ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年04月20日

とりい

鳥居とかいてトリイと訓みます。

インドシナ半島などには自宅の敷地の境界を示すであろう門の上にとりを止まらせる例があります。

古代の日本人がそうしたように、アジアの人々の中にも鳥を魂と関わる動物と見る傾向があるようです。

門の上に置いた鳥に神礼の働きを感じ、出入りをチェックさせているのかもしれません。

それは狛犬への信仰と同じ動機から出ているようです。

神霊のいる地点であることを暗示するものが鳥居だといっても良いでしょう。

鳥居が内と外との仕切りであるとの見方に立ちますと、神社の鳥居は、明らかに俗世間と神域とを分ける、結界に当たるものともいえるでしょう。

さすれば、鳥居をくぐられる前に、神霊にたいして、お辞儀をなさり挨拶なさるのが肝要です。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
4月「卯月春」と「花時」の書置きの朱印3-29-R2.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女ファイル一覧9-1-R1.jpg巫女朱印帳と朱印袋4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpg巫女ストラップとファイル4-15-R2.jpg4月さくらの朱印3-29-R2.jpg4月ミニ朱印3-29-R2.jpg
posted by miya at 05:00| Comment(0) | 神主からの言葉

ミソギとハラエ

ミソギは、一人一人がそれぞれに行えます。

似たものには、神職が行うハラエがあります。

こちらは、心身の清めを公的に行ったものです。

今日では、神社で大麻(おおぬさ)を振ってお祓いをすることを申します。

これを大掛かりにしたものが大祓(おおはらえ)で、ありまして、六月と十二月の末に行います。

大祓では、形代(かたしろ)(人形(ひとがた)とも申します)で体を撫でたりこれに息を吹きかけ、心身のケガレを移して川や海に流します。

これによりまして、神職の行う「お祓い」は形代によるハタエを簡略化したものであることがわかります。

一人で行うミソギに対しまして、家族・地域あるいは、組織でまとまって行えば、より効果があると考えた結果がハラエでした。

従いまして、神社参拝で行う手水はミソギに相当するものなのでした。

日本人は神様へのお参りには幾重にも心身を清めようとしてきたわけであります。

神様が清浄を好まれるゆえに、お参りには、手水は欠かせないものであります。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
巫女ストラップとファイル4-15-R2.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gif鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg朱印帳本表紙11-13-H29.jpg朱印帳本11-13-H29.jpgお守りの本表紙3-8-H30.JPG七色鱗型お守り6-1-H30.jpg御百度帳8-1-H29.jpg交通安全ストラップ9-7-H30.jpg4月さくらの朱印3-29-R2.jpg4月ミニ朱印3-29-R2.jpg神宮朱印帳各種4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpg
posted by miya at 04:56| Comment(0) | 神主からの言葉

てみず

日本人は清潔好きで、洗うことに独特の価値を見出しています。

このような習慣から生まれたのが、「水に流す」という表現です。

水には、浄化作用があるという考えから出たものです。

神社にお参りいたしますと、必ず水の出ている場所があり、そこで手や口をすすぎます。

これを手水と申します。

水で手を洗い、口をすすぐのは、ミソギの名残です。

これは、「水漱ぎ(みすすぎ)」が詰まり、さらに音が変化した語であります。

その名詞形がミソギです。

水を漱ぐとは身を清めるという意味で、同時にこれによりまして心も清められると考えたのです。

なお、現在は、新型コロナウィルスのため、手水舎の水は止めさせて頂いております。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
お守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg
110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPG小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg御百度帳8-1-H29.jpg巫女ファイル一覧9-1-R1.jpg交通安全ストラップ9-7-H30.jpg交通安全ステッカー9-11-H30.jpg4月さくらの朱印3-29-R2.jpg巫女ストラップとファイル4-15-R2.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpg巫女朱印帳と朱印袋4-15-R2.jpg
posted by miya at 04:52| Comment(0) | 神主からの言葉

2020年04月19日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉