ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2019年02月15日

機械にも魂を

神道では、人間や動物のみならず、石にも、海にも、家にも、そしてそこから敷衍して機械にも魂が宿ると考えます。

日本人は、工場で使っている機械にも名前を付けて大切に扱いますが、海外の方は驚かれるようです。

また、人工衛星の「はやぶさ」が長い旅を経て地球に帰還し、大気圏で燃え尽きた時、多くの日本人は、「おかえり」とその長旅を賞賛し、燃え尽きることに友人が亡くなる事に対するのと同じような悲しい感情を抱きます。

海外では機械やロボットは怖いもの、人間から仕事を奪うもの、あるいは人間に対抗するものと捉える方が多いようですが、日本では鉄腕アトムのように親しい友人と捉えます。

今話題のディープラーニングやニューラルネットワークを研究しておられる方によりますと、今後コンピュータやロボットに対して日本人が最も親和性が高いとおっしゃいます。

これも神道の考えが日本人に生活習慣として染みついているためであり、素晴らしいことだと思います。

益々この汎神論を大切に、またさまざまのものに魂を感じ、さまざまなものも大切にしたいものです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
節分と早春書置き朱印2-1-H31.jpg
syaoku.jpgmiko.jpg楠.JPG朱印2種類.jpgしおり11-7-H29.jpg交通安全お守り1-28-H29.jpg御札と暦3-31-H30.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpgおみくじおまもり7-22-H30.jpg絵馬としおり11-6-H30.jpgキーホルダーとハンカチ11-6-H30.jpg朱印帳表1&4 11-10-H30.jpgお守り各種1-26-H31.jpg交通安全お守り全種1-26-H31.jpg梅の花 2-10-H31.jpg梅の朱印2-1-H31.jpg梅の朱印巫女付き2-1-H31.jpg
posted by miya at 02:55| Comment(0) | 神主からの言葉

意識が残る

ある臨死体験をなさった方から伺いました。

魂の永遠性と申しますが、それは端的にどういうことかと伺いますと、死んだ後でも意識が残るということだそうです。

存じ上げている臨死体験をなさった方は、心肺停止で医学的には亡くなったということになられた方です。

勿論蘇生されたのですから亡くなったと本当に言えるかどうかは難しい処ですが。臨死体験をなさった方は、医師の心肺停止という言葉も聞かれています。

その後も意識が残り、神様と思われる方や亡くなられた先祖にも遭われています。

意識は残るのですとおっしゃっています。

この体験以来、この世でやりっぱなしでよいとの思いが消えたそうです。

本当に亡くなったらどうなるのかわかりませんが、臨死体験をなさった方は、意識は残り続けることは確信したとおっしゃいます。

蘇生以後、神様は本当におられ、あたしたちを護ってくださっており、あたしたちは何も心配せず、思いっきりこの世を満喫し、この世での役目が終わったら霊界に戻り、また生まれ変わってくることをもはや信じるのではなく知ったとおっしゃいます。

話を伺っていますと死の恐怖が減り、勇気が湧いてくるような気がいたします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
御札と暦3-31-H30.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg楠.JPG朱印2種類.jpg朱印帳本表紙11-13-H29.jpgお守りの記事3-8-H30.JPG神社年鑑記事5-6-H30.JPG朱印帳表1&4 11-10-H30.jpgお守り各種1-26-H31.jpg御朱印帳各種1-26-H31.jpg梅の朱印2-1-H31.jpg梅の朱印巫女付き2-1-H31.jpg絵馬としおり11-6-H30.jpgおみくじおまもり7-22-H30.jpg巫女スタンプと朱印5-10-H30.JPG七色鱗型お守り6-1-H30.jpg
posted by miya at 02:51| Comment(0) | 神主からの言葉

ご先祖様に気を送る

ご先祖様は、神様と一緒にあたしたちをいつも護ってくださっており、また時には、神様への取次もしてくださるようです。

あたしたちは誰一人として孤独ではなく、目に見えないだけで神様や多くの霊に護られているのだそうです。

しかし、あたしたちが神様やご先祖様に良き気を送ることもでき、それは神様やご先祖様を元気づけ、その元気はあたしたちにも還元されるそうです。

神様やご先祖様への良き気の送り方は、「感謝」することだそうです。

何か少しでも良いことがありましたら、その時に、神様とご先祖様に感謝の念を送るのが良いそうです。

時には、ご先祖様があたしたちのことが気になり、浄化できないこともあるそうです。

早く浄化して頂き、生まれ変わって新しい人生を歩んで頂くためにもあたしたちは平気と安心して頂くことも重要だそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
キーホルダーとハンカチ11-6-H30.jpg
大地主の神様.JPG楠.JPG御札と暦3-31-H30.jpg巫女スタンプと朱印5-10-H30.JPG七色鱗型お守り6-1-H30.jpg交通安全お守り全種1-26-H31.jpgお守り各種1-26-H31.jpg御百度帳8-1-H29.jpg朱印帳表1&4 11-10-H30.jpg
posted by miya at 02:48| Comment(0) | 神主からの言葉