ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年04月16日

必ずできる

ある神職の方から教えていただきました。

あたしたちが必ずできると思いますものは、必ず叶うのだそうです。

逆に、「これはなかなか難しい」という感じを心に持ちますと、その感じそのものが、自分の心に摩擦となりまして、順調に進むはずのものをおしとどめてしまうのだそうです。

さすれば、決して、「難しい」という考えを起こしてはならぬそうです。

「必ずできる」という想いを捨てた時にのみ、あたしたちは完全に打ち負かされたものになるのだそうです。

逆にどのようにひどい状態でありましても、「もうだめだ」という自己放棄の心を起こさない限りは、ダメになってしまう事は、決してないのだそうです。

想いつづければ、その心は必ず神様に通じ、神様の救いの手が差し伸べられるのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
4月「卯月春」と「花時」の書置きの朱印3-29-R2.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg祝い箸11-6-H30.jpg御百度帳8-1-H29.jpg巫女ストラップ3-15-H31.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女キーホルダー・絵馬・シール他4-22-H31.jpg巫女ファイル一覧9-1-R1.jpg朱印帳と朱印袋一覧9-1-R1.jpgお守り一覧9-1-R1.jpg交通安全ステッカー9-11-H30.jpg朱印袋三種11-13-R1.jpg縁結び守り2-14-R2.jpg社紋新朱印帳3-20-R2.jpg4月さくらの朱印3-29-R2.jpg4月ミニ朱印3-29-R2.jpg
posted by miya at 06:40| Comment(0) | 神主からの言葉

神様を誉め讃える

ある神職の方から教えていただきました。

祈るということは、必ずしも、「頼み込む」ということではないそうです。

讃えるということは、崇高な祈りだそうです。

「頼み込む」ところの祈りよりも、誉め讃える祈りの方が素晴らしい効果を実現するそうです。

なぜなら、「頼み込む」意味の祈りを致します時には、「何々が足らない」から頼みますという風に、「足らぬ」という念を伴って神様に向かいます。

しかしながら、「誉め讃える」意味の祈りは、「既に満足しております。神様の智慧は、力は、素晴らしいです」というような念を伴いながら神様に向かうことを意味いたします。

「足らぬ」という念は、足らぬという状態を引き寄せ、「満足している」という念は満足した状態を引き寄せるのだそうです。

類は友を呼ぶは、神様への祈念でも同様だそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
4月ミニ朱印3-29-R2.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gif鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg朱印帳本表紙11-13-H29.jpg地球の歩き方紹介11-13-H29.JPGお守りの記事3-8-H30.JPG七色鱗型お守り6-1-H30.jpg御百度帳8-1-H29.jpg巫女ストラップ3-15-H31.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg朱印帳と朱印袋一覧9-1-R1.jpgお守り一覧9-1-R1.jpg朱印袋三種11-13-R1.jpg縁結び守り2-14-R2.jpg4月さくらの朱印3-29-R2.jpg
posted by miya at 06:35| Comment(0) | 神主からの言葉

静かな町

新型コロナウィルス駆逐のために外出の自粛が求められております。

京都でも人出が随分少なくなって参りました。

またお店を閉じておられるところも多く、街中が閑散としております。

ご苦労をなさっている方も多いことと存じます。

存じ上げている神職の方は、いつもは見慣れない光景に、神様の力を感じるとおっしゃいます。

いつもは人混みで慌ただしく、意識しない街中をちょっとしたことまで意識しますと、見慣れた町中が違って見えます。

歩道に張り巡らされたタイルの模様の素晴らしさ。道の端っこに根を張って頑張って生きている雑草の生命力。等々。

静かな街中にも、至る所に生命と神様の奇跡が満ち溢れていることに改めて気づきます。

こういったことを意識することにより、あたしたちは神様の創造されたものに囲まれており、さすれば神様に護られていることが認識でき、神様への感謝が心から溢れてまいります。

そして神様への感謝が自分自身の自信にもつながってくるのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
4月さくらの朱印3-29-R2.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg祝い箸11-6-H30.jpg巫女ストラップ3-15-H31.jpg巫女ファイル一覧9-1-R1.jpg朱印帳と朱印袋一覧9-1-R1.jpgお守り一覧9-1-R1.jpg交通安全ストラップ9-7-H30.jpg交通安全ステッカー9-11-H30.jpg朱印袋三種11-13-R1.jpg社紋新朱印帳3-20-R2.jpg
posted by miya at 06:30| Comment(0) | 神主からの言葉

2020年04月15日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉