ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2019年12月03日

神様のために祈る

祈念には段階があるそうで、先ずは自分のための祈念、次には、他人のための祈念、その次は神様への感謝だそうです。

この感謝の祈りはとても素晴らしいものだそうです。

なぜなら、それは神様への絶対の信頼を示しており、神様の最も喜ばれるのが感謝だからだそうです。

しかし、存じ上げている神職の方は、同時に、「神様の弥栄」を祈念されます。

神様は、はじめも終わりもなく、万能ですが、その神様の弥栄を祈念されるのだそうです。

神様への祈念はあたしたち自身の弥栄へもつながるのだそうです。

なぜならあたしたちは神様の子供であり、親の弥栄が子供の弥栄につながるからだそうです。

ある神職の方から教えていただきました。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
年越しの大祓と水仙の書置きの朱印11-30-R1.jpg
syaoku.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg御札と暦3-31-H30.jpg巫女ストラップ3-15-H31.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女ファイル一覧9-1-R1.jpgお守り一覧9-1-R1.jpg大祓人型6-4-H30.jpg12月雪の朱印11-30-R1.jpg
posted by miya at 02:40| Comment(0) | 神主からの言葉

祖先のために祈る

あたしたちの祖先は、神様と同様にあたしたちのことを見守ってくださっています。

祖先が最も心配なさることはあたしたちが幸せに暮らしているかということだそうです。

逆に祖先が最も喜ばれるのはあたしたちが毎日笑顔を絶やさず楽しい日々を過ごしていることだそうです。

さすれば、祖先に対して、あたしたちの生活を見守ってくださいとお願いすることはよろしゅうございますが、あたしたちの悩みをあまり詳細に申し上げ、助けを乞いますと、祖先が心配なさるそうです。

そのようなお願いは神様にするのが良いそうです。

逆に祖先には、あたしたちをお守り下さることを祈念すると同時に、祖先の霊界での弥栄を祈るのが肝要だそうです。

祖先の霊界での幸せは、あたしたちの幸せにも反映されるそうです。

ある神職の方から教えていただきました。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
12月雪の朱印11-30-R1.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg朱印帳本表紙11-13-H29.jpg朱印帳本11-13-H29.jpg地球の歩き方紹介11-13-H29.JPG御札と暦3-31-H30.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg御百度帳8-1-H29.jpg巫女ストラップ3-15-H31.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女ファイル一覧9-1-R1.jpgお守り一覧9-1-R1.jpg交通安全ステッカー9-11-H30.jpg朱印袋三種11-13-R1.jpg
posted by miya at 02:36| Comment(0) | 神主からの言葉

祖霊舎設置のお勧め

神道では、先祖を大切に致します。

そのため、余裕がありましたら、各家庭に神棚とともに祖霊舎を置かれるのがよろしゅうございます。

仏教では位牌と申しますが、神道では位牌にあたりますものを霊璽と申します。

霊璽には個人のお名前を書きます。

祖霊舎は仏壇に当たるとお考え下さい。

毎日神棚とともに祖霊舎にも手を合わされるのは、心を静め、不安を取り除き、明るい毎日を送る要です。

詳細についてお知りになりたい方は、社務所でお尋ね頂くか、ホームページのお問い合わせのところからメールを頂きましたらお答えいたします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
お守り一覧9-1-R1.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg御札と暦3-31-H30.jpg巫女ストラップ3-15-H31.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg朱印帳と朱印袋一覧9-1-R1.jpg
posted by miya at 02:32| Comment(0) | 神主からの言葉

2019年12月02日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉