ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年03月20日

3月20日の社務所の受付時間

本日、20日、京都大神宮では、春季祖霊祭を午後2時より斎行いたします。

そのため、本日は、社務所の受付を午前9時から正午までと致しますので、社務所に御用の方はご注意下さい。

巫女の柄入りの授与品に付きまして、お問い合わせを頂いております。

一時無くなっておりました、交通安全のステッカーやストラップ、ファイルも現在は授与しております。

皆様のご参拝をお待ちしております。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
3月書置きの朱印とミニ朱印3-1-R2.jpg
syaoku.jpgmiko.jpg巫女立ち位置ver.2.jpg楠.JPG小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女ストラップ3-15-H31.jpg巫女キーホルダー・絵馬・シール他4-22-H31.jpgお守り一覧9-1-R1.jpg交通安全ストラップ9-7-H30.jpg交通安全ステッカー9-11-H30.jpg朱印袋三種11-13-R1.jpg縁結び守り2-14-R2.jpg3月の朱印お雛様3-1-R2.jpg3月の書置きの朱印「桃の節句」と「春色」3-1-R2.jpg
posted by miya at 04:31| Comment(0) | 神主からの言葉

ジョン・レノン

面白い話を伺いました。

ビートルズのメンバーである、故ジョン・レノンは、生前、世界で最も美しい言葉は、「おかげさまです」、と語っておられた由です。

外交評論家で、加瀬英明さんという方がおられますが、この方のいとこがジョン・レノン夫人のオノ・ヨーコさんで、その関係で、加瀬さんがジョン・レノンに神社神道の話をなされた由です。

それ以来、ジョン・レノンは、来日するたびに、靖国神社を参拝なさっていたそうです。

知らないところで、神道と海外のアーチストとのつながりがあるようです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
3月の書置きの朱印「桃の節句」と「春色」3-1-R2.jpg
qr_guide_sanpai.gif巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg朱印帳本表紙11-13-H29.jpg朱印帳本11-13-H29.jpg地球の歩き方紹介11-13-H29.JPGお守りの記事3-8-H30.JPG七色鱗型お守り6-1-H30.jpg御百度帳8-1-H29.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女ファイル一覧9-1-R1.jpg朱印帳と朱印袋一覧9-1-R1.jpgお守り一覧9-1-R1.jpg朱印袋三種11-13-R1.jpg3月の朱印お雛様3-1-R2.jpg
posted by miya at 04:28| Comment(0) | 神主からの言葉

神話の重要性

最近、神話は、夢物語で、学ぶ必要などないなどと極端なことを仰る方もおられるようです。

しかし神話はそれぞれの民族のありようを説明するものでもあり、邪険にしないのが肝要です。

イギリスの歴史学の泰斗、アーノルド・J・トインビーは、「十二歳の頃までに自国の神話を教えていない民族は、100年の時限を以って滅びる」と喝破された由です。

またアメリカ大統領のリンカーンは、「国民は、記憶の糸でつながっている」といわれた由です。

それぞれの方が神話に馴染まれるのは素晴らしいことだと存じます。

本年は、日本の神話が書かれている日本書記が編纂されて1300年の記念の年であります。

改めて日本の成り立ちに想いを致すのは素晴らしいことかと存じます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
3月の朱印お雛様3-1-R2.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg御百度帳8-1-H29.jpg巫女キーホルダー・絵馬・シール他4-22-H31.jpg巫女ファイル一覧9-1-R1.jpg朱印帳と朱印袋一覧9-1-R1.jpgお守り一覧9-1-R1.jpg朱印袋三種11-13-R1.jpg縁結び守り2-14-R2.jpg
posted by miya at 04:26| Comment(0) | 神主からの言葉

2020年03月19日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉