ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2019年11月04日

想念感情を高める

ある神職の方から教えていただきました。

高きものを仰ぎ見る心は、あたしたちを一層高い状態に引き上げ、肉体的にはあたしたちを一層健康にするのだそうです。

常に正しき想念を持つ人は、最も愉快な幸福な生活を送ることが出来るそうです。

何故かと申しますと、それは万能の神様がなさっていることであり、あたしたちが神様の子供であることを思い出し、本来あたしたちに備わった、善きことを引き寄せ幸せになる力を呼び覚ますからだそうです。

毎日、神様に手を合わせ、神様を身近に感じ、神様に近づくことにより、想念感情を高める力とすることが肝要だそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
「大嘗祭」とガーベラ「霜月」の書置きの朱印11-1-R1.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpgしおり11-7-H29.jpg御札と暦3-31-H30.jpg祝い箸11-6-H30.jpg御百度帳8-1-H29.jpg巫女ストラップ3-15-H31.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女ファイル一覧9-1-R1.jpg朱印帳と朱印袋一覧9-1-R1.jpg11月パンジー 11-1-R1.jpg
posted by miya at 01:00| Comment(0) | 神主からの言葉

健康に必要な想念

健康に必要な想念は、積極的な、愉快な、明るい、親切な、感謝と満足とに満ち満ちた心だそうです。

物事を消極的に考える心の持ち方は、肉体の細胞の働きをも消極的に働かせ、従って健康に良くないそうです。

事物の暗黒面を見てはならないそうです。

愉快な心持ちで、明るい方面ばかりを見るように心掛け、常に明るく微笑んでおりますと健康に良いそうです。

もしも不健康でありましたら、不健康な想念を持ってきたからだそうです。

物事を思い煩ってはならぬそうです。

心配してはならぬそうです。

完全に神様に全託して、善き事のほかは来ないと信ずることが肝要だそうです。

ある霊能者の方から伺いました。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
11月パンジー 11-1-R1.jpg
qr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg朱印帳本表紙11-13-H29.jpg地球の歩き方紹介11-13-H29.JPG御札と暦3-31-H30.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg御百度帳8-1-H29.jpg巫女ストラップ3-15-H31.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女ファイル一覧9-1-R1.jpg朱印帳と朱印袋一覧9-1-R1.jpgお守り一覧9-1-R1.jpg交通安全ストラップ9-7-H30.jpg
posted by miya at 01:00| Comment(0) | 神主からの言葉

心の持ち方を変えると病気がなくなる

神様の子供のあたしたちには本来病気はないのだそうです。

多くの病気は心に原因があるのだそうです。

心に芽生えた凝りや心配が、この世に病気という形なって現れるのだそうです。

そうしますと、「病気はない」と思うようになさる方がおられますが、しかし、あまり効果は望めないそうです。

そうではなく、病気を引き起こす原因である心の持ち方を変える必要があるそうです。

自分の心に芽生えた凝りや心配という闇を、明るい心、微笑みなどの光を当ててなきものとすればよいのだそうです。

心が明るくなれば、結果の世界からは病気や悪しきことが消えていくのだそうです。

ある霊能者の方から伺いました。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
お守り一覧9-1-R1.jpg
110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg御札と暦3-31-H30.jpg祝い箸11-6-H30.jpg御百度帳8-1-H29.jpg巫女ストラップ3-15-H31.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女キーホルダー・絵馬・シール他4-22-H31.jpg巫女ファイル一覧9-1-R1.jpg朱印帳と朱印袋一覧9-1-R1.jpg
posted by miya at 01:00| Comment(0) | 神主からの言葉

2019年11月03日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉