ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2019年12月02日

肉体は念の影

念の力と申しますと、絵空事のように思われる方も多いようですが、実に念の力は絶大だそうです。

あたしたちの肉体は、全く念の影なのだそうです。

あたしたちが健康を念じましたら健康になり、病を念じましたら、病になるのだそうです。

しかし健康だけ念じていれば健康になるかと申しますとそうではないそうです。

あたしたちの念そのものがいつも健康な状態であることが必要だそうです。

念が健全だということは、痛いということを念じないことや、健康を念じることではなく、念そのものが大調和の状態になあることだそうです。

それはどういうことかと申しますと、あたしたちが神様の子供であることを常に認識し、神様の視点に立ってすべてを行うということだそうです。

ある霊能者の方から伺いました。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
12月雪の朱印11-30-R1.jpg
syaoku.jpg楠.JPG朱印2種類.jpgしおり11-7-H29.jpg御札と暦3-31-H30.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg祝い箸11-6-H30.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女キーホルダー・絵馬・シール他4-22-H31.jpg交通安全ストラップ9-7-H30.jpg朱印袋三種11-13-R1.jpg
posted by miya at 03:11| Comment(0) | 神主からの言葉

心の痛みを取る

ある霊能者の方から伺いました。

心が大切だそうです。

これは、言いすぎることはないほど重要なのだそうです。

心を明るく保つことが幸せの要諦だそうです。肉体の前にまず心なのだそうです。

肉体は、心の顕れなのだそうです。

さすれば、心の痛みをとることは重要だそうです。

心の痛みとは、家庭の中の不調和、人を憎む心、残念と思う心、ねたむ心、かんしゃくを起こす心などだそうです。

心の痛みが取れましたら、肉体の痛みも取れるのだそうです。

しかしこれらを無理に心が取り去ろうとしましてもなかなかできることではありません。取り去ろうとするのではなく、気にしない、無視をする、そして自分が万能の神様の子供であることを意識し、神様の子供であれば、常に明るく楽しいのだと、その明るさと楽しさで心の痛みを覆い隠すのが肝要だそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
12月雪の朱印11-30-R1.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg朱印帳本表紙11-13-H29.jpg朱印帳本11-13-H29.jpg地球の歩き方紹介11-13-H29.JPGしおり11-7-H29.jpg御札と暦3-31-H30.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg御百度帳8-1-H29.jpg巫女ストラップ3-15-H31.jpg巫女ファイル一覧9-1-R1.jpg朱印帳と朱印袋一覧9-1-R1.jpgお守り一覧9-1-R1.jpg
posted by miya at 03:04| Comment(0) | 神主からの言葉

年越大祓のための形代

時の経つのは早いもので、もう12月です。

「師走」とはよく言ったもので、何となくせわしなく感じる月です。

大晦日には、半年の間に知らず知らず身に付いた不浄を祓う、年越大祓を斎行いたします。

年越大祓では、祭事の後、皆様が納められた形代をお焚き上げして、お祓いをいたします。

形代にはご祈念なさる方の名前と数え年の年齢を書かれ、息を三回吹きかけてお納めください。

形代は、社務所でお渡ししたしますので、ご希望の方は社務所でお申し付けください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
大祓人型6-4-H30.jpg
110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPG朱印2種類.jpgしおり11-7-H29.jpg御札と暦3-31-H30.jpg巫女ストラップ3-15-H31.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女ファイル一覧9-1-R1.jpg朱印帳と朱印袋一覧9-1-R1.jpgお守り一覧9-1-R1.jpg朱印袋三種11-13-R1.jpg
posted by miya at 02:56| Comment(0) | 神主からの言葉

2019年12月01日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉