ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2019年11月15日

こうせねばならぬことはない

ある霊能者の方から伺いました。

「こうせねばならなぬ」という窮屈な一本のレールの上に乗っていましたら、他人も生かされないし、自分も滅びてしまうそうです。

本当の道とは、一つに凝り固まってしまうのではなく、機に応じて縦横無尽に姿を変じ、それによりましてすべてが生かされる道でなければならないそうです。

さすればあたしたちの生活もこのような道に乗ったものである必要があるそうです。

神様は、万能ですから融通無碍であります。

ルールを作るのはよろしゅうございますがそのルールから外れるとまずいという様に凝り固まってしまいますとあたしたちの本質であります心の柔らかさが失われます。

神様の視点で行動すればどのような事でも問題なしだそうです。

ルールはあたしたちが勝手に創ったものであり、神様とは無縁です。

神様はどうなさるかと考えていればどのような道でも神様の道だそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
朱印袋三種11-13-R1.jpg

syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPG小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgしおり11-7-H29.jpg御札と暦3-31-H30.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg祝い箸11-6-H30.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女ファイル一覧9-1-R1.jpg朱印帳と朱印袋一覧9-1-R1.jpgお守り一覧9-1-R1.jpg
posted by miya at 01:40| Comment(0) | 神主からの言葉

大嘗祭の2種類の書置きの朱印授与本日で終了

昨日から授与しております「大嘗祭」の書置きの朱印ですが、本日が最終日となりますのでご注意下さい。

なお、11月1日から授与しております、「大嘗祭記念」の書置きの朱印は、まだ授与中です。

また、従来の京都大神宮の朱印に加えましてご希望の方に捺させて頂いております朱印、11月は、パンジーですが、こちらはご希望の方に11月30日迄捺させていただきます。

皆様のご参拝をお待ちしております。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
大嘗祭2種類11-13-R1.jpg
syaoku.jpgmiko.jpg楠.JPG朱印2種類.jpg御札と暦3-31-H30.jpg巫女スタンプと朱印5-10-H30.JPG七色鱗型お守り6-1-H30.jpg御百度帳8-1-H29.jpg巫女ストラップ3-15-H31.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女ファイル一覧9-1-R1.jpg朱印帳と朱印袋一覧9-1-R1.jpgお守り一覧9-1-R1.jpg交通安全ストラップ9-7-H30.jpg「大嘗祭」とガーベラ「霜月」の書置きの朱印11-1-R1.jpg朱印袋三種11-13-R1.jpg
posted by miya at 01:33| Comment(0) | 神主からの言葉

光がさせば闇は消える

ある霊能者の方から伺いました。

闇を消そうとするから苦しむのだそうです。

光がさせば闇は消えるのだそうです。

苦しい時、恐怖を心に描くとき、それは心に芽生えた闇だそうです。

しかし、神様の子供のあたしたちは、本当は、苦しみや恐怖とは無縁だそうです。

それでは、どうして無縁である苦しみや恐怖が心に宿るかと申しますと、それは神様から離れるからだそうです。

恐怖や苦しみが心に芽生えましたら、神様の子供のあたしたちに不可能なしと、神様の光を恐怖や苦しみに当てるのが肝要だそうです。

また、恐怖や苦しみは無知という闇であることもあるそうです。

さすれば、苦しみや恐怖という闇が心に宿りましたら、先人の苦難や恐怖を乗り越えられた経験談を学び、苦難や恐怖を何事も乗り越えられるという知識の光で消し去ればよいのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
「大嘗祭」とガーベラ「霜月」の書置きの朱印11-1-R1.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gif鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg朱印帳本表紙11-13-H29.jpg朱印帳本11-13-H29.jpg地球の歩き方紹介11-13-H29.JPGしおり11-7-H29.jpg御札と暦3-31-H30.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女ストラップ3-15-H31.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg朱印帳と朱印袋一覧9-1-R1.jpgお守り一覧9-1-R1.jpg朱印袋三種11-13-R1.jpg11月パンジー 11-1-R1.jpg
posted by miya at 01:30| Comment(0) | 神主からの言葉

大嘗祭

大嘗祭は、新帝がご即位の後、初めてお祭りなされる新嘗の御祭典を、特別に大祀(たいし)として厳粛盛大に行われるものです。

恒例の新嘗祭は、宮中の神嘉殿で行われますが、大嘗祭では、特別の御神域が定められ、そこに悠紀殿、主基殿をはじめとする大嘗宮が造営されます。

大嘗宮は素朴な作りになっており、きらびやかなものではありません。

大嘗宮の中で執り行われる祭事は、秘儀となっておりまして、その祭事の内容を伺い知ることはできませんが、一説には、両殿で、天皇陛下が天照大御神と食事を一緒になさるそうです。

両殿の中では、天皇陛下お一人で祭事を執り行われる由です。

大嘗宮の外の映像は放送されると思われますので、この厳粛なお祭りの一部でも味わいたいものです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
お守り一覧9-1-R1.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPG朱印2種類.jpgしおり11-7-H29.jpg御札と暦3-31-H30.jpg巫女スタンプと朱印5-10-H30.JPG祝い箸11-6-H30.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女キーホルダー・絵馬・シール他4-22-H31.jpg巫女ファイル一覧9-1-R1.jpg
posted by miya at 01:26| Comment(0) | 神主からの言葉

2019年11月14日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉