ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2019年09月12日

今ここにいるあなた自身が最高

ある霊能者から勇気を頂ける話を伺いました。

希望を持ち、夢を持つことはあたしたちが飛躍するために重要です。

しかしながら、それは今ここにいるあたしたち自身はダメと否定することではないそうです。

まず最初に今ここにいるあたしたち自身が最高と認めることから始めなくてはならぬそうです。

そして、実際そうなのだそうです。

ダメを改善するのではなく、今も素晴らしいがもっとよくなると想うことにより希望と勇気が生まれ、恐怖が無くなるのだそうです。

自分自身を卑下することなく、讃え、感謝することが肝要だそうです。

今表面的にどのような状態にありましても、今ここでは最高なのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
おつきみと長月桔梗9-1-R1.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPG小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpg朱印2種類.jpgしおり11-7-H29.jpg御札と暦3-31-H30.jpg巫女スタンプと朱印5-10-H30.JPG七色鱗型お守り6-1-H30.jpg祝い箸11-6-H30.jpg御百度帳8-1-H29.jpg巫女ストラップ3-15-H31.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女キーホルダー・絵馬・シール他4-22-H31.jpg巫女ファイル一覧9-1-R1.jpg朱印帳と朱印袋一覧9-1-R1.jpgお守り一覧9-1-R1.jpg月見団子とうさぎ9-1-R1.jpg
posted by miya at 01:45| Comment(0) | 神主からの言葉

服忌(ぶっき)

服忌に付きまして、お問い合わせを頂いております。

御家庭にご不幸があった場合、一般的には、五十日間を忌中(きちゅう)としまして故人を偲び、神棚に半紙を貼るなどしまして、おまつりを遠慮いたします。

忌が明ければ再び神棚もおまつりし、通常の生活に戻ります。

忌の期間が正月をまたぐ場合には、忌が明けてからお神札(ふだ)を受けられるのがよろしゅうございます。

なお、親戚の方が亡くなられた場合には、お葬式を出したお家でなければ、通常のおまつりをしても問題ございません。

また、神社をご参拝なさるのも忌中の間ご遠慮なさるのがよろしゅうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
月見団子とうさぎ9-1-R1.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg朱印帳本表紙11-13-H29.jpg朱印帳本11-13-H29.jpg地球の歩き方紹介11-13-H29.JPGお守りの本表紙3-8-H30.JPGお守りの記事3-8-H30.JPGしおり11-7-H29.jpg御札と暦3-31-H30.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg御百度帳8-1-H29.jpg巫女ストラップ3-15-H31.jpg巫女ファイル一覧9-1-R1.jpg朱印帳と朱印袋一覧9-1-R1.jpg
posted by miya at 01:40| Comment(0) | 神主からの言葉

中秋の名月

十五夜とは、旧暦8月15日の夜、またはその夜の月のことを意味し、中秋の名月とも呼ばれています。

月の満ち欠けを基準とした、旧暦8月15日である十五夜は、新暦となった現在の暦と一致しません。

令和元年の十五夜は、9月13日(金)となります。

旧暦の元旦である1月1日は、現在の暦ではちょうど立春の時期にあたります。

このため、旧暦では1月からが春とされており、7月〜9月までは「秋」になります。

つまり「中秋」が、秋の中日を意味する言葉のため、中秋の名月は「8月15日の名月」を意味しています。

日本では、古来から月を愛でる習慣自体はあったようです。

しかし、十五夜を特別視してお月見するようになったのは、平安時代に伝わった中国の「中秋節」に由来するそうです。

中国での中秋節は、春節に次いで大きな祝日。3000年とも言われる中秋節の歴史は、古代の月祭りまで遡るそうで、中秋節には家族や友人を招いて、月餅を食べながら月見をする風習があったそうです。

宮中に伝わったお月見は、鎌倉時代を経て江戸時代になる頃には、農村の収穫祭と結びついて庶民に浸透し、豊かな実りの感謝を捧げ、お供え物とともにお月見をするようになったといわれています。

今週の金曜日、皆様も中秋の名月をお楽しみください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
巫女ファイル一覧9-1-R1.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPG朱印2種類.jpgしおり11-7-H29.jpg御札と暦3-31-H30.jpg巫女スタンプと朱印5-10-H30.JPG巫女清楚キーホルダー5-23-H30.jpg祝い箸11-6-H30.jpg巫女ストラップ3-15-H31.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女キーホルダー・絵馬・シール他4-22-H31.jpgお守り一覧9-1-R1.jpg朱印帳と朱印袋一覧9-1-R1.jpg
posted by miya at 01:36| Comment(0) | 神主からの言葉

2019年09月11日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉