ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2019年02月02日

巫女の朱印の捺印についてお詫びと訂正

昨日のブログで、2月の「節分」と「早春」の書置きの朱印に、ご希望の方には、「巫女の朱印」を捺させていただきますと記しましたが、これは間違いで、正しくは、通常の朱印(2月は、「梅」の朱印)の方です。

お詫び申し上げ、訂正させていただきます。

通常の朱印には、ご希望の方に「巫女」の朱印を捺させていただきますが、書置きのものには、捺させて頂くことが出来ませんのでご注意ください。

京都は、寒さも昨日までで本日からは暖かくなる由です。

皆様のご参拝をお待ちしております。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
梅の朱印巫女付き2-1-H31.jpg

syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg朱印2種類.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg巫女スタンプと朱印5-10-H30.JPG七色鱗型お守り6-1-H30.jpgおみくじおまもり7-22-H30.jpg朱印帳表1&4 11-10-H30.jpg御百度帳8-1-H29.jpg福豆1-24-H31.jpgお守り各種1-26-H31.jpg御朱印帳各種1-26-H31.jpg梅の朱印2-1-H31.jpg
posted by miya at 02:21| Comment(0) | 神主からの言葉

三種の神器

三種の神器のストラップに付きましてお問い合わせを頂いております。

現在も授与しておりますので、ご希望の方はご参拝の折、社務所でご覧ください。

ところで、三種の神器とは、天孫降臨の際に、瓊瓊杵尊が天照大神から授けられたという鏡・玉・剣のことをさします。

つまり、天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)または草薙の剣(くさなぎのつるぎ)、八咫鏡(やたのかがみ)そして、八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)です。

今年の5月1日には、皇位継承の証しを引き継ぐ「剣璽等承継の儀」を開かれ、三種の神器のうち剣と璽(じ=まがたま)、公務で使う天皇の印の御璽(ぎょじ)、国の印の国璽(こくじ)が新帝に引き継がれます。

もちろん実物は拝見できませんが、箱に入り布で覆われたものを拝見することが出来ます。

なお残る神器の鏡は伊勢神宮にあり、皇居・宮中三殿に分身が置かれています。

御璽は天皇の署名がある詔書や法律、条約などに、国璽は勲章の証書である勲記にそれぞれ押されて使われます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
お守り各種11-6-H30.jpg節分と早春書置き朱印2-1-H31.jpg交通安全お守り全種1-26-H31.jpgお守り各種1-26-H31.jpg朱印帳表1&4 11-10-H30.jpgキーホルダーとハンカチ11-6-H30.jpgおみくじおまもり7-22-H30.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg交通安全お守り1-28-H29.jpg神社年鑑記事5-6-H30.JPGお守りの記事3-8-H30.JPG朱印帳本表紙11-13-H29.jpgしおり11-7-H29.jpg朱印2種類.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpgqr_guide_sanpai.gif
posted by miya at 02:12| Comment(0) | 神主からの言葉

厄年=役年

厄年は、必ずしも悪い年ではなく、「お役」が回ってくる年であり、忙しくなり、疲れなどから身体を壊しやすいため、気を付ける年というところから、敷衍して、悪い年へと変貌したようです。

それでは、その「役」ですが、仕事、人間関係など様々なことが考えられていますが、もともとは、神事・祝い事に関わるものであったようです。

このことは、民俗学の泰斗・柳田邦男氏たちの調査により明らかになっているようです。

また、かつての生活では、神事や祝い事に先立ち、「いみごもり」をしたものでした。

その「いみ」の解釈が斎戒から忌避すべきものと考えるようになったと考えられます。

そこで、「前厄」、「本厄」、「後厄」を祭りや祝い事に伴う、「見習い期間」、「本番の期間」、そして、「後見役の期間」と捉えれば、三年続く意味が納得できます。

さすれば、「やくどし」の期間は、慎みの生活・神様を敬う期間と考えて、産土の神様を祀られている神社や行き遭う神社に挨拶を欠かさないように心がければ、寧ろ大いに護って戴ける年回りであるようです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
福豆1-24-H31.jpg
110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPG朱印2種類.jpgしおり11-7-H29.jpg巫女スタンプと朱印5-10-H30.JPG七色鱗型お守り6-1-H30.jpg朱印帳表1&4 11-10-H30.jpg交通安全お守り全種1-26-H31.jpgお守り各種1-26-H31.jpg
posted by miya at 02:07| Comment(0) | 神主からの言葉