ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年04月17日

感謝の輪

コロナウィルスの罹患者数が増え続けております。

各地で罹患なさった方に対応下さっている、医療従事者の皆さんへの感謝と応援の輪が広がっているようです。

聞くところによりますと、不眠不休で頑張って下っている方々も沢山おられる由です。

医療従事者の皆さんを始め、政府、各地の為政者の皆さん、警察、自衛隊のみなさんのご努力にも改めて感謝し、応援したいものです。

各神社では、コロナウイルス撃退の祈願祭も斎行されております。当宮でも一刻も早い終息を祈念しております。

ある存じ上げている神職の方によりますと、このような災難が降りかかってまいります時は、何か大きな変化がある時で、災難を乗り越えた時には、きっと良いことが待っているのだそうです。

希望を捨てることなく、みなで協力してこの国難を乗り越えたいものです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
お守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg

syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPG小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg御百度帳8-1-H29.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女ファイル一覧9-1-R1.jpg交通安全ストラップ9-7-H30.jpg交通安全ステッカー9-11-H30.jpg巫女ストラップとファイル4-15-R2.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpg巫女朱印帳と朱印袋4-15-R2.jpg4月さくらの朱印3-29-R2.jpg4月ミニ朱印3-29-R2.jpg4月「卯月春」と「花時」の書置きの朱印3-29-R2.jpg
posted by miya at 04:19| Comment(0) | 神主からの言葉

緊急事態宣言と京都大神宮の社務所受付について

新型コロナウィルスの猛威がおさまりません。

京都にも遂に緊急事態宣言が発令されることになった由です。

京都は、その中でも、これまでの7都府県とともに13都市に指定される特別警戒区域になるそうで、営業の自粛などが求められる由です。

国難ですから、みなで協力して、早く終息するように頑張りたいものです。

京都大神宮の社務所の受付に付きまして、沢山お問い合わせを頂いております。

現在のところは、午前9時から午後4時迄、社務所の受付をしておりまして、授与品も受けて頂けます。

ただ、外出の自粛も求められておりますので、マスクの着用や、列を作られるときには、間隔をあけて頂くなど、ご対応頂きたく、よろしくお願いいたします。

また、神社庁からの指示に基づき、手水舎の水は止めておりますし、ご神前の鈴も鳴らして頂くことが出来ません。

しばらくの間、ご容赦下さい。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
お守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gif鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg朱印帳本表紙11-13-H29.jpg朱印帳本11-13-H29.jpg地球の歩き方紹介11-13-H29.JPGお守りの記事3-8-H30.JPG七色鱗型お守り6-1-H30.jpg御百度帳8-1-H29.jpg巫女ストラップとファイル4-15-R2.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpg巫女朱印帳と朱印袋4-15-R2.jpg4月さくらの朱印3-29-R2.jpg4月ミニ朱印3-29-R2.jpg
posted by miya at 04:06| Comment(0) | 神主からの言葉

災難にも役目あり

ある神職の方から教えていただきました。

人生を歩んでいる以上、順風満帆でありたいものです。しかし、残念ながら多くの人が様々な災難に見舞われます。

ところが、神様の視点に立ちますと、あたしたちに降りかかってまいります災難にもお役目があるのだそうです。

それは何かと申しますと、あたしたちに降りかかってまいります重荷は、ことごとくあたしたちを強めるためにやってくるのだそうです。

その重荷を軽く感じることができるまで自分自身を鍛えることによりまして、自分自身が高まるのだそうです。

そのために、巷間よく言われますように、神様はあたしたちが耐えられられない苦難は与えられないのだそうです。

しかし、どのように頑張っても、耐えられないような苦難に対峙するときがあります。

その時は、その苦難を神様にお任せして、その場から逃げ出すのも良いのだそうです。

もっと実力が付いた時に、改めてその苦難を乗り越えることも可能なのだそうです。

あたしたちには自由が与えられており、すべてあたしたち次第なのだそうです。

さすれば、どのような事でも頑張り、努力し、しかし無理をしないようにするのが肝要だそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
神宮朱印帳各種4-15-R2.jpg
110531_163358.jpg巫女座り.jpgしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg御百度帳8-1-H29.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女ファイル一覧9-1-R1.jpg交通安全ステッカー9-11-H30.jpg巫女朱印帳と朱印袋4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpg巫女ストラップとファイル4-15-R2.jpg4月さくらの朱印3-29-R2.jpg
posted by miya at 03:55| Comment(0) | 神主からの言葉

2020年04月16日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉