ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年03月05日

今に没頭する

神道では、今中の精神と申しまして、今・この瞬間を精一杯生きることの重要性を説きます。

過去のことを悔やんでも変えることはできません。

未来のことを考えても将来どうなるかあたしたちにはどうすることもできません。

つまり将来への不安も過去への悔恨も実体のない思いといえます。

つまりそれは妄想です。

あたしたちに出来ますことは、不安に思っていることが現実にならないように、あるいは過去の失敗を糧に成長していくために、今・ここにある仕事に集中することだけです。

そして、それだけは、あたしたちにすることができます。

あたしたちは過去にも未来にも没頭することなく、今・ここに没頭すべきだそうです。

しかも今に没頭すれば、不安や後悔に悩んでいる暇もなくなります。

とにかく没頭して実体のない思いと決別するのが肝要だそうです。

ある神職の方から伺いました。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
3月書置きの朱印とミニ朱印3-1-R2.jpg
巫女ストラップ3-15-H31.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpgしおり11-7-H29.jpg楠.JPGsyaoku.jpg巫女キーホルダー・絵馬・シール他4-22-H31.jpg巫女ファイル一覧9-1-R1.jpg縁結び守り2-14-R2.jpg3月の朱印お雛様3-1-R2.jpg
posted by miya at 03:35| Comment(0) | 神主からの言葉

心配事はほとんど実現しない

一説には心配事の9割は起こらないといわれているそうです。

先を読んで行動することは肝要ですが、いたずらに不安が増大するような心配の仕方はいけません。

所詮将来のことはあたしたちにはわかりませんので、「こうなったら、どうしよう」、と心配しても詮無いことです。

先のことは先のこと、まずいことになった時にどうするかを考えればよいのだそうです。

心配事のほとんどは実現しないのですから、心配するだけ損なのだそうです。

心配している最中、心の中はざわつき、行動力も失われます。

先のことを考える目的は、心配することではなく、今行動を決めることだそうです。

こうなったら困るので今できることをするというのが前向きな考え方です。

とにかく行動することで、心から心配や不安を追い出してしまうのが正しい心配の仕方だそうです。

それでも心配事が心から払しょくできないときには、神様にお願いして引き取ってもらうのが肝要だそうです。

そしてそのあとはそのことに考えを巡らさないようにするのだそうです。

ある神職の方から教えていただきました。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
3月の書置きの朱印「桃の節句」と「春色」3-1-R2.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gif鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg朱印帳本表紙11-13-H29.jpg地球の歩き方紹介11-13-H29.JPG七色鱗型お守り6-1-H30.jpg御百度帳8-1-H29.jpg巫女ストラップ3-15-H31.jpg朱印帳と朱印袋一覧9-1-R1.jpgお守り一覧9-1-R1.jpg朱印袋三種11-13-R1.jpg3月の朱印お雛様3-1-R2.jpg
posted by miya at 03:32| Comment(0) | 神主からの言葉

森林浴ならぬ神社浴

ソーシャルネットワークの発達により、クリック一つで世界中の情報にアクセスすることが出来、また、最新の情報が瞬時にして押し寄せてきます。

誠に便利な世の中になったものです。

しかし、皆さんが、以前より幸せになったかと申しますとそうとも言えないようです。

情報に操られ、動かされないように出来ればよいのですが、情報の氾濫におぼれそうになっておられる方も多いと伺います。

さすれば、たまには、携帯やパソコンのスイッチを切って、情報から離れ、自分自身を思い出し、自分との対話、神様との対話をなされるのも肝要です。

毎日神棚でご祈念なさる場所をそういった自分だけの場所になさるのもよろしゅうございますが、神社を訪れられて、しばし心に安らぎを取り戻されるのも良いと存じます。

京都大神宮は京都の中でも中心部にあることもあり、ご参拝者の方からよく、境内に足を踏み入れると周りの雑踏から離れ、ほっとするとお聞きすることが何度もございます。

それぞれの神社の境内は神様の気が溢れております。

森林浴という言葉があり、木の発する物質により、リラックスできるようですが、気は木に宿るの言葉通り、木から発する良き気によりましてもリラックスできるようです。

同様に、神社浴で、神社の境内の神様の良き気をお受けになられることにより、心も身体もリラックスできます。

しばしば京都大神宮の境内でのんびりとされている方をお見受けいたします。

ご参拝とともに境内に溢れる神様の良き気をお受けください。

皆様のご参拝をお待ちしております。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
3月の朱印お雛様3-1-R2.jpg
110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPG小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpg紅白の梅の木2-14-R2.jpgしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女ファイル一覧9-1-R1.jpg朱印帳と朱印袋一覧9-1-R1.jpgお守り一覧9-1-R1.jpg交通安全ストラップ9-7-H30.jpg朱印袋三種11-13-R1.jpg
posted by miya at 03:29| Comment(0) | 神主からの言葉

2020年03月04日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉