ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年04月18日

信仰ある希望は実現の母

ある神職の方から教えていただきました。

毎日、一度は時間を取り、神様のことを思い、神様に感謝をし、神様への信仰を確認して、手を合わせることは、心の幸せ、そして人生の幸せを得るための要諦だそうです。

それに加えて、希望を持つことが肝要だそうです。

希望はあたしたちに勇気を与えてくれます。

希望は、実行の力を与え、あたしたちの描く夢に肉を付けてくれるものだそうです。

希望が湧いてくるということは、既にそれは必ず成就すべきものであるという予感を感じているからだそうです。

その上、自分のなそうとすることが、自分のためではなく、他の人々のためである時には、神様は必ずかなえて下さるのだそうです。

他の人のためのご祈念は、強力な力を発揮するのだそうです。

信仰のある希望は実現の母であり、他の人のための祈年は、素晴らしい効果をもたらすのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
4月「卯月春」と「花時」の書置きの朱印3-29-R2.jpg

巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg御百度帳8-1-H29.jpg巫女ファイル一覧9-1-R1.jpg交通安全ストラップ9-7-H30.jpg交通安全ステッカー9-11-H30.jpg巫女ストラップとファイル4-15-R2.jpg巫女朱印帳と朱印袋4-15-R2.jpg神宮朱印帳各種4-15-R2.jpg4月さくらの朱印3-29-R2.jpg4月ミニ朱印3-29-R2.jpg
posted by miya at 06:14| Comment(0) | 神主からの言葉

神様の智慧の与えられ方

ある神職の方から教えていただきました。

苦難に遭遇して、どうしようもない時、神様に問題解決の智慧を与えて頂くようにお願いすれば、神様は必ず応えて下さるそうです。

ただ心すべきことは、神様は、苦難をすべて見事に取り除いてくださるのではなく、苦難を軽く感じる程度に、苦難を乗り越える自信が湧く程度に、力となる智慧を与えて下さるのだそうです。

神様の智慧によりまして、苦難という重荷が重荷で無くなるのだそうです。

そのため、あたしたちは、苦難という重荷を経験し、学び、御霊磨きをする機会を逃すことなく、しかも乗り越えることが出来るのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
4月ミニ朱印3-29-R2.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gif鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg朱印帳本表紙11-13-H29.jpg地球の歩き方紹介11-13-H29.JPGお守りの本表紙3-8-H30.JPGお守りの記事3-8-H30.JPG七色鱗型お守り6-1-H30.jpg御百度帳8-1-H29.jpg交通安全ステッカー9-11-H30.jpg巫女朱印帳と朱印袋4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpg巫女ストラップとファイル4-15-R2.jpg4月さくらの朱印3-29-R2.jpg
posted by miya at 06:05| Comment(0) | 神主からの言葉

葵祭

桜は散り始めたものの、日々春めいてきて良い季節になりました。

しかし、新型コロナウィルスのために、外出の自粛が求められており、街中は閑散として参りました。

本日からはお店に対する要請も出る由で、益々街中への人出は少なくなりそうです。

早く終息をすることを祈念するばかりです。

五月は毎年京都三大祭りの一つ葵祭が斎行されますが、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、5月15日の行列行事「路頭の儀」は中止されるそうです。

平安王朝を再現した優雅な行列が都大路を進む様子は祭りのハイライトとして知られ、お囃子などで賑やかな祇園祭に対して、静謐な葵祭は、もともと、「祭」という代名詞が葵祭を指していたように、夙に有名です。

天皇様の使い「勅使」が訪れて下鴨神社と上賀茂神社で行う神事「社頭の儀」が神社関係者のみで斎行されます。

葵祭は下鴨、上賀茂両神社の例祭で「源氏物語」にも登場いたします。勅使を迎えて15日に行われる路頭の儀は、「斎王代」など約500人の行列が京都御苑から下鴨、上賀茂両神社へ進みます。

毎年たくさんの方が全国から観覧に来られますが、新型コロナウィルスの終息が宣言され、来年は多くの人と共に楽しく拝見したいものです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
お守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg御札と暦3-31-H30.jpg御百度帳8-1-H29.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女ファイル一覧9-1-R1.jpg交通安全ストラップ9-7-H30.jpg4月さくらの朱印3-29-R2.jpg巫女ストラップとファイル4-15-R2.jpg巫女朱印帳と朱印袋4-15-R2.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpg
posted by miya at 06:01| Comment(0) | 神主からの言葉

2020年04月17日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉