ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年01月11日

仕事をどうとらえるか

昨今は、何事もグローバリズムの名の元に、何事も一つの見方しかしない傾向があります。

しかし、世界を見回しましても、その土地や時間によりまして、物事に対する尺度はまちまちです。

多くの場所で、太陽は、生命を与えてくれる大切なものですが、熱帯地方では悪魔と捉えているところもある由。

仕事に付きましても、労働を罰と捉えるところがある一方、日本では、働くことは自然な事、否、敷衍して楽しみととる傾向があります。

実際、天照大御神様も、機を織るお仕事をなさいます。

また鈴木正三が喝破しました通り、仕事こそ御霊磨きとも考えます。

仕事により今を犠牲にしていると考えず、今日一日、仕事が出来てありがたいと昔の日本人の感覚に戻りまして、発想の転換を図るのも肝要です。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
書置きの朱印「睦月」と「子」1-1-R2-1.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPG小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgしおり11-7-H29.jpg祝い箸11-6-H30.jpg御百度帳8-1-H29.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女キーホルダー・絵馬・シール他4-22-H31.jpg朱印帳と朱印袋一覧9-1-R1.jpgお守り一覧9-1-R1.jpg交通安全ストラップ9-7-H30.jpg朱印袋三種11-13-R1.jpg「子」の朱印1-1-R2.jpg
posted by miya at 04:03| Comment(0) | 神主からの言葉

今を犠牲にしない

ある神職の方から教えていただきました。

イソップ物語の「アリとキリギリス」ではありませんが、あたしたちの大多数は、将来のために今を犠牲にして努力しがちではないでしょうか。

確かに、より大きな目標のために努力をするというのはよいことではあります。

しかしその反面、来るか来ないかわからない将来のために、今を犠牲にする必要はないともいえます。

今を犠牲にする気持ちが大きくなりすぎますと、大きなストレスを抱えることになります。

将来の健康のために、節制するのは良いことですが、あれもダメ、これもダメとあまりに今を犠牲にしますと、ストレスが溜まり、かえって不健康になることもあるそうです。

さすれば、今できることを楽しんで一つ一つ解決するような気持で、どこかに気持ちを楽にして取り組むことが肝要だそうです。

神様はあたしたちに乗り越えられない苦悩は与えられない由。

それを認識して、努力し、且つ今を犠牲にしないのが肝要だそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
「子」の朱印1-1-R2.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gif鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpgしおり11-7-H29.jpg朱印帳本表紙11-13-H29.jpg御札と暦3-31-H30.jpg巫女ストラップ3-15-H31.jpg巫女キーホルダー・絵馬・シール他4-22-H31.jpg朱印帳と朱印袋一覧9-1-R1.jpgお守り一覧9-1-R1.jpg交通安全ストラップ9-7-H30.jpg朱印袋三種11-13-R1.jpg
posted by miya at 04:00| Comment(0) | 神主からの言葉

何とも比べず、比べるなら最低の条件と比べる

何とも比べないのが心を安定に保つ要諦だそうです。

人とも物とも過去とも未来とも比べないのが肝要です。

何とも比べずに今すべきことや仕事だけに集中しておりますれば、不満は出て来ようがありません。

心が穏やかに過ごせるということは、それだけで幸せです。

何に付きましても、一番を目指して努力することは重要です。目標があるので、高い目標があるので、人は努力をいたします。

その一方、一番が勝ちで、それ以外は負けということではないそうです。

役割の違いがあるだけだそうです。

例えばそれで得られる収入が違いましても、比べなければ不満は出ません。

しかもご神慮はあたしたちの考えを凌駕しておりまして、その時の収入があたしたちにとりまして、必要かつ十分な収入なのだそうです。

それに納得し、満足し、感謝しますと、その状態で学ぶことが終了し、収入が増えるのだそうです。

それでも比べる人は、最低の条件と比べればよいのだそうです。

さすればどれだけあたしたちが恵まれ、神様に愛され護られているかがわかるそうです。

ある神職の方から教えていただきました。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
朱印帳と朱印袋一覧9-1-R1.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPG小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgしおり11-7-H29.jpg御札と暦3-31-H30.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg祝い箸11-6-H30.jpg御百度帳8-1-H29.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg朱印袋三種11-13-R1.jpg交通安全ステッカー9-11-H30.jpgお守り一覧9-1-R1.jpg
posted by miya at 03:55| Comment(0) | 神主からの言葉

2020年01月10日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉