ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2019年11月21日

天国は心に

ある神職の方から教えていただきました。

心の持ち方が重要だそうです。

自分の心を少しも問題にしないで、自分の外に天国を建てようかと思っても建たないそうです。

自分以外の手段、方法を以って、外の現れをいくら良くしようと思っても良くはならないそうです。

外にばかり求めていた気持ちを、翻って、内に転じ、自分の心を治したときに、心の内に天国が建てられた時に、神様を身近に感じました時に、初めて外部にも天国が出現するのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
11月パンジー 11-1-R1.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpg楠.JPG小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpg御札と暦3-31-H30.jpg巫女スタンプと朱印5-10-H30.JPG七色鱗型お守り6-1-H30.jpg祝い箸11-6-H30.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女キーホルダー・絵馬・シール他4-22-H31.jpg巫女ファイル一覧9-1-R1.jpg朱印帳と朱印袋一覧9-1-R1.jpg交通安全ストラップ9-7-H30.jpg「大嘗祭」とガーベラ「霜月」の書置きの朱印11-1-R1.jpg
posted by miya at 00:45| Comment(0) | 神主からの言葉

大嘗祭記念の書置きの朱印

大嘗祭記念の書置きの朱印に付きまして、お問い合わせを頂いております。

毎月その月に因みました書置きの朱印を授与しておりまして、11月は、大嘗祭が斎行されましたので、「大嘗祭記念」の書置きの朱印を授与しております。

また、大嘗祭が斎行されました、11月14日と15日の二日間のみ、新たに2種類の「大嘗祭」の書置きの朱印を授与いたしました。

14日及び、15日のみに授与いたしました書置きの朱印は無くなりましたが、「大嘗祭記念」の2種類の書置きの朱印は、限定ですが、現在も授与中ですので、ご希望の方は、社務所でお申し付けください。

皆様のご参拝をお待ちしております。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
「大嘗祭」とガーベラ「霜月」の書置きの朱印11-1-R1.jpg
qr_guide_sanpai.gif鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg朱印帳本表紙11-13-H29.jpg地球の歩き方紹介11-13-H29.JPG御札と暦3-31-H30.jpg御百度帳8-1-H29.jpg巫女ストラップ3-15-H31.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女ファイル一覧9-1-R1.jpg朱印帳と朱印袋一覧9-1-R1.jpgお守り一覧9-1-R1.jpg交通安全ストラップ9-7-H30.jpg11月パンジー 11-1-R1.jpg
posted by miya at 00:42| Comment(0) | 神主からの言葉

なんでもありがたいという心

ある霊能者の方から伺いました。

病気は心に宿った不平や不満、あるいは自分で積み上げました迷いが顕現したものであることが多々あるそうです。

従いましてこの不安や不満、迷いを取り除くことによりまして病気が治ることが多いようです。

さすればどのようにして不安や不満、迷いを取り除くかと申しますと、それは、なんでもありがたいという心になることが肝要だそうです。

不平や不満は、暗い世界を見ているのですが、光の輝いている世界を見るようにすればよいのだそうです。

何が起こっても神様のなさったことだから必ずありがたいことだと、まず感謝するのが肝要だそうです。

有難い感謝の心には病の居場所はないのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
お守り一覧9-1-R1.jpg
110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPG小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpg御札と暦3-31-H30.jpg祝い箸11-6-H30.jpg御百度帳8-1-H29.jpg巫女ストラップ3-15-H31.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女ファイル一覧9-1-R1.jpg朱印帳と朱印袋一覧9-1-R1.jpg朱印袋三種11-13-R1.jpg
posted by miya at 00:39| Comment(0) | 神主からの言葉

2019年11月20日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉