ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年03月14日

何も持たないのもよい

名誉や権力、財力を求めるのも物質の世であるこの世では理解できます。

しかし、幸せや御霊磨きの観点から見ますと、何も持たない人も同様に幸せなのだそうです。

何故かと申しますと、名誉や権力、財力を追い求める方は、それらのものに執着してしまい、どこまで行っても自分の欲を満たすが出来ず、且つ得たものを失う恐怖にさいなまれます。

それにも増して、その様な方々はあたしたちからこの世を生きるために必要なものは神様から頂いており、且つ常に問題解決の智慧を神様から頂いていることに気が付かなくなるのだそうです。

物質やそれに付帯する名誉や権力はこの世だけのものであり、この世を卒業するときにこの世に置いていかねばなりません。

しかし、神様の御加護はこの世に生まれる前も、この世で生きている時も、そしてこの世を卒業して次の世に生まれる前も常に変わりなく続いており、それに気付くことが本当の幸せであり、心の安寧につながるのだそうです。

ある神職の方から教えていただきました。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
3月書置きの朱印とミニ朱印3-1-R2.jpg
巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPG七色鱗型お守り6-1-H30.jpg祝い箸11-6-H30.jpg巫女ストラップ3-15-H31.jpg巫女キーホルダー・絵馬・シール他4-22-H31.jpg巫女ファイル一覧9-1-R1.jpg朱印帳と朱印袋一覧9-1-R1.jpgお守り一覧9-1-R1.jpg朱印袋三種11-13-R1.jpg縁結び守り2-14-R2.jpg
posted by miya at 03:52| Comment(0) | 神主からの言葉

終末医療に携わる医師

あたしたちにとって一番の恐怖は、「死」であります。

人間は何をおきましても「死」と直面した時に、それが最大の行動動機となります。

しかし、存じ上げている終末医療にかかわっているお医者様によりますと、「死」を突き付けられた人間は、ほとんどの方が、慌て、恐怖し、パニックに陥りますが、その時期を過ぎると、心が落ち着ついて澄み、日々を冷静に有意義に過ごされるそうです。

そして、亡くなる時、とても穏やかに亡くなるそうです。

この医師によりますと、死そのものが怖いのではなく、死に至る過程が怖いのだということが分かったそうです。

それに付け加え、存じ上げている臨死体験をなさった方は、押しなべて、死に至る時は苦しくなく、しかも垣間見たあの世は素晴らしく寧ろこの世に戻りたくなかったとおっしゃられます。

死を恐れる時間は無駄でしかなく、恐れる時間があればもっとこの世を満喫した方が良いそうです。

しかし、どん欲に行動する必要もないそうです。

なぜなら、あたしたちは数知れず、何度もこの世に生まれ変わっているからだそうです。

それでも辛い時には、神様に手を合わせて、神様に護って頂いていること、そしてこの世に生まれる前、神様とともにあの世にいたことを思い出すようにしたら良いそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
3月の書置きの朱印「桃の節句」と「春色」3-1-R2.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gif鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg朱印帳本表紙11-13-H29.jpg朱印帳本11-13-H29.jpg地球の歩き方紹介11-13-H29.JPG七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女ストラップ3-15-H31.jpg巫女ファイル一覧9-1-R1.jpg朱印帳と朱印袋一覧9-1-R1.jpgお守り一覧9-1-R1.jpg朱印袋三種11-13-R1.jpg3月の朱印お雛様3-1-R2.jpg
posted by miya at 03:48| Comment(0) | 神主からの言葉

生きること自体が重要

ある霊能者から伺いました。

あたしたちは神様にお願いしてこの世に生まれてきました。

神様と相談をしてこの世でどのような御霊磨きをするかを決めて生まれてくるのだそうです。

さすれば、自殺は、生まれてきた目的を自分自身で放棄することであり、やってはならぬそうです。

その一方、自分がこの世でなすべきことは何かと探されたり、目的が見つからず悶々とする方もおられるようですが、あえて何をすればよいかと考える必要もないそうです。

それはあたしたちの本体である魂が分かっておりますので、知らず知らずそちらの方向に進んでいくのだそうです。

それよりも、あれこれ考えることなく、今ただ生きるのが重要なのだそうです。

今ここで生きているだけであの世から持ってきた宿題をやっているのだそうです。

有意義なことをやっていないようでも、あたしたちは無意識でやるべきことをやっているのだそうです。

心配するより、今この瞬間を精一杯生きるのが肝要だそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
3月の朱印お雛様3-1-R2.jpg
110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPG小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg祝い箸11-6-H30.jpg巫女ファイル一覧9-1-R1.jpg朱印帳と朱印袋一覧9-1-R1.jpgお守り一覧9-1-R1.jpg朱印袋三種11-13-R1.jpg
posted by miya at 03:45| Comment(0) | 神主からの言葉

2020年03月13日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉