-6-H30.jpgキーホルダーとハンカチ11-6-H30.jpg合格お守り他11-21-H30.jpg御百度帳8-1-H29.jpg
posted by miya at 01:10| Comment(0) | 神主からの言葉

困難なときは神様に近づくとき

すべては神様が創られました。

神様は善の塊であられるので、神様が創られることに悪しきことは何一つありません。

もともと悪しきことへの思いを持たれていないからです。

それでは、あたしたちにとって辛いこと、嫌なことは何のためにあるかと申しますと、そのひとつは、神様の扉をノックするきっかけのためだそうです。

あたしたちは、辛い時には、助けを求めます。

その助けの最大のものは、神様からのものです。

神様は、求めれば必ず応えて下さいます。

そこに神様とのつながりができます。

さすれば、辛いこと、嫌なことが起こった時には、これも善きことへのきっかけと捉え、良い機会にして神様とのつながりを深めるのが良いそうです。

ある霊能者の方から教えていただきました。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
おみくじおまもり7-22-H30.jpg
110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPG朱印2種類.jpgしおり11-7-H29.jpg交通安全お守り1-28-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg祝い箸11-6-H30.jpg絵馬としおり11-6-H30.jpgキーホルダーとハンカチ11-6-H30.jpg朱印帳表1&4 11-10-H30.jpg合格お守り他11-21-H30.jpg交通安全ステッカー9-11-H30.jpg交通安全ストラップ9-7-H30.jpg
posted by miya at 01:02| Comment(0) | 神主からの言葉