ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年01月05日

この世で起こることは全てお芝居

臨死体験をなさった方から面白い話を伺いました。

臨死体験をなさった時にわかったことは、この世での出来事とは、あたしたちがこの世に生を受ける前に神様と相談して、自分自身が監督となり自分で脚本を決めたことを、自分自身が主演の芝居上で演じた時に起こることだということだったそうです。

様々な善きことも悪しきことも、出来事の中でどのように演じようかと楽しめばよいのだそうです。

周りにおられる方々はすべからくあたしたちそれぞれが主演の芝居のわき役なのだそうです。

さすればそのわき役に嫌なことを言われたとしましても、本気で怒るのは筋違い、自分が主人公ですから、すべては主人公を引き立てるためのものと考え、寧ろ芝居が面白くなると感謝をすればよいのだそうです。

一喜一憂せず芝居を見事に演じ切ることに集中するのが良いそうです。

この世での生が終わることはステージから楽屋に戻るということだけだそうです。

楽屋でスタッフと演技を語るように神様と語り合い、新たなステージの準備をするのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
「子」の朱印1-1-R2.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg祝い箸11-6-H30.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女キーホルダー・絵馬・シール他4-22-H31.jpg巫女ファイル一覧9-1-R1.jpg朱印帳と朱印袋一覧9-1-R1.jpgお守り一覧9-1-R1.jpg交通安全ストラップ9-7-H30.jpg朱印袋三種11-13-R1.jpg
posted by miya at 02:23| Comment(0) | 神主からの言葉

病気は自分の心身の在り方を見直す大きなチャンス

今現在あたしたちに起こっていることは、これまであたしたちが心の中で想っていたことだそうです。

さすれば、今病気になっているのは、これまで心の中で養ってきた、恐怖や不安、怒りや悲しみなどが病気の形となって顕現したのだそうです。

老化についても同じことがいえるのだそうです。

老化とは、物理的な年齢にもまして自分が想う年齢になるということだそうです。

不安がそのまま実現するからだそうです。

確かに、年齢を重ねても考え方が若く、前向きに、果敢に動かれる方は見た目にも老けておられない方が多いようです。

さすれば、いいことを思い続けるのが良いそうですが、それが出来ないなら、いっそ考えないのが良いそうです。

最近病気について、そして病気にならないための方法が乱れ飛んでおります。

しかし、病気のことも予防のことも考えないのが病気にならない要諦、秘訣だそうです。

ある神職の方から教えていただきました。

病気を自分の心を見直すチャンスとして使うのが肝要だそうです。

さすれば、病気も有難い神様の贈り物になるそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
「子」の朱印1-1-R2.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gif鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg朱印帳本表紙11-13-H29.jpg朱印帳本11-13-H29.jpg地球の歩き方紹介11-13-H29.JPGしおり11-7-H29.jpg巫女ストラップ3-15-H31.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女ファイル一覧9-1-R1.jpg朱印帳と朱印袋一覧9-1-R1.jpg交通安全ストラップ9-7-H30.jpg朱印袋三種11-13-R1.jpg
posted by miya at 02:04| Comment(0) | 神主からの言葉

司馬遼太郎さん

国民作家と夙に呼ばれる司馬遼太郎さんですが、その御本で、面白いエピソードを挙げておられます。

司馬さんが乗客の少ない電車に乗られたところ、ある方が空いた席のど真ん中に堂々と座っておられたそうです。

しかし、司馬さんが幼少の時の思い出は、人のほとんどいない電車の中でも、隅に小さく座っている方がおられた由。

その姿は、卑屈ではなく凛としていた由です。

また、おじいさんとおばあさんが座っておられたそうですが、おじいさんがおばあさんの方を向かれるとおばあさんは、何も言わずチリ紙を御爺さんに渡され、おじいさんはそのちり紙で鼻をぬぐわれたところ、おばあさんは、何も言わずそれを受け取り、鞄にしまわれた由。

美しい映画の一シーンを見ているようだったそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
巫女ストラップ3-15-H31.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPG巫女絵葉書他4-22-H31.jpg朱印袋三種11-13-R1.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg祝い箸11-6-H30.jpg御百度帳8-1-H29.jpg
posted by miya at 01:59| Comment(0) | 神主からの言葉

2020年01月04日のつぶやき






posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉