ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年04月19日

親子の関係

親子関係で悩んでおられる方が多いようです。

ある神職の方から教えていただきました。

まず親子ともに意識すべきことは、善きにつけ、悪しきにつけどのような関係でありましても、子供が自分で望んで決めてその母親のもとに生まれてきたということだそうです。

これは臨死体験をなさった方も、退行催眠を受けられた方も、幼児期で生まれてくる前のことを覚えている子供もみな同じことを述べられることからもかなりの信憑性があるそうです。

その事実の上で、子供は、産んでくださった親に感謝し、親は自分のところに生まれてきてくれたことを感謝することから関係を考えるのが良いそうです。

また、肉体的にではなく、精神的に、子供から親に、そして親から子供に影響が及ぶようで、子供が心や体の病気になった時には、親は、自分が悪しき精神状態にあってそれが子供に影響したのではないかと反省し、同じく親が心や体の病気になった時には、子供が反省することにより、より素晴らしい親子関係が構築されるのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
4月「卯月春」と「花時」の書置きの朱印3-29-R2.jpg
巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPG小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgしおり11-7-H29.jpg御札と暦3-31-H30.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女ファイル一覧9-1-R1.jpg交通安全ストラップ9-7-H30.jpg交通安全ステッカー9-11-H30.jpg4月さくらの朱印3-29-R2.jpg4月ミニ朱印3-29-R2.jpg巫女ストラップとファイル4-15-R2.jpg神宮朱印帳各種4-15-R2.jpg巫女朱印帳と朱印袋4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg
posted by miya at 05:56| Comment(0) | 神主からの言葉

すべての恐怖と心配を解き放つ

ある神職の方から教えていただきました。

恐怖と心配と憎しみとは、あまりにも多くの不幸を人間に与えるのだそうです。

罪そのものよりも、罪に対する恐怖の方が、その人を不幸に陥れるのだそうです。

「罪」と云うことは、「ツツム」ということでありまして、あたしたちが神様の魂のかけらを頂いて生まれてきた神様の子供であるということを自覚せず、包んで顕さないことを言うのだそうです。

神様の神殿には、恐怖も心配も憎しみも関係がないので、罪を見事に解き放って、心から凝りを取り除き、本来あたしたちが持っている自由を取り戻すのが肝要だそうです。

悪しき想いは、本来なく、あたしたちが勝手に作り上げているものだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
4月ミニ朱印3-29-R2.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gif鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg朱印帳本表紙11-13-H29.jpg地球の歩き方紹介11-13-H29.JPGお守りの記事3-8-H30.JPG七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女ファイル一覧9-1-R1.jpg神宮朱印帳各種4-15-R2.jpg巫女朱印帳と朱印袋4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpg巫女ストラップとファイル4-15-R2.jpg4月さくらの朱印3-29-R2.jpg
posted by miya at 05:51| Comment(0) | 神主からの言葉

神様を味方に付ける

ある神職の方から伺いました。

毎日神様に熱心に手を合わせておられる方がおられたそうですが、この方は、何か困難に直面なさると突然恐怖にさいなまれ、この神職の方に相談なさったそうです。

そこで、この神職の方が、この方に、「あなたは毎日神様に手を合わせて祈っておられても、神様を信じなさらなかったら、ご祈念なさったことになりません。本当のご祈念とは、神様を信じることであり、さすれば、神様にご祈念なさった限りは、その事はもう叶ったと思われて、安心なさり、神様に感謝されるのがよろしゅうございます。」とおっしゃったそうです。

同時に、「困難に直面した時に動揺なさるのは、神様を信じられていないからであり、何が来ようと、絶対平気、神様が必ず善き方向に導いてくださると思ってください。」、とおっしゃった由です。

それ以来、その様に思うように努力され、いつもやっても来ない未来の恐怖におびえておられた方が、少しずつ元気になられ、そして、実際様々な困難がやって来ても不思議と切り抜けられるようになられた由です。

神様を信じて、任せきるのが、祈念するということだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
神宮朱印帳各種4-15-R2.jpg
110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPG小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女ファイル一覧9-1-R1.jpg交通安全ステッカー9-11-H30.jpg4月ミニ朱印3-29-R2.jpg4月さくらの朱印3-29-R2.jpg4月「卯月春」と「花時」の書置きの朱印3-29-R2.jpg巫女ストラップとファイル4-15-R2.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女朱印帳と朱印袋4-15-R2.jpg
posted by miya at 05:43| Comment(0) | 神主からの言葉

2020年04月18日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉