ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2019年02月25日

霊を遠ざけるには

霊能者の方に伺いますと、一部の呪縛霊などを除きますと、あたしたちに悪さをする霊はないそうです。

ただ、寂しいため、或いは、愛情を求めて愛情深い方の周辺に寄って来る霊はあるそうです。

従いまして、霊を遠ざける必要なありませんし、あたしたちの背後霊があたしたちを護って下さっているので、心配ご無用だそうです。

しかし気になる方もありますので、その場合には、神棚にお供えなさった塩を交換なさるときにお供えなさった塩を撤下塩として、身体に振りかけて祓う、或いは、入浴の際にお酒を少し湯船に入れなさって、「祓へ給へ、清め給へ」と唱えながら入られるのが良いようです。

また、嫌な雰囲気のところでは、「祓詞」や「大祓詞」を唱えられるのが肝要です。

ただ、常に神様を思い、神様に感謝なさっている方は、神様を身近に感じることが出来、実際神様が護って下さっていますので、まず、心配や恐怖を放逐し、「自分は神の子心配なし」と思われるのが何より重要だそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
梅の花2-24-H31.jpg
syaoku.jpgmiko.jpg大地主の神様.JPG楠.JPG朱印2種類.jpg御札と暦3-31-H30.jpg巫女スタンプと朱印5-10-H30.JPG七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女清楚キーホルダー5-23-H30.jpgおみくじおまもり7-22-H30.jpg絵馬としおり11-6-H30.jpgお守り各種11-6-H30.jpgキーホルダーとハンカチ11-6-H30.jpg朱印帳表1&4 11-10-H30.jpgお守り各種1-26-H31.jpg梅の朱印巫女付き2-1-H31.jpg節分と早春書置き朱印2-1-H31.jpg巫女ファイル他 2-10-H31.jpg
posted by miya at 03:19| Comment(0) | 神主からの言葉

書置きの朱印

昨日京都は、ずいぶんと気温も上がり、観光日和となりました。

京都大神宮にもたくさんの方にお参り頂き、有難うございました。

書置きの朱印に付きましてお問い合わせを頂いております。

書置きの朱印は、2種類ともまだ若干ございますので、ご希望の方は、社務所でお申し付けください。

なお、2種類の書置きの朱印と、今月捺させて頂いている「梅の朱印」は、今月末までとなりますので、ご注意ください。

3月からは違ったものとなります。

皆様のご参拝をお待ちしております。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
節分と早春書置き朱印2-1-H31.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg朱印帳本表紙11-13-H29.jpg神社年鑑記事5-6-H30.JPG御札と暦3-31-H30.jpgおみくじおまもり7-22-H30.jpgお守り各種11-6-H30.jpgお守り各種1-26-H31.jpg梅の朱印2-1-H31.jpg梅の朱印巫女付き2-1-H31.jpg
posted by miya at 03:16| Comment(0) | 神主からの言葉

祖霊舎

祖霊舎に付きましてご質問を頂いております。

仏教の仏壇に当たりますのが神道では祖霊舎となります。

神棚を設置されている御家庭は多いようですが、祖霊舎も作られ、神棚と同様に毎日手を合わされるのが肝要です。

仏教の位牌に当たりますものを神道では霊璽と申します。

神葬祭をなさった方は、霊璽を置かれておられますが、最近小林麻央さんのことで話題になりましたように、位牌から霊璽に御霊遷しをいたしましてまして、祖霊舎にお祀りすることもできます。

詳しくお知りになりたい方は、お近くの神社、或いは当宮の社務所にお問い合わせください。

神道では、神様と同時に祖先を大切に致します。

神様と同時に祖先にも護られていると感じながら過ごす毎日は、恐怖を遠ざけ、安心を頂けます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
御札と暦3-31-H30.jpg
キーホルダーとハンカチ11-6-H30.jpgおみくじおまもり7-22-H30.jpg巫女スタンプと朱印5-10-H30.JPGしおり11-7-H29.jpg巫女座り.jpg巫女ファイル他 2-10-H31.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg
posted by miya at 03:14| Comment(0) | 神主からの言葉