ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2019年02月22日

声を出す

声を出すことは、精神的にも、そして健康にもとても良いそうです。

確かに、健康不安や心配事がある時でも、親しい方と胸襟を開いて話をしますと、ストレスも解消し、不安もすくなくなります。

左様に声を出すことは重要だそうです。

しかし、最近は高齢者を中心に、一人暮らしの方も多く、話し相手のおられない方も多いと伺います。

人によりましては何日も声を出したことがないという方もおられる由です。

そのような方は、毎日ご神前で手を合わされ、「大祓詞」を、声を出して唱えられたら如何でしょう。

多くの神社でも神職が毎日「大祓詞」を唱えております。

不思議と、「大祓詞」を唱えますと気持ちがすっきりと致します。

ゆっくり唱えても2・3分ですが、その時だけ声を出されるだけでも随分と精神的に良いと伺います。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
節分と早春書置き朱印2-1-H31.jpg
syaoku.jpgmiko.jpg大地主の神様.JPG楠.JPG朱印2種類.jpg交通安全お守り1-28-H29.jpg御札と暦3-31-H30.jpg巫女スタンプと朱印5-10-H30.JPGキーホルダーとハンカチ11-6-H30.jpg朱印帳表1&4 11-10-H30.jpg交通安全お守り全種1-26-H31.jpg梅の花 2-10-H31.jpg梅の朱印2-1-H31.jpg梅の朱印巫女付き2-1-H31.jpg
posted by miya at 03:05| Comment(0) | 神主からの言葉

祓い

神道では、清浄を重要視します。

嫌な気持ちが続く方が清祓をお受けなさるととても気分がすっきりされるという話もよく伺います。

しかし、ある神職の方によりますと、最も簡単な清祓は掃除だそうです。

部屋で嫌な気分のところには荒塩をまかれ、窓を開け放たれて良き気を入れるようになさり、心の中で、「祓へ給へ浄め給へ」と唱えながら掃除をなさいますと、部屋がきれいに祓えますと同時に自分自身の心も祓い清めることができます。

その際に、神棚の塩・水も新しくなさり、その塩で入浴の最後に左肩・右肩・背中と塩をふりかけられ、或いは身体の気になる処にもやはり、「祓へ給へ浄め給へ」と唱えながら塩を擦りこまれますと、身も心もすっきりと致します。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
巫女ファイル他 2-10-H31.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg朱印帳本表紙11-13-H29.jpg神社年鑑記事5-6-H30.JPGしおり11-7-H29.jpg交通安全お守り1-28-H29.jpg御札と暦3-31-H30.jpg巫女スタンプと朱印5-10-H30.JPG七色鱗型お守り6-1-H30.jpgおみくじおまもり7-22-H30.jpgキーホルダーとハンカチ11-6-H30.jpg朱印帳表1&4 11-10-H30.jpgお守り各種1-26-H31.jpg御朱印帳各種1-26-H31.jpg梅の朱印2-1-H31.jpg梅の花 2-10-H31.jpgお守り各種11-6-H30.jpg
posted by miya at 03:02| Comment(0) | 神主からの言葉

深呼吸し神様の良き気を頂く

呼吸は重要だそうです。

息をしていることが生きていることの証明であるように、呼吸は、あたしたちの実存の根源だそうです。

瞑想をなさらなくても、ゆっくり深呼吸をするだけでも気持ちを落ち着かせることが出来ます。

参拝の時、お時間のある方は、ご神前に向かって、頭と口から神様の良き気を頂くことをイメージなさってゆっくりと息を吸われ、次には左後ろに向かって身体に溜まっていた嫌な気を身体から追いやるようにゆっくり息を吐かれることを二度・三度なさいますと身体が神様の良き気で満たされるような気持になり、とても心地よくなります。

一度お試しください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
御朱印帳各種1-26-H31.jpg
110531_163358.jpg大地主の神様.JPG楠.JPG朱印2種類.jpg御札と暦3-31-H30.jpgキーホルダーとハンカチ11-6-H30.jpg朱印帳表1&4 11-10-H30.jpg交通安全お守り全種1-26-H31.jpg
posted by miya at 02:57| Comment(0) | 神主からの言葉