ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年04月02日

自分とはいかなるものか

あたしたちは、自分のことを知っているつもりですが、案外わかっていないものです。

さすれば、毎日神棚に手を合わされるときに、自分自身にも手を合わせ、自分自身と向き合うのも肝要だそうです。

神棚にはよく御鏡が置かれております。その鏡は祈念される方自身を見るためでもあるそうです。

自分は何を考えているのか、どのような顔をしているのか、その顔の奥にある心では何を考えているのか、自分自身を知り、理解すれば、自分が目指すものと現実との齟齬が無くなってくるそうです。

あたしたちは自分自身が心に想い、なろうとするものになるのだそうです。

ある神職の方から教えていただきました。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
4月「卯月春」と「花時」の書置きの朱印3-29-R2.jpg
syaoku.jpgmiko.jpgしおり11-7-H29.jpg楠.JPG小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg御百度帳8-1-H29.jpg巫女ストラップ3-15-H31.jpg巫女ファイル一覧9-1-R1.jpgお守り一覧9-1-R1.jpg交通安全ステッカー9-11-H30.jpg朱印袋三種11-13-R1.jpg縁結び守り2-14-R2.jpg社紋新朱印帳3-20-R2.jpg4月さくらの朱印3-29-R2.jpg4月ミニ朱印3-29-R2.jpg
posted by miya at 06:33| Comment(0) | 神主からの言葉

資力がなくても出来る改善

この世は物質の世界ですが、その物質の世界を操るのはあたしたちそれぞれの心の力だそうです。

物質の世界では、何かを改善する場合に資力が必要となります。

お金があればできる改善もたくさんあるのは皆様承知のことです。しかし、資力がなければ、改善できないとあきらめてしまいます。

しかしながら、資力がなくても出来る改善もあります。

精神的な方面の改善は、目に見えませんが、非常に有効的であって、心の持ち方でどうにでもなり、さすれば資力のない人でも改善することが可能です。

心の持ち方が変わると、それは物質の世界にも大きく影響してくるのだそうです。否、これこそが物質の世界を動かす原動力なのだそうです。

どのような時でも、心を明るく前向きに持ち、神様の子供のあたしたちにはすべて可能と思い続けることが肝要だそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
4月ミニ朱印3-29-R2.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gif鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg朱印帳本表紙11-13-H29.jpg朱印帳本11-13-H29.jpg地球の歩き方紹介11-13-H29.JPG七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女ファイル一覧9-1-R1.jpg朱印帳と朱印袋一覧9-1-R1.jpgお守り一覧9-1-R1.jpg朱印袋三種11-13-R1.jpg社紋新朱印帳3-20-R2.jpg4月さくらの朱印3-29-R2.jpg
posted by miya at 06:29| Comment(0) | 神主からの言葉

本宗(ほんそう)

伊勢神宮の神様は、天照大御神です。

太陽のように全てを照らし育む神々の中の神様で最も中心となるお方です。

これを本宗(ほんそう)と申します。

本も宗も「はじまり」や「元」を表す言葉です。

つまり源の神様であるのが伊勢の天照大御神というわけであります。

この本宗である天照大御神のもとにあって、地域の人々を守り恵みなさるのが氏神さま・産土の神様です。

あたしたちの先祖が伊勢神宮と産土の神々とをお祀りし、さらには、個人的に崇拝する神社の神札をお祀りしてきたのには、このような理由がございました。

神棚にお祀りして日々にお参りするのは、「感謝の気持ちを形に表す」ことです。

神職でなくともご神体に触れるような心構えが大切であることは言うまでもございません。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
4月さくらの朱印3-29-R2.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpgしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女ファイル一覧9-1-R1.jpg朱印帳と朱印袋一覧9-1-R1.jpgお守り一覧9-1-R1.jpg縁結び守り2-14-R2.jpg社紋新朱印帳3-20-R2.jpg
posted by miya at 06:25| Comment(0) | 神主からの言葉

2020年04月01日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉