ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年03月24日

御朱印とお守り

昨今の御朱印帳への注目から、毎日たくさんの方が御朱印を受けに神社を訪れられます。

これまで神社を訪れられなかった方も神社とのご縁を持たれるようになられるのはとても良いことだと存じます。

ただ、時々、御朱印と神札・お守りを混同なさっておられる方もおられるようです。

本来、御朱印は、神社を参拝なさった方への記念との趣旨で授与しております。

さすれば、折角朱印をお受けに神社に来られたのですから、ご参拝もなさらず、お帰りになられるのはもったいのうございます。

これも神様とのご縁ですから、神様とのせっかくのご縁を大切になさり、是非ご参拝なさり、戴ける神様のお蔭をお受けになられてください。

また、御朱印は、参拝記念ですが、お守りは、神札のように神様のお力を頂くものですので、お守りを身に付けられたら如何でしょうか。

必ず神様がお守り下さると存じます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
社紋新朱印帳3-20-R2.jpg
巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpgしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg祝い箸11-6-H30.jpg御百度帳8-1-H29.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女キーホルダー・絵馬・シール他4-22-H31.jpg巫女ファイル一覧9-1-R1.jpg朱印帳と朱印袋一覧9-1-R1.jpgお守り一覧9-1-R1.jpg交通安全ストラップ9-7-H30.jpg交通安全ステッカー9-11-H30.jpg朱印袋三種11-13-R1.jpg縁結び守り2-14-R2.jpg3月の朱印お雛様3-1-R2.jpg3月の書置きの朱印「桃の節句」と「春色」3-1-R2.jpg3月書置きの朱印とミニ朱印3-1-R2.jpg
posted by miya at 05:46| Comment(0) | 神主からの言葉

お守りの取り扱い方

お守りの取り扱い方につきまして、お問い合わせを頂いております。

第一に、ご友人他にお守りを郵送頂いても結構です。

ただ、折り曲がったりせぬよう、気を付けなさるのが肝要です。

封筒に「厭不浄」などと朱書されとよろしゅうございます。

また、穢れを祓う麻の緒を入れられるのもよろしゅうございます。

お守りは、神札と同じく、1年を目安として、新しいものにお替え下さい。

お守りは、そのお守りを頂いた神社にお礼をこめて参拝し、お納めするのが礼儀です。

中符(中の札)には、等しく神様の「みたま」が入っております。

さすれば、みだりにお守りを開けて中符を見ないのがよろしゅうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
巫女ストラップ3-15-H31.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gif鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg朱印帳本表紙11-13-H29.jpg朱印帳本11-13-H29.jpg地球の歩き方紹介11-13-H29.JPG巫女ファイル一覧9-1-R1.jpg朱印帳と朱印袋一覧9-1-R1.jpgお守り一覧9-1-R1.jpg朱印袋三種11-13-R1.jpg縁結び守り2-14-R2.jpg3月の書置きの朱印「桃の節句」と「春色」3-1-R2.jpg3月書置きの朱印とミニ朱印3-1-R2.jpg祝い箸11-6-H30.jpg御百度帳8-1-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg
posted by miya at 05:42| Comment(0) | 神主からの言葉

お守りは肌身離さず

お守りに付きましてお問い合わせをたくさんいただきます。

まず、お守りは、「携帯する神札」とお考えになられては如何でしょう。

神様のお力を小型にして持ち歩くわけです。

「守って頂こう」と考えるのは当然ですが、同時に、「常に神様がご覧になっている」と自覚する必要もあります。

「正しい生き方」と自分自身に問いかけるものといっても良いかもしれません。

本来のお守りは、肌守といいます。

肌身離さずに持ち歩くことからこう申します。

身近に神様を感じて暮した名残です。

さすれば、鞄や財布などに入れますよりも、出来ましたら身につけて頂くのが肝要です。

また、古来日本では、肌着に七色鱗型のものを身に付けたものです。

厄除になると考えていました。

そこで京都大神宮のお守りは、この七色鱗型のお守り袋に中符をいれて、授与しております。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
七色鱗型お守り6-1-H30.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPG小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpg祝い箸11-6-H30.jpg御百度帳8-1-H29.jpg巫女ストラップ3-15-H31.jpg巫女キーホルダー・絵馬・シール他4-22-H31.jpg巫女ファイル一覧9-1-R1.jpg交通安全ストラップ9-7-H30.jpg朱印袋三種11-13-R1.jpg縁結び守り2-14-R2.jpg3月の書置きの朱印「桃の節句」と「春色」3-1-R2.jpg3月の朱印お雛様3-1-R2.jpg
posted by miya at 05:39| Comment(0) | 神主からの言葉

2020年03月23日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉