ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年02月14日

恥の文化と罪の文化

以前、「日本人論」で、夙に引き合いに出されたのが、米国の女性人類学者ルース・ベネディクト氏が書いた著書「菊と刀 日本文化の型」でした。

彼女はこの本の中で、日本の「恥の文化」は「他人の目」という相対的な基準であり、欧米では「罪」という絶対的な基準が人間の行動を決定していると喝破しました。

日本人は恥をかくことを嫌います。人前で恥をかきたくないため、昔から控えめが「美」とされ、これに武士道の教えも加わって、歴史的に「恥の文化」が形成されてきました。

しかし、日本の伝統である「恥の文化」は最近、薄れつつあるようです。

「恥の文化」が存在している限り、人目を気にするだけ秩序は保たれます。

また、以前は、よく、「お天道様はいつも見ておられる」といって、神様に見られて恥ずかしいことをするなと諭したものです。

しかし、日本人が「恥」を感じなくなれば、秩序のない時代に突入することが考えられます。

ベネディクト氏の「菊と刀 日本文化の型」には日本古来の階層社会が創り出した道徳観が「恩」と「義理」であるということも書いてあります。

ベネディクト氏の見方は、欧米人の見た日本人間で、実際と違っていることも多いと指摘されております。

しかし、これらの日本の文化も大切に守りたいものです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
朱印袋三種11-13-R1.jpg
巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg祝い箸11-6-H30.jpg御百度帳8-1-H29.jpg巫女ストラップ3-15-H31.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女ファイル一覧9-1-R1.jpgミニ朱印2-1-R2.jpg交通安全ステッカー9-11-H30.jpg朱印帳と朱印袋一覧9-1-R1.jpg
posted by miya at 03:38| Comment(0) | 神主からの言葉

神様の子供とただの動物

ある霊能者の方から伺いました。

あたしたちが常に意識すべきことは、あたしたちが神様の子供だということだそうです。

しかしながら、この方によりますと、あたしたちはただの物質の塊の動物以外の何物でもないとの想いを持つ方が増えてきているそうです。

この方が、二人の子供をご覧になり、一人はご両親と毎日神棚に手を合わせて、ご両親が、いつもお天道様がご覧になっていると教えられて育てられたそうです。

もう一人の方は、神棚に手を合わせることもなく、権利の主張ばかりを教えられたそうです。

どちらの親御様にもお考えがあるのでしょうから軽々に是非は問えません。

しかし、前者のお子さんは、落ち着きがあり、困難な時にも、神様に護られているので何とかなるとの余裕が感じられるようになられたそうですが、後者のお子さんは、不安で常に何かを求めようとされたそうです。

この霊能者の方は、ご自身、神様を知っておられますが、前者の方が楽な生き方が出来るし、幸せも引き寄せやすいのではとおっしゃっていました。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
お守り一覧9-1-R1.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg朱印帳本表紙11-13-H29.jpg朱印帳本11-13-H29.jpg地球の歩き方紹介11-13-H29.JPG七色鱗型お守り6-1-H30.jpg御百度帳8-1-H29.jpg巫女ストラップ3-15-H31.jpg巫女キーホルダー・絵馬・シール他4-22-H31.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg朱印帳と朱印袋一覧9-1-R1.jpg巫女ファイル一覧9-1-R1.jpg交通安全ストラップ9-7-H30.jpg
posted by miya at 03:33| Comment(0) | 神主からの言葉

2月の書置きの朱印

2月の書置きの朱印に付きまして、お問い合わせを頂いております。

毎月、その月に因んだ書置きの朱印を授与しておりますが、2月の書置きの朱印は、「節分祭」と「如月・梅」の2種類です。

限定ですが、現在も授与中ですので、ご希望の方は、社務所にてご覧ください。

京都大神宮の従来の朱印に加えまして、捺させて頂く朱印、2月は、梅と小鳥の朱印ですが、こちらは、ご希望の方に2月一杯押させて頂きます。

巫女の朱印もご希望の方に捺させて頂いております。

皆様のご参拝をお待ちしております。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
節分書置き朱印2-1-R2.jpg
梅と小鳥の朱印2-1-R2.jpg
ミニ朱印2-1-R2.jpg
朱印袋三種11-13-R1.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女キーホルダー・絵馬・シール他4-22-H31.jpg朱印帳と朱印袋一覧9-1-R1.jpg交通安全ストラップ9-7-H30.jpg
posted by miya at 03:27| Comment(0) | 神主からの言葉

2020年02月13日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉